« 第314編 夏休みの記憶 | トップページ | 第316編 スマイル »

第315編 ココロ温度

Akarengaa1w_6

陽光にもたれて

流れる時間(とき)に耳をすます

Akarengaa4w

傷みとひきかえに

光の言葉が差し込む

暮れゆく街に

切なさを重ねたのあの頃とは

A_town_of_the_duska1w_2

少しだけ

ココロの温度が変わった

少しだけポチっとお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

Artistmarket1 in 横浜赤レンガ倉庫

私も出展目指しています

Artistmarketc1w_3  Artistmarketc2w_2

Artistmarketa1w_2   Artistmarketb1w_2

Artistmarketd1w

私のお気に入り
http://pic3079.main.jp/gullstudio/index.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~lusty/

|

« 第314編 夏休みの記憶 | トップページ | 第316編 スマイル »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!

第313編でいう“透明なココロ”とは
”迷いのないココロ”と言えると思います、
そんな”透明なココロ”が
本編の様な暖かな写真の表現になるんでしょうね、
もちろん伝えられる“ココロの温度”は
とっても“暖か”なものです。

透明なココロで迷いなくシャッターを押す瞬間を
繋いで行けば、素晴らしい世界が広がり、
暖かな“ココロの温度”で人に伝えられていくと思います。

”あ~てぃすとマーケット“への出店ぜひ実現してください。

投稿: mtwo | 2009/08/02 17:07

一枚目いいですね^^
小さな額縁みたいで・・水平もとれていて気持ちいいです

二枚目の光芒も素敵です

taktan

投稿: taktan | 2009/08/02 17:49

窓枠の黒に乗って青く透き通る光と
赤いレンガの対比が綺麗です。
寂しい窓に光が差し
夕日の優しさに凍て付いた心が解けていく
まるで、ツラサのあとの「女ごころ」のようで
無粋な俺にはちょっぴり経験無き世界。
そんな人間でも、温もりの有る詩や写真は
悲しいココロを見てるよりも、
何となくホッとしてウレシイものです。

投稿: gen | 2009/08/02 18:20

 横浜赤レンガ倉庫へ出展目指してるのですか?見に行こうかな?次は横浜市の現場だし・・こんばんは!どうも^^!一日中雨がザーザーでしたよ静岡は・・・・疲れ様です。8/2日更新の:『「佐賀出身の女性芸能人」と「静岡出身の女性芸能人」を比較』・【サラリーマン編】・・赤い糸で結ばれた自分と佐賀の女性(結ばれてないだろ?)今回、PCへ送られてきた、その佐賀の女性を見せちゃいます。今回は佐賀の有名人と静岡の有名人を比較し論じてみました。尚、仕事も何とか建徳現場監督関係の仕事を見つけました。・・でも現場は隣県の横浜市ですよ?まいったな~?記事ですが、今回も関係する多くの面白そうな写真等、多く貼りました。もうすぐ、少年部:未来部塾での巌窟王の紙芝居披露ですが・・どうか、遊びに寄ってやって下さい。お待ちし通りまっせマス。\(^o^)/ ○ 左側上方のAnimal Clock時計(ニャン太郎)下を4つポチポチして清き4票を下さい・・_ お願い致します。

投稿: 智太郎 | 2009/08/02 19:19

mtwoさん
こんばんわぁ
いつもありがとうございますm(_ _)m
実現できればいいのですけど。。
がんばってみます゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

投稿: Seiya | 2009/08/02 21:46

ココロ温度は想い温度
ぬくもりがやさしく感じられる温度
重ね合わせた手のひらが
ちょっぴり恥ずかしげに染まる温度

投稿: ray | 2009/08/02 21:46

taktanさん
ありがとうございます^^
実際には、この2枚の中間くらいの、いい雰囲気でした。
もっとじっくり撮ればよかったと後悔しています。
でもtaktanさんにそんな風に云って頂けると、
とても嬉しく思いますconfident

