« 第174編 夕暮れのソラ | トップページ | 第176編 涙が向かう場所 »

第175編 深さ

Shipa1w

どんなに近づいても

あなたの心は果てしなく

深~く 深~く 

きっと 届かない・・・


ただ 吐息のような波の音だけが

アタシの心を揺さぶる


よかったらポチっとオネガイします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ


|

« 第174編 夕暮れのソラ | トップページ | 第176編 涙が向かう場所 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

人の心というのは

果てしなく そして

広いけれども

深いですね

何を考え 生きているのか

それを 知ることは

難しいのかも

投稿: なつ | 2008/10/23 14:44

なつさん
本当に深いですね。。。
知ろうとすれば知るほど、深くなったり。。。
難しいですね。

投稿: Seiya | 2008/10/23 15:27

重なりあったり・・・

離れたり・・・

理解できたり・・・できなかったり・・・

個々・・・それぞれのはあとを持っているから・・・
全部・・・も
すべて。。。も無理なことだけど・・・

一瞬でも 一時でもつなぎ合わせて・・・

その人を・・・こころを感じれるのは幸せなことかもしれない。。。ね

投稿: | 2008/10/23 16:24

輪さん
ですね。。。
一瞬でも、一時でも、繋ぎ合わせて、
心を感じる幸せ・・・
つづきのような素敵な言葉をありがとうございます^^

投稿: Seiya | 2008/10/23 16:45

Seiyaさん、こんばんは♪
分かり合おうとする気持ちがあっても
相手のことを全てを理解する事は出来ないですよね。
自分自身の事だって分からないことが一杯だもの。

それでもあなたと繋がっていたい・・って
思う気持ちがあるからこそ今の自分があるのかも。

10/20の写真&詩も素敵ですね。
「笑顔」とか「ありがとう」って言葉好きです。

投稿: ココロ | 2008/10/23 22:58

こんばんは^^

言葉と写真が、とても切ないです…
静かに広がっている波紋と
水の色が深さを物語っていて…
水底を見たくても、届いて欲しくても
どうしようもない切なさ‥
いつか届いて欲しいですよね…(;_;)

投稿: 海月 | 2008/10/24 02:15

おはようございます。
人の心は窺い知ることができません。みな、それぞれいろいろ
深い考えを持っていますからね。昨夜も眠れず疲れました。
いったいどうしたらいいのか・・・。

投稿: almauniski | 2008/10/24 08:50

心の深くて広くてゆったりした人間になりたいですね。理想はそうなのですが、他人からどのように自分が思われてるか知る術はありません。何事にも広くて不憂くて大きな気持ちで要られるという事は、もしかしたら色々な苦しみや悲しみや挫折を知ってるからそうできるのかもしれないですね。という事は、人生経験だな。あーまだまだ人生、一に修行二に修行ですね笑

投稿: farfarsideK | 2008/10/24 10:23

ココロさん
ありがとうございます^^
すべてを理解することはできなくても、
ただ繋がっていたい気持ち・・・
それは自分の成長にも繋がってくんですね。
想いを重ねることは、人としての深みを育てるのでしょう。

投稿: Seiya | 2008/10/24 12:57

海月さん
こんにちわ。
夕暮れのどことなく切ない風景でした。
昔の恋を思い出して、書いちゃいました。
誰でも経験する、届かない想い・・・ですね。

投稿: Seiya | 2008/10/24 13:02

almauniskiさん
こんにちわ。
何かあったような気配に、心配しています。
大丈夫ですか?
almauniskiさんは心が繊細なだけに、
きっと人の心に敏感なのでしょう。。。
元気出してクダサイねpunch


投稿: Seiya | 2008/10/24 13:09

farfarsideKさん
理想ですね。
いろんな苦しみや挫折を重ねることは、いい修行なのでしょうね。
いくつになっても、人生経験を積み重ねることが大切なのですね^^

投稿: Seiya | 2008/10/24 13:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/24691147

この記事へのトラックバック一覧です: 第175編 深さ:

« 第174編 夕暮れのソラ | トップページ | 第176編 涙が向かう場所 »