« 第167編 儚い命 | トップページ | 第169編 視線の先 »

第168編 もうひとつの・・・

Wine_glassa1

あなたにも見える?

もうひとつの・・・

ココロを傾け合いながら

語り合った時間

オイシイものは 幸せな気分にしてくれるね

見えたらポチっとしてくださぁい
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


|

« 第167編 儚い命 | トップページ | 第169編 視線の先 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
オシャレな写真ですね。
Seiyaさんの詩はココロをテーマにしていることが多いですね。
きっとココロを大切にする方だと思います♪

投稿: マロン♪ | 2008/10/12 00:43

マロン♪さん
こんばんわぁ。
そうですね・・・
ココロをテーマにしてます^^

投稿: Seiya | 2008/10/12 01:07

Seiyaさん、おはようございます。
退院の祝いをありがとうございました。

ココロの奥深くを
語れるのは 君だけだね

いつも聞いてくれる
君のココロの奥に眠る

思いも聴かせてほしいね
そっと 僕にだけ内緒にね


グラスを傾けて
乾杯のポチ♪

投稿: なつ | 2008/10/12 10:23

こんにちは。
私には見えているのでしょうか?もうひとつの・・・。ちょっと難解
ですが、いろいろな言葉があとにつづきそうです。私だったらもう
ひとつのしあわせかな。食べることは心を通わせる幸せとは、別
なもうひとつのしあわせでもありそうなので。Seiyaさんはどんな
食事が好みなんでしょう?もうひとつのグラスが見えたのでポチッ。

投稿: almauniski | 2008/10/12 11:19

なつさん
今日もロマンチックな詩を
ありがとうですheart02

投稿: Seiya | 2008/10/12 11:51

almauniskiさん
こんにちわ。
「もうひとつに幸せ」いいですね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙さすがです~
私は素朴な和食・お蕎麦、パスタ、それからスペイン料理・・・
基本的に野菜やご飯・麺類がすきです^^
almauniskiさんは何がお好みなのでしょう?

投稿: Seiya | 2008/10/12 11:56

こんばんわ~
暖色の色合いが大切な一時を感じさせますね。
反射しているもう一つがいいですね^^
しかし、いつもこれだけ詩が出てくるのはスゴイな~と・・
私はいつも短文ですが、素直に出ることは少ないです・・
seiyaさんはやはり溢れ出るのでしょうか・・

投稿: equinox-m | 2008/10/12 20:13

オレンジ系(暖色系と言うべきか)の素敵な写真ですネ*
もうひとつの・・何?グラス?って、思ってしまう野暮な私
(^-^; とても詩人にはなれません。
そんな私の想像力をも掻き立てるような・・素敵な写真。

投稿: ユリコ | 2008/10/12 20:58

グラスの中にもう一つのグラスが、写り込んですんですね。
もう一つの心?でしょうか?

そうですね…もう一つの心、確かにありますね
時には嫌な思いをすることもありますが
人間には必要なものなのかも知れませんね。

投稿: SE3P | 2008/10/12 21:09

equinox-mさん
ありがとうございます。
equinox-mさんの言葉はいつも、景とうまく繋がっていて、
短いのに、インパクトのあるものばかりだと思いますょconfident
私は、自然に溢れることは多いけど、
絞り出すことも時にはありますよ^^;

投稿: Seiya | 2008/10/12 23:22

ユリコさん
ありがとうございます。
グラスが写ってることに気づいて、こんな風に書いてみたけど、
見てくださる方が、色々想像してくださればと思いました。
その反応も楽しみだなって・・・(≧∇≦)

投稿: Seiya | 2008/10/12 23:25

SE3Pさん
いつもありがとうございます。
見てくださる方が、グラスだけではない、もうひとつの何かを、
どんな風に想われるのかなぁって、楽しみにしながら書きました^^

もうひとつの思いは、マイナスな思いだったりすることも多いけど、
人と人との間には、たくさん愛が溢れてると、いいですねconfident

投稿: Seiya | 2008/10/12 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/24432057

この記事へのトラックバック一覧です: 第168編 もうひとつの・・・:

« 第167編 儚い命 | トップページ | 第169編 視線の先 »