投稿: Seiya | 2009/08/02 21:52

genさん
ありがとうございます^^
実際にはもっと、優しい光が射していました。
そんな風に感じて頂けて、嬉しく思います(*^.^*)

実は、同じ場所で、カメラマンさんに私を撮って頂いたんです。
プロフィールの写真をこれに変えちゃいましたcoldsweats01
そちらの窓の方がいい雰囲気なんです(^-^;

投稿: Seiya | 2009/08/02 21:59

智太郎さん
年に何回か開催されてる展示即売会のようなものなんですよ。
今回は下見に行ってきました。
楽しいマーケットでした(゚ー゚)

4つのポチ、了解しました。

投稿: Seiya | 2009/08/02 22:01

ray さん
いつもそれくらいの温度で過ごせると幸せですね(*^.^*)
ちょっぴり恥ずかしげに染まる温度・・・
始まったばかりの恋の温度を、
ちょっぴり思い出しちゃいました(*゚ー゚*)

投稿: Seiya | 2009/08/02 22:07

こんばんは!
窓から覗く夕陽、そして差し込んでくる夕陽。
1,2枚目ともゆっくりとした素敵な時間の流れを感じます。
次回のあーてぃすとまーけっと、楽しみにしています^^
ポチ!

投稿: イザワ | 2009/08/02 22:52

イザワさん
こんばんわぁ
ありがとうございます~
慌しい中で撮りましたけど;゚∇゚)
もっと綺麗に撮りたい光の瞬間でした。。
マーケットガンバリマス(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/08/03 01:00

以前に感じたモノが今見ると感じ方が少しだけ変化してる事がありますね。それにはっと気づいて、昔と同じ感じ方をしたいような気持になります。でも今の感じ方の方が実は感受性がつよくて沢山感じる事が出来たりして笑。そういう時って昔の自分の感覚にふと戻りたくなった時なのでしょうね。

投稿: farfarsideK | 2009/08/03 10:29

素敵です!
1枚目の静かな窓の外の色に惹かれて、
2枚目の窓から射しこむ光にハッとしました。

あ~てぃすとマーケットへの出展頑張ってください!

投稿: naomi | 2009/08/03 14:57

何故でしょうか?
三枚目の写真のような 夕暮れに家族の写真
見ただけでココロの温度がホンワかしてきます(*^_^*)

投稿: SE3P | 2009/08/03 20:44

farfarsideKさん
そういうことってありますよね。。
以前の感じ方がいいのか、今の感じ方がいいのか、
それはその時によって違うのかもしれないけど、
一番いい感じ方で、美しい風景を見れたらいいですね(゚ー゚)

投稿: | 2009/08/04 01:30

naomi さん
ありがとうございます^^
見た目通りには撮れなかったのですけど、
とても、いい雰囲気の光でした。

あ~てぃすとマーケットがんばってみます(゚ー゚)

投稿: | 2009/08/04 01:34

SE3Pさん
ありがとうございます^^
私も、なんだかアッタカイ光景だなって思って、
思わずレンズを向けました(゚ー゚)
同じように感じて頂けてうれしく思います♪

投稿: Seiya | 2009/08/04 01:38

こんにちは ただいま

赤レンガ 窓辺から差し込む光それも窓ガラスは十字架
まっすぐな光
何か希望とも救いとも思えるいい写真と詩ですね。

投稿: どんぐり | 2009/08/04 08:27

どんぐりさん
こんにちわぁ
おかえりなさ~い♪

ありがとうございます^^
とても素敵な光景でした。
レンガがより一層いい雰囲気を醸し出していましたよ(゚ー゚)

投稿: Seiya | 2009/08/04 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/30795821

この記事へのトラックバック一覧です: 第315編 ココロ温度:

« 第314編 夏休みの記憶 | トップページ | 第316編 スマイル »