« 第261編 救い | トップページ | 第263編 明日の光 »

第262編 写し出すココロ

Trees_that_float_on_surface_of_th_4

真実は 言葉に出さなくても

ココロに必ず通じるもの

キミヲリカイシテル・・・?

シンケンニカンガエテルカラコソ・・・?

上辺だけのものはいつか剥がれる

言葉は裏返し

言葉は時折 本当のココロを写し出す

たとえばそれは・・権威とか欲望・・傲慢さ

そんなもの最初から信じてなんかいない

「想い」だと思うから受け止める

結局それに傷つき自分を戒める

Trees_that_float_on_surface_of_th_3

真実は 言葉に出さなくても

ココロに必ず通じるもの

思いやりのチガイ

いつもポチっを感謝します
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

|

« 第261編 救い | トップページ | 第263編 明日の光 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

一枚目のお写真が、
まつげに見えちゃったo(*^▽^*)o

うんうん、そうかもね。
目をみれば、だいたい
わかるものね。

言葉にはしないけれど・・・

たまに勘違いとか
思い過ごしとかもあるけれど・・・

投稿: ナツ | 2009/03/11 14:32

人間本音でつきあえるといいのだけれど、本音かどうかホントのことは分かり得ない事もありますね。ならば最初から言葉になんて出さない方が・・・と思ったりもします。しかし意思の疎通がそれでは出来ないし、困りますね。人間ってややこしい生き物ですね。

投稿: farfarsidek | 2009/03/11 16:58

ナツさん
まゆ毛に見えちゃいましたぁ?
ちょっとそうにも見えるかもです^^

勘違い、思い過ごし、ヒトのココロは、
なかなか通じ合うのが難しいですね。。。(ノ_-。)

投稿: Seiya | 2009/03/11 17:15

farfarsidekさん
そうですね。。
本音が必ずしもいいわけではないし、
ちゃんと意思の疎通ができなければ、いい関係にはなれないし、
どうしてこんなに人って、ややこしいのでしょうね゚゚(´O`)°゚

投稿: Seiya | 2009/03/11 17:18

真実って、よくわからないから
私は私のまま漂う。
こゝろは理解するものではなくて、感じるものだとおもうから
染み込むままに受け止める。そしてひとつに繋がる。

投稿: rayart | 2009/03/11 21:36

こんばんは!

昔、シナリオの勉強を齧ったことがあって、
まずはじめに習うのが、言葉は嘘をつく・・・
セリフでは嘘を言っていることを、表情や行動で本当の
心を表現させる・・・そこがドラマの面白いところ・・・

でもそれって、ドラマではなく日常でも一緒のような気がします。

写真で言うと、シルエット・・・シルエットってその人の心を
意外と写しだしているような気がしています。
シルエット写真は、そこが面白いです。。

投稿: イザワ | 2009/03/11 23:17

こんばんわ!

“愛”の一文字を社是にしている会社がある、
社長の想いは顧客、社員には愛のココロを持って接するということである、
一生懸命与えるココロが“愛”ならそこでは真実を語るには言葉はいらない
“愛”が広く“想い”を繋いで行ってくれる。
そんな会社社長の生き方に共感し、私もそうありたいと思っています。
以前日本にきたローマ法王パウロⅡ世は『自分を支配できる人だけに“愛”を
言う資格がある』と言われたことも心に刻んでおく必要がある・・

投稿: mtwo | 2009/03/12 00:07

rayartさん
そうですね。
分からないものを必死で分かろうとするより、
ただ感じるままに・・染み込むままに・・ですね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/03/12 12:45

イザワさん
こんにちわぁ
シナリオのお勉強をなさってたんですね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
ドラマも写真も、全て日常の延長線上にありますよね。
表現するかたち、伝えるかたち・・・

でも私は、ライターという職業で学んだことが、
時折マイナスになり、ヒトの言葉を深く考え過ぎてしまうようになったみたいです。
悪い癖です(ノд・。)

投稿: Seiya | 2009/03/12 12:50

mtwoさん
こんにちわぁ
そのお話、聞いたことがあります。
本当に根底に必要なのは、「愛」ですよね。
それが全てのような気がします(゚ー゚)
常にどんな時も、「愛」を持っていたいものです(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/03/12 12:53

むかし動物を飼って暮してましたから、動物や自然や植物の想いがなんとなく解ってたような感じがしてました。
人の心や言葉は動物や自然の発する言葉より難解です。

動物や自然はまっすぐに向き合ってるとココロが通じます。
人は向き合ってるようで、なかなか向き合えません。
だから言葉で補うのかも‥。

去年の12月いっぱいは病院ですごしました。
動けないと人の心と思いやりが温かかった。
少しだけココロの殻が柔らかくなりました。

カメラ買いました。

投稿: gen | 2009/03/13 00:19

genさん
そうですね。
植物や動物とのふれあいは、人とのふれあいとは違いますよね(゚ー゚)
神さまは、人に言葉を与えてくれたけれど。。。

でも、病気や苦難を通して、人の温かさが分かるようになる・・・
それは意味を持った素敵なことですよね。

カメラ買われたんですね~(゚▽゚*)
ブログは?
写真生活、存分に楽しんでください^^


投稿: Seiya | 2009/03/13 12:41

今晩は!
>真実は 言葉に出さなくても
>ココロに必ず通じるもの
あぁ、その言葉通りであってほしいわ~(^^)
真実を曲げて伝える人は抜け目がなくて
自分のためなら何でもありだから、やっかいですね。
でも、でも、そんな悪い人ばかりじゃないしね。
たとえ僅かでも自分を信じてくれる人に
誠意をこめてつきあっていきましょうね♪

投稿: two | 2009/03/15 22:32

twoさん
こんにちわぁ
そうですね。。真実を曲げて伝える人はヤッカイデス(ノ_-。)
そんな人に、信頼できる関係ってあるのかなぁって思います。
自分を信じてくれる人には、常に誠意を込めて、
大切におつき合いしていたですね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/03/16 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/28567352

この記事へのトラックバック一覧です: 第262編 写し出すココロ:

« 第261編 救い | トップページ | 第263編 明日の光 »