« 第133編 きみの涙へ | トップページ | 第135編 積み重ね »

第134編 限界から・・・

Window


壁は立ち塞がったままだ

でも限界は自分で決めるものではない


 どんなにもがいても
 可能性はどんどん小さくなる
 居場所は狭くなる
 壁は大きくなる
 気力は弱くなる・・・と

弱音を吐くけど

その悔しさがまた明日のバネになる


限界からまた新たなものを見出す

限界ってものは終わりじゃない

次への架け橋なのだ


過去のものとうまくリンクさせて

次にどうやってそれを鮮やかに滲み出せるかどうか

「人生」」や「人間力」とかいうものを 

クリエイトしていく

こんなくだらない世の中の敗者になるなんて…

イ ヤ ダ 


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

|

« 第133編 きみの涙へ | トップページ | 第135編 積み重ね »

想い」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(*^^*)

真っ暗な空間から光が射していて
真っ直ぐに射していて…
とても綺麗です(*^^*)

そうですね、限界だと思ったら
悔しいですからね。
ゆっくりと一歩ずつ悔しさをバネにして
歩いていきたいです(*^^*)

投稿: 海月 | 2008/08/22 00:20

限界は引かれた一線
越えるもの
超えるもの

壁は引かれた一面
砕くもの
砕かれるもの

血反吐を吐いて
四足になってさえ
想像と創造は
羽を得て飛びたてる

クダラナイものが
世界か自分か
それすら呼吸の一息で転換し
変転流転の故だからこそ

強さとは
力ではなく
受け流す緩やかさにこそ

地に這う草は
惨めでも気付かれなくとも
強く麗しい

投稿: 紫音 | 2008/08/22 00:26

海月さん
ありがとうございます。
写真はモンサンミッシェルで撮ったものを、
加工して使ってみましたcoldsweats01

投稿: Seiya | 2008/08/22 01:54

紫音さん
紫音 さんの言葉はいつも力強く、深いですね。
あまりにレベルが高すぎて、
紫音さんのブログにはコメントすることに躊躇してしまい、
ごめんなさい。。
ホントに勉強になります。

投稿: Seiya | 2008/08/22 02:00

心に壁を作ってしまう
だから 限界なんだよ
その世界は終わってしまう

空をみてごらん
何もなくて 開けてるよ

心は 空のように広くて
宇宙のように深いんだ

君の思いを 星のように
散らばせてごらん

不可能を 可能に
君なら できる

投稿: なつ | 2008/08/22 11:24

こんにちは。
限界・・・。私もついついそういったものを感じることがあります。でも
人はどんなに才能がなくても、努力をすれば才人の一歩手前までは
必ず行くことができるというのが私の考えでもあります。私もいろんな
ことで、なかなか結果が出ないのですが、限界だと思ったらもう進む
ことはできなくなりますね。仰るようにそれは限界ではなく、次のステ
ージへ進んだのだと考える方が妥当だし有益にも思います。最後の
二行は共感できる言葉だったりしますね。ではでは。

投稿: almauniski | 2008/08/22 11:35

なつさん
力強く、優しい言葉ですね。
ありがとうございます。

投稿: Seiya | 2008/08/22 14:29

almauniski さん
こんにちわ。
「継続は力なり」ですねrock

投稿: Seiya | 2008/08/22 14:31

写真の雰囲気と文章がマッチしていてイイですね。

人間は弱いものですから、直ぐに引いてしまう
限界にぶち当たったわけでも無いのに
自分で限界を作り出してしまう
そんな感じがします。

投稿: SE3P | 2008/08/22 21:11

SE3Pさん
弱いですよね、人間って。
限界って決めてしまうことで楽になろうともするし・・・
本当の限界はもっと先にあるはずなんですよね。

投稿: Seiya | 2008/08/23 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/23133541

この記事へのトラックバック一覧です: 第134編 限界から・・・:

« 第133編 きみの涙へ | トップページ | 第135編 積み重ね »