« 第170編 あの風景 | トップページ | 第172編 道 »

第171編 旅立ち

Airportc1w_2

大人になって 両親から旅立った

誘導灯に守られて 飛び立つ飛行機のように

大きな期待感と不安を胸に抱いて・・・

空が晴れだったり 雨だったするように

人生もいろんな模様だった


越える度に 高くなるハードル

越えても越えても 果てしなく

旅はまだまだ続く

困難を楽しめるくらいにならなきゃね

飛び立った直後に 実は少し弱音を吐いた私に母が

「自分で選んだ道なんだから帰ってきちゃだめ」だと・・・

その母の言葉がなかったら

今の私はなかったかもしれない

覚悟を決めたあの日の気持ちを

いつまでも忘れない


Airplaneb1

高~く高~く飛べますように

あなたの人生も・・・


almauniskiさんの「誘導灯」から
生まれました

願いを込めてポチっとオネガイします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

|

« 第170編 あの風景 | トップページ | 第172編 道 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

いくつになっても、親は超えられませんね…
節目節目に親に言われた事が、蘇り
そのつど、思いの強さに頭が下がります。

投稿: SE3P | 2008/10/16 19:42

こんばんは^^

夜の羽田、とても素敵です^^
ここから飛行機が飛んで行くのを
飽きる事なく見てしまいます。
オレンジ色の空の中、飛んで行く飛行機‥
心いっぱいにして旅立っていくみたいです。
人生は、ずっと「旅」なのでしょうね。
色々な人と出逢って、色々な事を乗り越えて‥
ゆっくりと楽しんでいきたいですね(*^^*)

投稿: 海月 | 2008/10/17 03:48

おはようございます。
これが仰っていた詩ですね。いやーとても嬉しいですね。なんだか
私が生み出した魂に、Seiyaさんが新たな命を吹き込んでくれたよ
うで、本当に感謝しています。私の場合は親側からの目線でしたが、
Seiyaさんは子側の目線で書かれたのですね。お互いに違う目線
で書かれているのもいい感じですね。二作併せてひとつの作品み
たいな。Seiyaさんの優しさをしみじみと感じたのでポチッ。
ありがとう。

投稿: almauniski | 2008/10/17 09:39

いつまで経っても子どもです。親もいつまでも子どもに思っています。どの家庭でもそういうモノかもしれませんね。ほんとの旅立ちってほんとに一人になった時のような気がします。それまでは独り立ちしてるつもりでも、そっと誰かに絶えず見守られてる様な気がします。

投稿: farfarsideK | 2008/10/17 09:40

おはようございます。

わたしは、いつまでも
旅立てないでいます。


かごの中の鳥

外は広いだろうな
だけど やっぱりコワイ

外に出てはみるけれど
遠くへはまだいけない

いつもこの小さなかごの中で
広い空を 思い描いている

私の目には
きらきらと輝く空が映る

でもそんな美しいばかりの
世界じゃないこともわかってる

しかし このかごの中に
ずっといると それでもいいような

そんな気になってしまう
ここでも できないことはない

こんな私って やっぱり
かごの中の鳥だって思う

Seiyaさんみたいに、
羽ばたく勇気がもてたらって思います。

今日も応援バッチリです!

投稿: なつ | 2008/10/17 11:12

SE3Pさん
そうですね^^
言われた言葉が、ここぞって時に蘇り、
それがまたチカラになる。。。
スゴイことですね。

投稿: Seiya | 2008/10/17 12:15

海月さん
こんにちわ。
ホントに飽きないですよね、
飛び立っていく飛行機を見てると、わくわくして、
心が空の彼方に向かっていく感じで・・・
人生の旅も楽しみたいですね^^

投稿: Seiya | 2008/10/17 12:18

almauniskiさん
こんにちわ。
感謝だなんてとんでもないです(;´▽`A``
こちらこそ、ありがとうございますo(_ _)oペコッ
確かに、目線の違うふたつの作品が、
ひとつの作品になったみたいで、いいかもしれませんね^^
またコラボしましょぉ~
本当にありがとうございます。

投稿: Seiya | 2008/10/17 12:23

farfarsideK さん
親と子って、そういうものかもしれませんね。
子供を育てて、自分も成長するとかって、よく聞きますよね。
誰かに絶えず見守られて歩み、ホントの旅立ちはもっと先にある・・・
人生って、果てしないものですね^^

投稿: Seiya | 2008/10/17 12:28

なつさん
こんにちわ。
なつさんはなつさんの旅をしてると思いますよ。
経験から生まれた言葉を綴り、それがたくさんの人に、
勇気や希望を与えている。
それもひとつの人生の旅であって、
神さまから与えられた使命みたいなものであるような・・そんな気がします。
でもいつか、違う旅ができるようになるといいですね。
カゴの中から、もっと広い世界に飛び立つことができますように†
私も応援しています^^

投稿: Seiya | 2008/10/17 12:38

綺麗ですね~。羽田なのですね~。
朝日だか夕日だか(^-^; を浴びて飛び立った飛行機のシルエット
素敵です。
母親って勿論子供の事が心配なんだけど、
             ポンッて背中を押したりしますよねぇ。
・・10数年位昔の事を思い出してしまいました(ノ_-。)

投稿: ユリコ | 2008/10/17 18:02

こんばんわ~
私はかなり早く家を出て一人で暮らし始めました。
母は言葉では表しませんでしたが、その時、どんな想いで
私を送り出したかは、表情でよくわかりました。
詩を読んでいて、そんな過去を少し思いだしました・・^^

投稿: equinox-m | 2008/10/18 00:39

ユリコさん
こんばんわぁ。
誰もが同じような想い出を抱えて、
今でも忘れずにいるんでしょうね~^^

投稿: Seiya | 2008/10/18 01:15

equinox-mさん
こんばんわぁ。
言葉はなくても、親子の間には通じる思いがあるものですよね。
自分が親になた時に、更にその想いの深さを知するのでしょうね^^

投稿: Seiya | 2008/10/18 01:19

こんにちは、旅立ちと言うものはいつも大いなる希望と夢と
少しの不安が心の中を巡り、自分が輝き始める時ですよね~
自分も色々な小さい旅立ちをしたいです。

以前から申し訳ないと思っていたのですが、恥ずかしながら
外部リンクのやり方がわかりました(笑)
リンクさせて頂きましたのよろしくお願いします。

投稿: bernie1969 | 2008/10/18 11:14

bernie1969 さん
こんにちわ。
いい旅立ちができるといいですね。
リンクの件、そうだったのですかぁ。。
分かってよかったですね^^
ありがとうございます。

投稿: Seiya | 2008/10/18 12:30

こんにちは!
2枚目の写真、とっても素敵♪

今は手の中にいる子どもたちですが
旅立つ時は安心できる誘導灯になってあげたいですね。
それまでは家族の時間を大切にしていきたいわ。
切実にそう思います。

投稿: マロン♪ | 2008/10/18 17:15

マロン♪さん
こちらのレスポンス遅れてしまい、ごめんなさい(;´д`
ありがとうございます。
いつか旅立っていくその時まで、家族の素晴しい時間が、
続きますように・・・shine

投稿: Seiya | 2008/10/19 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/24539893

この記事へのトラックバック一覧です: 第171編 旅立ち:

« 第170編 あの風景 | トップページ | 第172編 道 »