« 第135編 積み重ね | トップページ | 第137編 夏のエピローグ »

第136編 遠~い夏の記憶

Photo


早々と帰り支度を始めた夏・・・

この頃になると思い出す 子供の頃の記憶


夕焼けに染まる校庭で 

汗まみれになって 毎日自転車に乗る練習

やっと乗れた時は 本当に嬉しかった


やがて 私のその宝物は

突然 父に処分された

悲しくて泣いた

いつも・・・私の夢は 父に捨てられた

大人になって 夢探しの旅に出た

この手に掴むまで

歩き続ける


切ない思い出に励ましのポチをオネガイします~
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


|

« 第135編 積み重ね | トップページ | 第137編 夏のエピローグ »

出来事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
夕暮れの写真がいいですね。タイトル通りの遠い夏の記憶を思い出させて
くれるようです。私もたぶん死ぬまで夢を追いかけているかもしれない・・・。
ではでは。

投稿: almauniski | 2008/08/25 11:46

almauniskiさん
こんにちわ
実は、イメージする校庭の写真がなくて、
PIXTAというサイトで購入 したんですcoldsweats01
故郷に帰って撮りたい風景がたくさんあるんですけどね。。。

投稿: Seiya | 2008/08/25 12:52

切ないことが思い出されたみたいですが、いろいろ捨ててしまったお父さんを怨まないで下さいね。
故郷は遠いんでしょうか?
元気で、いいブログを作ってください。

ランキング 応援ポチ♪

投稿: koumei | 2008/08/25 14:29

koumeiさん       ありがとうございます。
父への意地を、バネにしてガンバってこれた気もしています。
何事も、誰かのせいにしない心でいたいと思います。

投稿: Seiya | 2008/08/25 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/23216598

この記事へのトラックバック一覧です: 第136編 遠~い夏の記憶:

« 第135編 積み重ね | トップページ | 第137編 夏のエピローグ »