« 第238編 今だから・・・ | トップページ | 第240編 繋がるもの »

第239編 なが~い旅

Bortc1w

父は船員・・・でももう乗れない

私はまだ 人生の永い旅を続けているけど

どんな場所で降りるのだろう

これからの旅にポチっとお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

|

« 第238編 今だから・・・ | トップページ | 第240編 繋がるもの »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
素敵な雰囲気ですね~
この色合いだからこそ、たくさんの色が見え、音が聞こえます。。。
私も旅の途中ですが、ぼんやりしすぎて、何も考えてない状況です(笑)

投稿: sorairopen | 2009/01/29 15:00

sorairopenさん
こんにちわぁ
ありがとうございます^^
そんなふうに感じて頂けたなんて嬉しく思います。
旅の途中、時にはぼんやりしたりすることも必要ですからぁ(^o^

投稿: Seiya | 2009/01/29 15:26

こんにちは。
いつもありがとうございます。


どこで降りるのかは
誰も決められはしない。
決めるのは自分だから。


今日だけ、PW公開しています。(プロフィールにて)
良かったら、新しいところへどうぞ来て下さいね。

投稿: なつ | 2009/01/29 16:21

なつさん
こんにちわぁ
こちらこそ、ありがとうございます。

そうですね。。自分で決まるんですよね。

新しいブログもがんばってくださいね~(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/01/29 17:34

 お疲れ様です。人生は長い旅ですよね・・【1本の道がある この道こそ僕が愛し 決めた道だ この道を歩くとき 僕の顔には 希望と微笑みがわく 僕は この道から絶対に逃げない】 1/29書き:修善寺由緒ある新井旅館から老人ホームへ出向してる最中に当時の彼女がコチラ静岡に・・【彼女から、カタイですね・・と言われた】。遠距離恋愛が終了!GAMEOVER!【サラリーマン編】 、今回は、松山ケンイチに堀北真希の10年後.30年後写真や鳥居みゆき写真を貼りました。存分に楽しんで見て下さい。 コメント等いただけたら幸いです。 遊びに来て下さい。待ってますです。

投稿: 智太郎 | 2009/01/29 17:41

Seiya さん

何時も語りかけるような写真に感動しています、
それに添えられた言葉にも・・

最近永い人生を自ら閉じる人が多いですよね
通勤途中での遭遇は迷惑ですよね・・
人生は本来自らの意志で降りられない永い旅です

高齢で亡くなられた詩人の坂村真民さんが
“2度とない人生”という詩で

二度とない人生だから
一輪の花にも
無限の愛をそそいでゆこう
一羽の鳥の声にも
無心の耳をかたむけてゆこう
・・・・
・・・・
といっておられます。
こんな心境になるにはもっと永い旅が必要かも
知れませんね・・


といっています

投稿: mtwo | 2009/01/29 19:28

こんばんわ~
私は船乗りにちょっと憧れていまして、
長い船路に久しぶりに帰る家・・そんなのもいいと思っています。
もう今からは無理ですが・・(汗
想像ですが、本当に海と船が好きでないと出来ない仕事だと思います。

投稿: equinox-m | 2009/01/29 23:41

人の旅路に終わりはないような気がしています。
辿り着いた港に停泊する事はあっても、またいつか船出するでしょう。
旅は限りなく続く。幽霊船になっても。

投稿: rayart | 2009/01/29 23:52

智太郎さん
人生は長い旅ですね。
自分の決めた道をまっすぐに歩んでいきたいですね。

投稿: Seiya | 2009/01/30 01:11

mtwoさん
ありがとうございますconfident

最近は本当に、人生を自ら閉じる人が増えているようですね。。
おそらくおういう人は、
その瞬間誰かを巻き沿いにしたい気持ちなのでしょうか。。
そんなことを感じます。
必死で生きてる私たちにとっては、迷惑なことに思うこともあるけど、
最後の叫びみたいなものを感じます。
少しでも楽しめる人生にしたいですね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/01/30 01:15

equinox-mさん
こんばんわぁ
船乗りに憧れてるんですかぁ(・∀・)
確かに好きでないと・・命がけの大変な仕事のようです。
実は、祖父は船長、父は機関長。
子供の頃は、尊敬していました。
でもだんだん船業界は不景気になり、仕事も減って、
その後は波乱でしたよ。。。
でも私はやっぱり、影響を受けてしまったのか、
海や船を、眺めてるのがとても好きです(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/01/30 01:21

rayartさん
そうですね。。終わりはないのかもしれませんね~
果てしなく続くものかもしれませんね(´д`)

投稿: Seiya | 2009/01/30 01:24

Seiyaさん、今晩は!
おじい様が船長にお父様が機関長
素晴らしい職業ですね!
海に強く惹かれるのは
SeiyaさんにもそのDNAが受け継がれているのかも~

船を見るのも大好き♪
旅情を感じるわ~
どこに降り立つかは自分次第。
お互い自分の人生を精一杯、生きようね (*^▽^*)

投稿: two | 2009/01/30 02:46

まだまだ、人生の長い旅は続くと思いますが、
たまには、下船して気に入った場所に暫く滞在してみるのも
良いかも知れませんね^^

投稿: イザワ | 2009/01/30 03:10

ながーい航海、キッといろいろとあるのでしょうね。何もない平穏な人生なんて無いのでしょうね。何か起こるのが人生なのかもしれませんね。

投稿: farfarsidek | 2009/01/30 09:53

twoさん
こんにちわぁ
そうですね~
海に強く惹かれるのはそのせいかもしれません。
自分の人生を精一杯いきましょぉ(o^-^o)

投稿: Seiya | 2009/01/30 12:19

イザワさん
ですね(゚ー゚)
たまには下船してみるのも、いいのかもですね。
いずれにしても後悔しない人生を送りたいですね。
航海なだけに(≧∇≦)

投稿: Seiya | 2009/01/30 12:21

farfarsidekさん
いつもありがとうございます。
航海と同じように、人生にも荒波もあれば、
穏やかな日もあるし・・・ですね^^

投稿: Seiya | 2009/01/30 12:23

港の凪いだ水色は
映し出された大空
あるいは血と汗と
孤独にくたびれた
涙の色・・・

港にはそんな風情が漂っていますね。

投稿: adieu | 2009/01/30 13:17

adieuさん
そうですね~
港には様々な風情が漂っていますね。
ひとは港を眺めいろんな想いを重ねるのですね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/01/30 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/27573690

この記事へのトラックバック一覧です: 第239編 なが~い旅:

« 第238編 今だから・・・ | トップページ | 第240編 繋がるもの »