« Summer Greeting | トップページ | 第322編 手紙 »

第321編 夏の夜の灯り

A2w 浅草灯篭流し

ゆらり 寄り添う

B1w_2

人々の祈り

祈るようにポチっをおねがいします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

|

« Summer Greeting | トップページ | 第322編 手紙 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

厳かな輝きですね
みんなの祈りが
届きますように・・・
P!

投稿: シリウス | 2009/08/17 20:29

おくる灯が寂しくて
こゝろにともした灯をたよりに
君を見る

投稿: ray | 2009/08/17 21:17

こんばんは。

ゆれる明かりに 今は亡き人をしのぶ

感謝をこめて祈りを込めて

ゆれる明かりを見つめる

投稿: どんぐり | 2009/08/17 21:24

 こんばんはっ!・Seiya姫・・・祈りとは、古来から日本なら豊作を願いよくお祈り・・が文化となり、他国においても、同じ様に食物が食べられて生き続けられる様に「祈り」とは発生したと聞いてますよね?いっやー?(T_T)厚いッスねぇんもう?・・8/17日更新の:『静岡県:徳川家康 と 気になる酒井法子ニュースをお笑いで記事に』:【サラリーマン編】・・富士山をテーマとした歴史的記事で多くの有名人画像と美しい富士山画像を貼ってみました。イイ記事なのですが、最近ニュースで噂の「覚せい剤利用者」で目立ってる酒井法子のお笑い?ラリった画像を貼ってみました。どうか、遊びに寄ってやって下さい。

投稿: 智太郎 | 2009/08/17 21:39

こんばんは、Seiyaさん^^

仄かな温かい色のヒカリ・・
優しくて、少し悲しい‥
色々な思いを乗せて
流れてゆくのですね。。

投稿: 海月 | 2009/08/17 23:30

こんばんは。
真っ暗な闇の中に浮かび上がる灯篭、
とっても幻想的な風景です。
静かに流れる灯篭に乗って
人々の祈りが届くといいですね(^-^ )

投稿: いのくま | 2009/08/17 23:39

シリウスさん
ありがとうございます。
あまりに多くの人混みで、近くでは見れませんでしたけど。。
世界平和も願う、お祭りだということです。
たくさんの人の願いが届くといいなって、思いますconfident

投稿: Seiya | 2009/08/18 02:11

rayさん
ロマンチックですぅheart
その裏側に、切ない物語が存在するように感じます。
ドキドキしましたconfident

投稿: Seiya | 2009/08/18 02:13

どんぐりさん
こんばんわぁ
仏教の行事として認識されている、祖先の霊を祀る行事に、
終戦記念日をはじめ、様々な行事が重なっている、
夏の行事に、なんだか不思議なものを感じます。
だから・・・感謝の気持ちも溢れますねconfident

投稿: Seiya | 2009/08/18 02:18

智太郎さん
そうですね。
祈りというのは、日本古来では豊作を祈ることが、
土台になっているようですね。
いろんなことを考えさせられる季節でもありますね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/08/18 02:21

海月 さん
こんばんわぁ
それぞれに、いろんな想いが託され、
流れていくのですね。。。

お盆というのは、世の中のあらゆる苦しみが功徳によって救われ、
感謝の気持ちさえ込み上げる、この季節の大切な行事ですね。
暫く帰郷していない私は、それにそむいてるのかしれません。
いろんな想いが溢れる時間を過ごしました(v.v)。

投稿: Seiya | 2009/08/18 02:35

いのくまさん
こんばんわぁ
あまりの混雑で、橋の上からしか眺めることができませでした。。

灯篭には、 送り火の意味のほかに、
人々の様々な願いが書かれているようでした。
こんな世の中ですから、報恩の供養の他にも、
現代の平和、幸せの願いが込められる行事でもあるようですね。
たくさんの願いが届きますように・・
いのくまさんの願いもconfident

投稿: Seiya | 2009/08/18 02:43

おはようございます!

この風景を“幽玄”というのでしょうか・・

ご先祖を供養し
生かされているいのちに感謝し
かなえたいユメを祈り
愛する人へ思いを寄せる・・

夏の浅草の夜、花火と違った
こんな静かな風景があったんですね・・・

ココロに響く写真と詩です。

投稿: mtwo | 2009/08/18 03:37

夜の暗闇に浮かぶ灯り、人の気持ちを乗せて暗闇彷徨う灯りの姿は実に幻想的ですね。夏の風物詩の様に見えますが、根底には切ない命の尊さがあることを忘れてはいけないですよね。

投稿: farfarsideK | 2009/08/18 11:01

こんにちわぁ
昭和41年の春、高潮防止のため両岸に防潮堤の整備が行われ、
この年を最後に、このような行事としての燈籠流しの風情は、
なくなってしまったそうです。
その後、平成十七年に隅田川親水テラスは整備され、
さらに国際的に東京を魅力ある都市空間として再生することを目的とし、
隅田川との魅力あるふれあいを高める意味からも、
平成17年から再開されたそうです。
私も当日になってこれを知り、思い切って出かけてみたのです(゚ー゚)  

きっと長崎の方が、もっと風情があるのではないでしょうか・・・
あまりに人が多くて、静かに鑑賞する余裕はありませんでした。
灯篭も滑り台から流していましたよcoldsweats01

投稿: Seiya | 2009/08/18 13:51

farfarsideKさん
そうですね。。
夏の風物詩、イベント的な感じで、
故人への祈り・・とは少し違う様子にも見えました。
大切なことは忘れないでいたいですね(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/08/18 13:59

愛のないところからは
なにも生まれてはこない
原子でさえ・・・

地球のすべての人たちが幸福で
そして永久に平和でありますように。

投稿: pou | 2009/08/18 16:57

pouさん
そうですね。。
愛のないところからは・・・

pouさんが いつも幸福でありますように。
世界が平和でありますように。

そういえば、この日、いつになく外国の方が多かったですょ。
日本の文化や歴史に興味を持たれる方が、
最近増えたような気がします(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/08/19 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/30993550

この記事へのトラックバック一覧です: 第321編 夏の夜の灯り:

« Summer Greeting | トップページ | 第322編 手紙 »