« フランス第2編 オンフルール | トップページ | フランス第5編 ノルマンディの村とモンサンミッシェル »

フランス第3編 オンフルール 朝市と午後のお散歩

翌朝は、ホテルマンから、マルシェが開かれると聞かされて楽しみにしていた。
7時起床。
窓から下を覗くと、マルシェの準備が始まっていた。
いてもたってもいられず、早速支度を。

Marcheg1w_2

野菜、フルーツ、チーズetc..
さりげない木箱に入った野菜たちは、とてもカワイイ♪
大好物のオリーブ屋さんを見つけた。 早速買う。

Marchet1w

おじさんに写真を撮らせてもらえるようにお願いした。
ちょっと照れて拒否されたけど、強引に。。。
絵になっている。

Marcher1w_2

お惣菜屋さんも並んでいた。
ソーセージを煮込んだもの、パエリアなど、もうおなかの虫は黙っていられない。
朝食は惣菜を買い込んで、お部屋でとることにした。

とにかく楽しいマルシェを体験できてよかったぁ♪




そして・・・午後から・・・ ひとりで迷い込んだ、閑静な丘の上の住宅街。

Honfleurruelley2w_2


Honfleurcafee1w

さりげない…無造作感がたまらない。


出発の直前になってお天気がご機嫌になってきた。
やっぱり港にはおひさまが似合いますぅ。


そろそろ、パリへ戻るバスの時間。
ところが。。。予定外のアクシデント。
リジューで乗り換える列車に間に合うバスはもうなかった。
ガイドブックは当てにならない。
夕方まで過ごし、次のバスでリジューへ。
予約のチケットはどうなるか。。。

名残惜しいけど、オンフルールを離れた。
この街の思い出に、小さな港の絵を一枚買い求めた。
お店のオーナーは日本語でフレンドリーだった。
そういえば、この街には日本人の観光客がいなかった。
観光客は多いけど。。。日本の葉山みたいな場所かなぁ。。。
結局、無事にチケットを無駄にしないで列車に乗れた。ふぅ。。。
この街を後にするのはとても名残惜しかった。

Album






名残り惜しく、ポチってオネガイします
にほんブログ村 旅行ブログへ

|

« フランス第2編 オンフルール | トップページ | フランス第5編 ノルマンディの村とモンサンミッシェル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!
遅れましたがブログお引越し、おめでとうございます!
早速、お気に入りに登録しました(^^)
歌を聴きながら、見せて頂けるのですね。
Seiyaさんの『風のまんなか』も聴かせていただきました。
やさしい歌声にうっとりしてます♪

フランスって人も町も野菜もみんな絵になりますね。
空気感が違って見えます。
港の景色も素晴らしいですね。
カメラを縁の触れ合いも微笑ましく読ませていただきました。
旅に出たくなりました~(当分、無理なんですが・・)

投稿: マロン♪ | 2008/07/21 21:10

なんだか、懐かしさを感じる光景ですね。
昔、日本もこんな感じに溢れていたような気がします。
特に大都市では、こんな光景は見られなくなってますよね。
人と人の暖かなふれあい溢れる写真ばかりですね。

投稿: SE3P | 2008/07/21 21:32

マロンさん
ありがとうございます。
歌も聴いて頂けると、本当に嬉しく思います。

フランスって本当に空気感が違うんですよねheart04
特に、田舎の方はそれを強く感じます。
マロンさんも早く旅に出られるといいですね。

投稿: Seiya | 2008/07/23 17:08

SE3Pさん
都会では本当にアタタカイ光景が減ってきましたね。
フランスもパリの中心部よりは、田舎の方に行けば行くほど、
アタタカイ光景が見られます。
旅は、やっぱりその地の人たちとのふれあいを、
少しでも楽しめたらって、いつもそう思います。
写真から感じて頂けたらなら、とても嬉しいですconfident

投稿: Seiya | 2008/07/23 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/22412672

この記事へのトラックバック一覧です: フランス第3編 オンフルール 朝市と午後のお散歩:

« フランス第2編 オンフルール | トップページ | フランス第5編 ノルマンディの村とモンサンミッシェル »