« 第289編 錆びた釘という名のカクテル | トップページ | 第291編 孤独 »

第290編 愛の鎖

Chainw

ぼくのそばで

笑っていて

ぼくのそばで

咲いていて

ポチっをオネガイします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

|

« 第289編 錆びた釘という名のカクテル | トップページ | 第291編 孤独 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

鎖で縛られるのは嫌ですが
どこでも力強く咲く草花のような強い絆って大切ですよね。

投稿: SE3P | 2009/06/02 20:48

こんばんは。
花は鎖にやすらぎを与え、鎖は強風から花をそっと守っている・・
そんな物語を感じさせる、とても素敵な写真です~^^

投稿: sorairopen | 2009/06/02 21:19

ぼくのそばで…
と言われたら鎖はいりませんね。

投稿: ray | 2009/06/02 22:34

こんばんわ!

鎖が花(愛)を支配しているのだろうか・・
花(愛)が鎖を支配しているのだろうか・・

5月の青い風に乗せて“愛”を送りたい・・
5月の青い風と共に“愛”がほしい・・
そんな絆が今の世には必要ですね。

投稿: mtwo | 2009/06/02 23:42

強い絆を感じます。
背景を大きくぼかすことによって主題を明確にした
というお写真ですね^^
ポチ!

投稿: イザワ | 2009/06/03 01:18

ずっとそばに置いておきたいんですよね、置いておきたいというかそばに置いておきたいんだけど・・・と自分の事をふと考えながら見てしまいました笑。

投稿: farfarsideK | 2009/06/03 09:57

錆びるほどに孤独だった鎖に
ふと身近にあらわれた〝妖精〟

そんな感じで見ちゃいました。
「愛」と「鎖」に縛られたくない気もしたり‥
やがて訪れる「枯れ」の季節を想像したり。

色が無いことで、さらに深いですね。

投稿: gen | 2009/06/03 11:49

SE3Pさん
ですね~
生命のチカラってスゴイって思います(゚ー゚)
「絆」大切ですね。

投稿: Seiya | 2009/06/03 12:01

sorairopenさん
こんにちわぁ
優しい視点ですねconfident
「縛られてる」 のか「守られてる」のか、
人によって、それぞれ感じ方が違うようです(ノ∀`)・゚・。

投稿: Seiya | 2009/06/03 12:04

rayさん
いらいないかもしれませんcoldsweats01
でも浮気性の女性なら、縛りたくなる男性もいるかもしれません。
孤独なココロにやっと現れてくれた女性を、
離したくないために、縛る男性もいるかもしれません。
私は、縛られる恋愛が多かった気がします(A;´・ω・)

投稿: Seiya | 2009/06/03 12:09

mtwoさん
こんにちわぁ
どちらなのでしょうね。。
人それぞれの視点、色々かもしれませんね。

今の世の中には、愛や絆が必要ですね(´-д-`)

投稿: Seiya | 2009/06/03 12:13

イザワさん
ありがとうございます゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
「絆」大切ですね~
いつもポチっを感謝します。

投稿: Seiya | 2009/06/03 12:15

farfarsideKさん
そばにずっと置いておきたいですよね。。
大切なもの、人、そばにずっと置いておきたいですよね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/06/03 12:16

genさん
私もそんな風にみちゃいました。
「孤独」という言葉を使おうとしたのですけど、
でもこうすることによって、
みなさんの様々な視点を知ることができて、
楽しめちゃいましたぁcoldsweats01

投稿: Seiya | 2009/06/03 12:19

ふたりの絆は強い鎖で
ふたりのココロは深い思いやりで
繋がっていたいよね^^

ご無沙汰でしたwink

投稿: pou | 2009/06/03 14:39

写真も素敵だけど
題名いいですね!!
だって「愛の鎖」ですよ
・・・taktanも同じ題名かな?
・・嘘です、思いつきませんでした(笑)

すごくいいです

taktan

投稿: taktan | 2009/06/03 22:00

pouさん
はい、強い絆で、思いやりを持って、
繋がっていたいです(゚ー゚)
お久しぶりの更新でしたね♪

投稿: Seiya | 2009/06/04 01:32

taktanさん
ありがとうございます゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
とても嬉しいですぅconfident

投稿: Seiya | 2009/06/04 01:34

大好き・・・
愛している
側にいてほしいという想いが どんなカタチにかわるのだろう。。。

いろんなカタチがありますよね・・・

時に縛りつけてしまうこともあるかもしれない。。。
それが苦しくなることも
嬉しくなることもあるかもしれない・・・

きっとお互いの声を聞き合って・・・
カタチをつくってゆくんですね。。。

投稿: | 2009/06/07 17:02

輪さん
ですね^^
それぞれにいろんなカタチがあるのでしょうね。
それがお互いにとって、心地よくなければならないでしょうし、
愛情を持って作っていくのでしょう(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/06/08 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/29888812

この記事へのトラックバック一覧です: 第290編 愛の鎖:

« 第289編 錆びた釘という名のカクテル | トップページ | 第291編 孤独 »