« 第162編 もうひとつのハナビラ | トップページ | 第164編 溢れるもの »

第163編 滑り台

Launching_platformdw

上っては滑り

滑っては上り

楽しかった公園遊び


今は人生が 

上っては滑り

滑っては上り

楽しくはない


でも滑ったままではいられない

また上るしかないのだ

少し楽しむキモチでいよ


いつも応援のポチっをありがとうです
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


|

« 第162編 もうひとつのハナビラ | トップページ | 第164編 溢れるもの »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

滑りっぱなしで困ってます(笑)
でも、いつも楽しさは忘れないようにしてます(*^_^*)

投稿: SE3P | 2008/10/01 21:10

こんばんわ~
すべり台はいい被写体ですよね。
そうですか・・確かに今は逆になってるかも・・
実感してしまいます。
滑る楽しみを見出すことは出来るんでしょうか・・
そうなれば達人かもしれません・・

投稿: equinox-m | 2008/10/01 23:29

おはようございます^^

モノクロの滑り台。
何かを語ってくれそうです。
懐かしい気持ちに涙が零れそうです‥

滑っても上って‥
少しずつでいいから
自分のペースで上っていきたいです。

投稿: 海月 | 2008/10/02 05:18

そのとおりですね。
……………………………
良いときも 悪いときも
ひっくるめて 人生なんだ


逃げることも やめることも
できないんだ 人生の海から


たった一つの命から
海に還るその時まで

投稿: なつ | 2008/10/02 05:29

おはようございます。
ああ、うまくまとめられていますね。モノクロの写真もいい感じです。
ウチの子供も幼い頃は滑り台を見るとひたすら登って滑ってを繰り
返していました。そろそろ滑って登ることも覚える時期のようです。
私なんか滑って滑ってなかなか登れなくて・・・。でもそういう努力の
過程を楽しめないと人生はとても辛いでしょうね。私も楽しくやって
いきたいと思います。今日も帰り際にポチッ。

投稿: almauniski | 2008/10/02 08:30

滑り台って公園の定番の遊具ですね。最近ではかなり傾斜のきついモノもあるようですね。何回か滑ると飽きてしまいそうな滑り台、でも子供って飽きる事を知らないようです。何度も滑っては上って、また滑って上る、を繰り返しています。ほんと何だかバイオリズムみたいな感じです。上がったり下がったり。

投稿: farfarsideK | 2008/10/02 10:20

SE3Pさん
滑りっぱなし(ノ∀`)・゚・。
そんなことはないと思いますけどぉ、
楽しめるようになりたいですね~

投稿: Seiya | 2008/10/02 12:20

equinox-mさん
こんにちわぁ
滑る楽しみは見出せないかもしれないけど、
そこからまた上る楽しみは、見つけたいですねcoldsweats01

投稿: Seiya | 2008/10/02 12:23

海月さん
こんにちわぁ
公園には物語を感じますよね^^
自分のペース、大事ですね。

投稿: Seiya | 2008/10/02 12:26

はじめまして。
どれもこれも、身近な素材ばかりでよいですね。

そうですね。
昇ってはすべり、昇ってはすべり・・・・

いまは、ギャグが滑りっぱなし・・・・・。


誠に、初、足跡で申し訳ないのですが。
リンクの許可をよろしくお願いします。


投稿: ひろ。 | 2008/10/02 12:27

なつさん
どうしても逃げられないんですよね。
逃げてもまた別の形で追っかけてくるから。。。
人生どうせ逃げられないのだったら、
前向きでいる方がお得ですね(^^)q

投稿: Seiya | 2008/10/02 12:30

almauniskiさん
「滑って登ることを覚える」ですね~
お子さんにしっかりと教えてあげてクダサイo(^^)o
滑る時は簡単だけど、登るのはとても難しい(。>0<。)
でも努力することにしか喜びは存在しないから、
楽しむしかないですよね。

投稿: Seiya | 2008/10/02 12:38

farfarsideKさん
傾斜のきついものがあるのですかぁ?
子供ってホントに飽きることを知らないんですね。
不思議ですね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2008/10/02 12:40

ひろさん
はじめまして♪
ありがとうございます。
そういえば、ギャグも滑りますね~(^-^;
こちらこそ、リンクよろしくお願いしますo(_ _)oペコッ

投稿: Seiya | 2008/10/02 12:44

Seiyaさん、こんにちは!
子どもの頃って滑り台を何度も何度も滑って楽しんでいましたね。
懐かしいです。
私も一緒、
人生上っては滑り
滑っては上り
上っては滑り
また滑り・・ (^_^;)
上る方が少ないこの頃です。
どんな時も楽しむ心を忘れずに乗り切っていかないとね♪
Seiyaさんは人生まだまだこれから・・
う~んと楽しんでくださいね!
私もまだまだ頑張りまっす(*゚▽゚)ノ

投稿: マロン♪ | 2008/10/02 15:12

マロン♪さん
こんにちわ
「まだまだこれから」と思って、楽しんでいきたいです。
マロンさんもこれからです。
ガンバリましょpunch

投稿: Seiya | 2008/10/02 16:16

滑り台。
子供の頃は楽しくて、滑りたくて、
上るのなんか全然苦じゃなかったですネ*( ̄- ̄)
そんなふうに・・
    夢中で無心で人生を駆け抜けたら・・
         一番良いのカナ?

投稿: ユリコ | 2008/10/03 17:05

こんばんは、モノクロの表現がとてもいい感じで
いいですね、小さい頃滑り台を逆走して上がって行くのが
好きでした、その反動か最近は滑りっぱなしです(笑)

投稿: bernie54 | 2008/10/03 20:56

ユリコさん
そうですね。
人生も子供の頃の無邪気さで、駆け抜けられたらいいですね(≧∇≦)

投稿: Seiya | 2008/10/03 23:29

bernie54さん
オモシロすぎです( ´艸`)
でも確かに私もそうでした。逆走は楽しかったです。
それと同じ感覚で、人生も、滑っても逆走できたら、楽しいかもです^^
なんだかとても前向きな気分になりました。
ありがとうございます。

投稿: Seiya | 2008/10/03 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/24170969

この記事へのトラックバック一覧です: 第163編 滑り台:

« 第162編 もうひとつのハナビラ | トップページ | 第164編 溢れるもの »