« 第243編 裏側のココロ | トップページ | 第245編 眼差しの向こう側 »

第244編 空の温もり

Evening_sunr1w

哀しみを重ねれば重ねるほど

あの空の美しさは

ココロの深~い底まで沁み込んでくる

そっと温め 撫でるように・・・

愛する想いも・・・

切なさは

やがて優しさや温もりに

変わっていく

素敵な空からのプレゼントなのかも

優しくポチっとお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

|

« 第243編 裏側のココロ | トップページ | 第245編 眼差しの向こう側 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

愛する想いも・・・ 切なさは やがて優しさや温もりに 変わっていく・・・
実に癒されたです。トラックバックさせていただきました。
  2/4書き:修善寺由緒ある新井旅館から老人ホームへ出向してる最中の当時の休日・【未来部:初の少年部員会を開催!】で奮闘しました・・【サラリーマン編】 、今回も面白いアンパンマン画像を貼りました。同時に少年部員会の写真と最近の小学生の考えてる様な面白いも貼ってみました。存分に楽しんで見て下さい。  コメント等いただけたら幸いです。 遊びに寄ってやって下さいね。待ってますです。

投稿: 智太郎 | 2009/02/04 20:49

太陽、姿ののものに暖かな気持ちにさせられますが
今の時期は、太陽が出ているだけで暖かさを体感させられますね。

投稿: SE3P | 2009/02/04 20:59

Seiya さん
大きな太陽をとらえた夕暮れの空には“温かさ”という言葉がピッタリですね、
空はお台場のレインボーブリッジの先の夕暮の空も良いし、
私は金星が明るく輝く夜空が好きです、空にはすべてを包み込んでくれる
“温かさ”がありますね・・

1月の産経新聞の投稿欄に97歳のおばあちゃん“空”という詩が
載っていました。
   ------------------------------------
   さびしくなったら 私 空を見るの
   家族のような雲 日本地図のような雲
   追いかけっこをしている雲たちもいる
   みんな 何処へ 流れていくのかしら
   夕暮れには茜雲 夜には満天の星
   あなたにも 空を見上げるゆとりが必要よ
-------------------------------------

投稿: mtwo | 2009/02/04 21:40

そうだね、哀しみをかさねれば
かさねるほど空はとてもきれいにみえる。
その澄んだ色がもっともっとすきとおるみたいに。

投稿: k aoi | 2009/02/05 03:10

智太郎 さん
ありがとうございます^^
またお邪魔します。

投稿: Seiya | 2009/02/05 10:54

SE3Pさん
そうですね~
今の季節は特に、おひさまに寄り添ってしまいます(゚ー゚)
そろそろ春が待ち遠しくなります。

投稿: Seiya | 2009/02/05 10:57

mtwoさん
ありがとうございます。
夕空の温かさも素敵だし、夜空もまたロマンチックで、いいですね、
夜空も撮りたいのですけど、
私のちんけな望遠レンズでは撮れません ゚゚(´O`)°
今は、夜空が綺麗に撮れるレンズを手に入れるのが目標です。

’空’素敵な詩ですね^^
とても素直でシンプルで、ココロにすぅっと入ってくる感じです。

投稿: Seiya | 2009/02/05 11:02

k aoi さん
そして、ココロを浄化するように、
もっともっと、透き通って、
綺麗に見えたらいいなぁconfident

投稿: Seiya | 2009/02/05 11:05

歩いても歩いても
王宮のように遥かだった
あの空

夕日の道を母に手を引かれ
何処まで行っても長い道
いま故郷への愛を詠っている

投稿: adieu | 2009/02/05 13:23

今晩は!
Seiyaさんも夕景の写真だったのですね。
こういうのって嬉しいわ!!
夕景って昔から好きだけど
写真を撮るようになってから、ますます好きになりました♪
美しい光景ですよね。

投稿: two | 2009/02/05 23:49

adieuさん
夕日で思い出すのは、母に手を引かれる帰り道・・・ですね(゚ー゚)
何処までも続く長い道。
時々、おんぶのおねだりしたりして。。。
想い出はたくさん重なりますねconfident

投稿: Seiya | 2009/02/06 02:21

twoさん
こんばんわぁ。
私も嬉しいです^^
私も、写真を撮るようになってから、夕暮れがもっと好きになりました^^
でも、近頃は都会よりも、田舎町の夕暮れに憧れるようになりました。
都会の生活に少し疲れてきちゃったのかなぁ。。゚゚(´O`)°゚
・・てこんな後ろ向きではダメですね(゚ー゚;

投稿: Seiya | 2009/02/06 02:26

空からのプレゼント。いいですね。
いつか、「このやさしさは、このぬくもりは、あなたからプレゼントされたの」と
いわれてみたいものです。

投稿: rayart | 2009/02/06 06:16

おはようございます。

いつかは
優しさに変わっていきますね。

いえ
優しさに変えることを
知っているのかもしれない。

自然に
治癒していく力を
持っているのかもしれない。

すべては
再び立ち上がって
前に向かっていくために


投稿: なつ | 2009/02/06 09:35

rayartさん
ありがとうございます^^
rayart さんの作品からは、
いつも、優しさや温もりを感じますよぉ。
いいお天気が続きますね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/02/06 12:31

なつさん
こんにちわぁ。
そうですね。。
人はそれを何かの力に変えていくことを、知ってるのですね。
太陽も月も星も、そのために存在してるのかもしれない(。・w・。 )

投稿: Seiya | 2009/02/06 12:38

 更新しましたです。お疲れ様です。 2/6:修善寺由緒ある新井旅館から老人ホームへ出向してる最中の当時、デイ・サービス移行の為、ホーム入居者に挨拶してると女学校を卒業されたFさんと語り合い、【生活・戦争・仕事に必死だったと】で戦争の悲惨を痛感しました・・【サラリーマン編】 、今回は、Fさんの入居室写真と可愛いニャンコ写真・面白いワンコ達の写真を貼りました。存分に楽しんで見て下さい。  コメント等いただけたら幸いです。 遊びに寄ってやって下さいね。待ってますです。

投稿: 智太郎 | 2009/02/06 21:08

今晩は。
夕焼けの美しさは、哀しい心も、嬉しい心も、どんな心も
優しく包んでくれる不思議な力を感じます。
私も夕焼けを良く撮影しますが、シャッターを切っていて
雄大な光景に包まれていくような不思議な感覚になる時があります。

投稿: イザワ | 2009/02/06 22:09

こんばんは(*^^*)

木の枝の向こうに沈む夕日が
とても温かくて
とても優しいです…

今「切ない‥」と泣いている涙も
きっといつかは温かいものへと
変わるのでしょうね(*^^*)

投稿: 海月 | 2009/02/07 04:25

イザワさん
こんばんわぁ
夕焼けは本当に、不思議なチカラがありますね~
ファインダーから向こうの景色に、
吸い込まれるような・・・包み込まれるような・・・confident

投稿: Seiya | 2009/02/07 22:58

海月さん
こんばんわぁ
ありがとうございますconfident
切ない想いは、やがて温かいものに・・・
夕空はいつもそう優しく語ってくれてるように思います(*^^*)


投稿: Seiya | 2009/02/07 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/27755434

この記事へのトラックバック一覧です: 第244編 空の温もり:

« 第243編 裏側のココロ | トップページ | 第245編 眼差しの向こう側 »