« 第303編 brightly ソラに願いを | トップページ | 第305編 帰り道 »

第304編 今日のソラに想う

Evening_of_townc1w

この世は

必要なものを手に入れすぎたのか・・・

必要なものを見極められたなかったのか・・・

おそらく必要じゃないものも存在する中で

人間とは考えれば考えるほど

愚かなものだ

今日も空は染まってゆくというのに・・・

いつの時も平和でありますように・・・

平和なポチっとオネガイします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

|

« 第303編 brightly ソラに願いを | トップページ | 第305編 帰り道 »

想い」カテゴリの記事

コメント

人でありながら思うに
この世界で不必要なものの代表が
人間だろうと思う。

最初に滅ぶべきもの
悪と呼ばれるに近いもの。

放漫で愚かで
我儘で勝手で
高慢で無反省で
自分以外の何者にも
愛情を注ぐすべを知らず
欲望や楽しみの為に
全ての生命・宇宙までも壊す生物。

あと数百年の後には
宇宙にまでも破壊の手を進めるだろう。
開発や進化という言葉にして。

酔者の少し悲しい自虐の独り言。
「愚かな人間」に反応してしまいました。
まだまだ若いのう・・笑。
できれば生命も非生命も、
50億年暮して来た世界で、
共存や存在して行く事・方法
そして人間が歴史の中に
生まれて来た本当の意味を
宇宙の意思なんてのを感じて、聞いて
全ての人が考えて欲しいです。

投稿: gen | 2009/07/12 00:52

こんばんは。
いのくまと申します。
先日は、僕のサイトに訪問&コメントしていただきありがとうございます。
リンクが切れていたようでしたが、ブログ村の検索を使ってたどり着きました☆
これからも、ちょくちょくお邪魔したいと思います。
よろしくお願いしますm(_ _)m

”必要なもの”とは主観的なことだと思います。
誰かにとって必要でも、別の誰かにとっては必要でない。
今の世界は、誰かが必要として作られたのでしょうが
その誰かはもう必要としていないかもしれないし
または、別の人が必要としているかもしれない。
不必要って言われるものも、きっと誰かにとって必要で。
(それが良い、悪いは別ですが。。。)
そうやって、複雑に、曖昧に、世界は成り立ってるんじゃないかなーと思ったりします。

一つ言えるのは、この写真のような美しい夕日を素直に受け入れる心。
これは、間違いなく”必要”だと思います。少なくとも僕の中では。

…初コメで、なんだか偉そうな事を書いてしまってすみません(> <)

投稿: いのくま | 2009/07/12 01:53

おはようございます!

空を染める、雲間の”夕陽”
閉塞感の漂う今にしばしの“安らぎ“を与えてくれる風景です。

確かに今の世は”足りすぎる“ことになっていると思います、
それは物のことで、ココロはいっこうに“足りない”・・

今年の年頭に“今年はリセットの年”と言っている方がいましたが
「われ、ただ足るを知る」の感覚と行動へのリセットが必要かもしれません・・

仏教では“人間本来仏なり”と教えます、
雲間から染めてくれる夕陽の大自然に守られて、
自分と関わる人の本来の姿を信じて、
平和を願いたいものです。

投稿: mtwo | 2009/07/12 04:06

おはようございます。

人は裸で生まれ
裸で死んで
残るは「ちいさなしあわせ」の集まり

これが僕のりそうかな?

人は死んだとき何を残したか
ではなく
何を散らした(与えた)かだ

たしかこんな感じの文章が三浦綾子さんの本に載ってました。
今日は安息日ゆっくり対話する日ですね。

投稿: どんぐり | 2009/07/12 08:00

こんにちは、夕暮れの空は心が落ち着きます。
自分のベランダからも似たような風景が見れるますよ!
今の季節仕事が終わって帰って来ても、まだ夕日が見れるので
時々のんびり眺めています。

投稿: bernie1969 | 2009/07/12 11:29

何事もなかったように
きょうも夕陽にココロ静まり
また明日に向かって生きてゆく。

僕らは人間の公平な高さを探しながら
時代が創り出した虚構の演出を憶えてしまいましたね
巨大な資本と添え寝する豊かな身をこれからは
反省していかなければ・・・

投稿: pou | 2009/07/12 18:23

こんばんは、Seiyaさん(*^^*)

