« 第173編 ココロの花 | トップページ | 第175編 深さ »

第174編 夕暮れのソラ

Evening_suno2w

いつも沈むおひさまを追いかけてみるけど

都心のソラは

たくさんの雲に覆われて

沈みかけたおひさまを

抱きしめるように すっぽり包んでしまう


この高さが一日の終わりのおひさま

最後の温もりを

せめて私にも与えてクダサイ 


願いを込めてポチっとオネガイします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

|

« 第173編 ココロの花 | トップページ | 第175編 深さ »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いつも、訪問ありがとうございます。

そうそう、すっぽりと
吸い込まれるようにして
おひさまは 消えてしまう

残り日をそっと
空に匂わせて

まるで また明日ね
そう言いながら

手を振るんだね
きっと そうなんだ

私にもあたたかい
お日さまのぬくりをください。。。

応援、ぽちぽち

投稿: なつ | 2008/10/21 13:57

なつさん
こんにちわ。
こちらこそ、ありがとうございます。
一番美しい瞬間のおひさまをずっと思うのだけど・・・
でも、この瞬間も綺麗でした^^

投稿: | 2008/10/21 15:22

こんにちは。
これまたきれいな夕陽ですね。そうか、都会は建物が高いから
地平線が見えないのですね。
今日は帆船日本丸が清水港から出港する様子を見てきました。
実習生がマストを登ってヤード(帆桁)に並び、見送りに応える
最高儀式「登しょう礼」というのがあって、船員たちが見送りの
人々たちに声をそろえて「ごきげんよう」と三唱しました。不覚に
も感動してこみあげてくるものがありましたね。日本丸が水平線
の彼方に消えるまで、人々はいつまでも見送っていました。
地平線という言葉でちょっと思い出してしまいました。駄文、
お許しください。

投稿: almauniski | 2008/10/21 15:29

神秘無限の 武蔵野に                                    紅き 夕日の影落ちて                                    ナレは 優さしの 我が友よ                            いざいざ休め 我が肩に                                                 

投稿: tk | 2008/10/21 15:48

昨日はコメントありがとうございました。Seiyaさんもこころがテーマなんですね。私もそうなんです。一人でも多くの方が「心こそ大事」と気付き他者と「共生」することが出来ればと願いつつ発信しています。宜しかったらまた、読んでください。ご活躍祈ります。

投稿: koumei | 2008/10/21 19:03

朝日、夕陽が太陽が一番きれいな瞬間だと思いませんか?
日中の太陽って、何の感情も持たないんですがね
ただ単に、色の波長の関係で、朝夕は色鮮やかなんですが
それだけでは語れない美しさがありますよね。

投稿: SE3P | 2008/10/21 21:37

こんばんは^^

夕日と、その夕日を包むかのように
空に広がっている雲が
とても綺麗です^^
交差する電線も何処か切なげで…

仕事が早く終わったとき
ついつい夕日を追いかけて
あの海まで来てしまいます。
あそこに行くと「1日の終り・・」という気持ちになれます^^
今日は行けませんでした^^;

投稿: 海月 | 2008/10/21 22:37

almauniski さん
ありがとうございます。
素晴しいシーンを体験されたんですね。
父が船員だったので、なんとなく、目に浮かびます。
込み上げる感覚はわかりますよ^^

投稿: Seiya | 2008/10/22 01:17

tkさん
ありがとうございます。
素敵な詩ですね~^^
いつもアタタカイ応援に感謝していますo(_ _)oペコッ

投稿: Seiya | 2008/10/22 01:18

koumeiさん
こちらこそ、ありがとうございます。
koumeiさんの記事には、考えさせられることが多いです。
「心こそ大事」ですね^^
これからも読ませて頂きます。

投稿: Seiya | 2008/10/22 01:21

SE3P さん
本当に、美しい瞬間ですよね。
言葉だけは決して語れない美しさ。
もっと長く、眺めていられるといいのですけどぉ^^ね。。。

投稿: Seiya | 2008/10/22 01:24

海月さん
ありがとうございます^^
確かに、あそこに行くと「1日の終り・・」
という気持ちになれますよね。
それぞれの風景に、いろんな想いが重なるのですね~

投稿: Seiya | 2008/10/22 01:27

空の色が素敵ですね。もっと太陽が沈んできたら、もっと真っ赤になりそうですね。都会のビルの隙間から見える夕日、いつもドラマチックな感じに思います。都会の少し冷めた様な雰囲気に暖かい何かを注ぎ込んでくれるように感じたりします。

投稿: farfarsideK | 2008/10/22 09:20

farfarsideK さん
素敵♪
確かにビルの隙間から見える夕日はドラマチックだし、
アタタカイ何かを注ぎ込んでくれる・・・本当にそうですね^^
海や川の向こうに沈んでいく夕日を追いかけていたけど、
これからは少し、違う視点でも撮ってみようと思います。

投稿: Seiya | 2008/10/22 13:53

こんばんは、夕日は見る人の心を穏やかにしてくれますね。
いつまでもゆっくり見ていたいけど、美しいものには限りが
あるので運良く見れたら、足を止めてみたいものです。

投稿: bernie1969 | 2008/10/22 20:54

bernie1969さん
こんにちわ。
本当にそうですね。
一瞬で終わってしまう美しさを、できるだけ見ていたいですね^^

投稿: Seiya | 2008/10/23 12:32

こんにちは。
ちょっとブログの件で驚かせてしまったかもしれません。いろいろ
疲れました。もう辞めたいと思ったのですが、少し冷静になって考
えています。
しばらくブログは休止するかもしれません。

投稿: almauniski | 2008/10/23 14:13

almauniskiさん
almauniskiさんのブログにコメントさせて頂きましたけど、
almauniski さんのブログを楽しみにしている人もいますから、
必ず、再開してくださいね。

投稿: Seiya | 2008/10/25 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/24648642

この記事へのトラックバック一覧です: 第174編 夕暮れのソラ:

« 第173編 ココロの花 | トップページ | 第175編 深さ »