« 第260編 永遠 | トップページ | 第262編 写し出すココロ »

第261編 救い

Edogawabortn4w

人生の救助艇なんて

Edogawabortn1w

あったとしたら・・・

Edogawaborth1w

いつもポチっを感謝します
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

|

« 第260編 永遠 | トップページ | 第262編 写し出すココロ »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

 お疲れ様です。人生の救助ですか・・幅広くありそうですね? 3/10書き:静岡県修善寺町の由緒ある新井旅館で、社長から依頼の新規事業の立ち上げ話で【人間 働いて 強くなる!】・・【サラリーマン編】 今回も、・ニャンコ泣き顏?画像・面白い:「笑うセールスマンアニメ面白画像」写真や自分が気合を入れる為に飲んだ!「納豆ドリンク」写真!等を存分に楽しんで見て下さい。  コメント等いただけたら幸いです。 遊びに寄ってやって下さいね。待ってますです。その際に、「脳・神経・脊髄」「理系大学」「病気ブログ」「サラリーマン」ランキングをプチプチッとしていただけたら_(._.)_感謝です。POWERを自分に下さい!尚、時あれば、自分の【学生編】当過去ブログにも、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、楽しんで見てやって下さい。 

投稿: 智太郎 | 2009/03/10 18:01

人間なんて弱い生き物ですから
人生の救助艇なんてあったら
殺到して直ぐに沈没しそうな気がしますね…(>_<)
救助艇に頼らない人生を送りたいものですね。

投稿: SE3P | 2009/03/10 20:59

こんばんわぁ・・

人生にも“救助艇”はありますよ・・
それも自分自身の中にかも・・・
“時には 褒めてあげましょう 自分自身を” (ある書籍より)

それに、気付かないけど自分の周りには“救助艇”はいっぱい
あるものですよ・・

投稿: mtwo | 2009/03/10 23:02

こんばんは(*^^*)

鮮やかな青色の水の上に浮ぶ
赤い救助艇…
もし「人生の救助艇」があったなら…
私だったら、すぐに助けてもらっても
また助けてもらうような事になったりして^^;
なるべく頼らずに生きていきたいです^^

投稿: 海月 | 2009/03/10 23:10

智太郎さん
幅広く・・・あればいいですね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/03/11 01:31

SE3Pさん
それはそうですね(A;´・ω・)
大変なことになりそうです。
頼らずに生きていたいですね。

投稿: Seiya | 2009/03/11 01:32

mtwoさん
こんばんわぁ
そうですね・・・見渡せば、
mtwoさんは、私にとって 救助艇であると思います(゚ー゚)
いつもありがとうございます。

投稿: Seiya | 2009/03/11 01:36

海月さん
こんばんわぁ
そうですね~
それに甘えてしまったら、ダメな人間になってしまいますね(゚ー゚;
頼らずに、自分のチカラで(o^-^o)

投稿: Seiya | 2009/03/11 01:39

人生の救助艇ですか~
今の世の中そう思っている人が多いと思います。
私は、もう少しの間、小さな手漕ぎボートでがんばってみます^^v

救助艇、上手い使い方ですね~

投稿: イザワ | 2009/03/11 03:12

人生に救助艇などいりません。
ほんの少しの愛と時間があればいい。

投稿: rayart | 2009/03/11 05:22

おはようございます。
あ~私は最近、救助艇に助けられました。
人生の・・です。すぐ近くにいるものです。

次、その人が難破したときは、私が救助艇に
なるつもりです・・

投稿: equinox-m | 2009/03/11 08:20

人生の中で何か悩みに遭遇したり、自分の進む方向が分からなくなり路頭に迷ったとき、急に目の前に救世主が登場してくれたらいいのですが。でもそういうことがあったりしたら毎回甘えてしまいそうです笑(^_^;

投稿: farfarsideK | 2009/03/11 09:49

イザワさん
イザワさんは必要なさそうですね^^
小さな手漕ぎボートだなんて、謙虚ですね( ´艸`)

2枚目はイザワさんのレンズで撮らせて頂いたものです。
やっぱりチガイます(゚ー゚)
ありがとうございます♪

投稿: Seiya | 2009/03/11 13:59

rayartさん
ほんの少しの愛と時間・・・
rayartさんらしい言葉ですねconfident
rayartさんのそばにいたら、そんな気持ちで過ごせそうですね~(*ノv`)

投稿: Seiya | 2009/03/11 14:02

equinox-mさん
こんにちわぁ
とってもいいお話しですね(゚ー゚)

確かにヒトは、助け合って、支え合って生きてるのだと、
そう思います。

投稿: Seiya | 2009/03/11 14:04

farfarsideKさん
そうなんですよね~
そんな便利なものがあったら、
この世は存在してないかもしれませんね(゚ー゚;

投稿: Seiya | 2009/03/11 14:06

コ、コワイ結末ですね。。。

ふと思い出したのですが、昔、船の操縦士免許を取ったときのことです。
実技試験の項目に「人命救助」というものがあり、水に人が落ちたときの
対応をシミュレーションするものなのです。エンジンに巻き込まないよう
一旦船を人から離して、改めて船を寄せて助け上げる・・・という流れで、
人に見立てたブイを水に投げ込んで行うのですが。。。本番の試験で、
あろうことか、その「人に見立てたブイ」を船で轢いてしまったのです。
(当然その回の試験は落ちました)

実人生においては、「溺れた人」を救うつもりでますます深い海に
沈めてしまうなんてことのないよう、気をつけたいと思います。。。

投稿: dauphine | 2009/03/16 20:26

dauphineさん
レスポンス遅れてごめんなさいo(_ _)o
操縦士免許をお持ちなのですね。
それって、本番じゃなくて、試験でよかったですね(^-^;
人生においても・・・ですね(ノ∀`)・゚・。

投稿: Seiya | 2009/03/20 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/28553589

この記事へのトラックバック一覧です: 第261編 救い:

« 第260編 永遠 | トップページ | 第262編 写し出すココロ »