« お散歩第5編 夏の風情 | トップページ | 第134編 限界から・・・ »

第133編 きみの涙へ

Hankachi_no_hanaw

ハンカチの花

今度 きみが涙を流したら

この花を贈ろう

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

|

« お散歩第5編 夏の風情 | トップページ | 第134編 限界から・・・ »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^

フワッと咲いていて、色も淡くて
とても可愛いです(*^^*)
涙が零した時に、この花を頂いたら
笑顔が戻ってきそうです^^

投稿: 海月 | 2008/08/20 11:53

海月さん
柔らかいお花でした。
私もこのお花をプレゼントされたら、
笑顔が戻ってきそうですhappy01

投稿: Seiya | 2008/08/20 12:45

はじめまして。
なつさんのところからやってきました、almauniskiと申します。
私も写真詩をやっていまして、いろんな方々の作品を拝見して
勉強しているところです。seiyaさんの詩は優しく柔らかく、どこか
涼やかな印象がありますね。写真のクオリティも高くてとても
見応えのある作品ばかりです。また遊びに来させてもらいますね。
ではでは。

投稿: almauniski | 2008/08/21 14:06

Seiyaさんへ

私は名も無い花

こんな私で良ければ
あなたの その涙

私が拭ってさしあげたい
この身が なくなろうとも

私は かなわない
あなたのお役にたてること

それが嬉しいから
幸せだから

投稿: なつ | 2008/08/21 14:38

almauniski さん
はじめまして♪
どうもありがとうございます。
とても嬉しく思いますconfident
これからもよろしくオネガイします。

投稿: Seiya | 2008/08/21 18:08

なつさん
今日も素敵な辺詩をありがとうございますconfident

投稿: Seiya | 2008/08/21 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/23088716

この記事へのトラックバック一覧です: 第133編 きみの涙へ:

« お散歩第5編 夏の風情 | トップページ | 第134編 限界から・・・ »