綺麗な夕暮れ…
こんな素敵な夕暮れを見ると
今日も1日、無事に過ごせた事を
空に向って感謝してしまいます。

こうして無事に・・平和に過ごせることは
当たり前・・だと思ってはいけないですよね。
もっと感謝せねば・・と思いました(*^^*)

投稿: 海月 | 2009/07/12 22:48

genさん
なんだかカッコイイですね^^
深いです。。考えさせられました。
本当に、人間が存在する意味を、全ての人が知るべきですよね。

それとも・・・
いつかこの世に終わりがくるという、
聖書に記された言葉が、、
最初から人間にそうさせるように神さまが造り上げたものなか・・
なんてそんなこともふと、よぎったりしました。

いつもありがとうございますconfident

投稿: Seiya | 2009/07/12 23:25

いのくまさん
こんばんわぁ
リンクが切れてなんて・・ごめんなさいo(_ _)o
そして、わざわざ探してくださって、ありがとうございます。
感激です^^

確かにそんな気もします。
誰かにとっては不必要なものでも、誰かにとっては必要なもの・・・
複雑で曖昧に成り立っている・・・深い言葉ですね。

でも、都会のど真ん中では、
沈む夕日も月も、そして星も、澱んだ空気に塞がれて、
どこかでは見えてるはずなのに、ここでは見えないコトが、
いつかホントに見えなくなるんじゃないかって、
不安になる瞬間があります。。。

これからも、よろしくお願いしますconfident

投稿: Seiya | 2009/07/12 23:39

mtwoさん
こんばんわぁ
地球のどこかでは、まだまだ足りない場所があるというのに、
バランスが悪いですよね。。

どこかの学者さんに言葉に、
「この世の進化に、人の脳がついていけなくなっている。
だから壊れかけている・・・」って。。
進化も人の仕業だというのに・・おかしなこのですね。

私も違う意味でリセットしなきゃぁ・・です ┐(´-`)┌

投稿: Seiya | 2009/07/12 23:46

どんぐり さん
こんばんわぁ
どんぐりさんの「ちいさな幸せ」素敵です。
大きなものより、ちいさな集まりが理想ですね。

何を残したか・・より、何を与えたか・・
三浦綾子さんの言葉は、とても素晴しいですよね。
私がクリスチャンになったきっかけのひとつは三浦綾子さんの著書なんです。
その中に綴られた言葉のひとつひとつが、
とてもとてもココロに沁みて、私はそれまでの人生に、
リセットをかけたんです(゚ー゚)


投稿: Seiya | 2009/07/12 23:54

bernie1969さん
こんばんわぁ
ベランダから夕陽を眺められるなんて、
羨ましいですぅ(p´□`q)゜o。。
一日の仕事を終えて眺める空・・どんなにココロが休まるでしょう。

私の今のちいさな夢は、
窓から夕陽が見れるお部屋に住むことです。
こんな都会のど真ん中では、どんなに背伸びをしても、
沈むお日さまは果てしなく遠いのです。。。

投稿: Seiya | 2009/07/13 00:02

pouさん
やっぱり詩人ですね~
何を語っても、素晴しい言葉のひとつひとつ、
噛み締めてしまいます(゚ー゚)

そしてまた、空は明日も染まるのですね。
人が造り上げたきたものを、
今度は、ところどころ修正して、
いつか理想的な世の中になればいいのですけどね。。。

投稿: Seiya | 2009/07/13 00:06

海月さん
こんばんわぁ^^
電車の中から撮ったので・・・ホントはもっと綺麗でしたぁ(;´▽`A``

最近は私、夕空をしみじみ見つめてしまいます。
後悔や苦しみの連続の、情けない日々の中で、
何かに少し、感謝できるようにもなったのかなぁ。。
もし、もっと幸せだったら、
この空を美しいと感じなかったかもしれません。
確かに、以前は、夕陽に見向きもしなかったんですよ。
夕陽に限らず、どんな空も。。
いろんな出逢いや出来事の中から、
美しいと感じるココロがたくさんできました。
海月さんとの出逢いからも。
空ってこんなに綺麗だったんだって、教えて頂きましたよconfident
感謝です†

投稿: Seiya | 2009/07/13 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/30506623

この記事へのトラックバック一覧です: 第304編 今日のソラに想う:

« 第303編 brightly ソラに願いを | トップページ | 第305編 帰り道 »