« 第367編 Snow Moon | トップページ | 第369編 ひとつひとつ »

第368編 孤独

The_morning_glow_of_the_townc1w

私は孤独を慈しむ

ふたりでいる哀しみを知っているから・・・

The_morning_glow_of_the_townd2w_2

孤独の底には

緩やかな灯りが流れる

だから私はそこで夢を語る

緩やかなポチっをお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

|

« 第367編 Snow Moon | トップページ | 第369編 ひとつひとつ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 親父も孤独なんだろうか・・こんにちは!自分は、無職なんで入院してる親父の静岡県東部医療センターへ昼間に行ってきました。まだ集中治療部なんですが、ICU室からHCU室へ移動してました。なんだか落ち着かない部屋だったんですが、部屋の前がナースセンターと言うのが少しばかりの安心感を持たせてくれましたが・・『サザエさん磯野家系図!自分等夫婦みたい?親父病室移る。』です。今回もユニーク写真を貼りました:サザエさん:磯野家の家系図です・1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。

投稿: 智太郎 | 2010/01/08 16:36

自己の孤独に浸かった者しか
真のやさしさは生まれてはこない
人は孤独だからこそ互いに手を繋ぎ
孤独を分かち合う心に愛が生まれてゆく

投稿: pou | 2010/01/08 16:57

・・・でもやっぱり孤独は悲しいよ・・・
孤独の底に灯りが見えるのはまだ本当の孤独じゃない・・・と思う
灯りが消えたとき・・・本当の孤独が・・・(ああ~暗くなる~)

外から見た孤独は たまに魅力を感じる時もある
独りの気楽さ 自由 精神の安定 は孤独の入り口
いつでも元の世界に引き返せる
(まぁ独りと孤独は違いますけどね・・・)

わたしもそんな孤独を美化して憧れちゃう一人なのかな?
(半分は強がり?)

それでもやっぱり人と関わりを持って生きたいな・・・

Seiyaさんの詩には魅力を感じます
『緩やかな灯り』がきっと惹きつけるんでしょうね。

投稿: NOBODY | 2010/01/08 17:04

Seiyaさん、今年もよろしくお願いします。
すっかり出遅れてる月うさぎです。
今年もまた、このように後からのろのろやってきますよ~ん♪(*^^)

孤独は・・・ 寂しかったですよ・・・ ^^
私は、とても寂しがり屋なので孤独はつらいです。
あ、でもお写真のように夜の暗闇の底には
こんなふうに優しい灯りがゆらゆらと流れてるのはいいですよね~♪
Seiyaさんの写真こそ、暖かな灯りのようです。

投稿: 月うさぎ | 2010/01/08 17:18

Seiyaさん

こんばんわ!
15年前大きな病気をし
主治医から“残念ですがあなたの生存確率は50%です”と
言われた夜の病院のベッド中での言い知れぬ孤独、
(こんな孤独は、かかわりを持つ誰にも味わってほしくない・・)
翌日の朝、目を覚ますとそこには家族、お世話をしてくれている看護婦さん・・
“ありがとう”と言える人人がいた・・
夜の“孤独”は姿を消した

かかわる人との“ありがとう”と言い合える関係を大事にしたい
誰も決して孤独ではない・・

投稿: mtwo | 2010/01/08 23:09

このタイトルのとおり
2枚の写真から寂しさが伝わってきます
でもこの灯りが暖かさを与えてくれてる
そんなふうにも見えます
孤独は生きていることの意味を忘れさせてしまうくらいに
残酷なものなのかなって思ったりもします
でもきっとその経験から
大きな優しさも誰よりも持っていますよね^^

投稿: 優月 | 2010/01/09 11:03

たまには一人もいいなと思うことがありますが、いつも誰かと一緒が当たり前のように感じてるので、実際は物足りなく感じてしまうかな、一人は。でも一人でないと感じる事が出来ないモノもありますからね。

投稿: farfarsideK | 2010/01/09 11:19

ほんとうに寂しいのは
一緒に居る「人」に理解されないコト・・。
それは『希望』が『絶望』に変わる時。
孤独に「緩やかな光」が在るのは
自分を信じてる「もう一人の自分」が居るから。
ほんとうの暗闇は、
その「もう一人の自分」の存在を
感じられなくなってしまうコト・・。

1枚目の写真、石畳の道に夕日に向かう暖かな光が灯り
2枚目には揺らめく『夢のともし火』のように見えます。
誰一人、他の人影は見えなくとも
そこにはSeiyaさんと
その風景を感じて表現しようとしている表現者の
「もう一人のSeiyaさん・・・の意志」が存在します。

「存在」を理解してくれる、
多くの慈愛に溢れる人の「意志」が
この「ココロの旋律」の空間の中に存在してます。
だから此処が居心地がイイのだと思いまする。

投稿: gen | 2010/01/09 12:37

genさんのコメントに感動しちゃいました・・・。
同じようなことを思っていても、言葉で表現できるって
すごいですね。自分のボキャブラリーのなさが・・・coldsweats01
思わずコメントにコメントしちゃいました。

投稿: NOBODY | 2010/01/09 19:13

Seiyaさん、すっかり出遅れてしまいましたが、
あけましておめでとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
Seiyaさんにとって新しい発見と美しい風景にいっぱい出会えるステキな1年でありますようお祈り申し上げます。

空気が澄みきった美しいお写真は、Seiyaさんの心を映し出しているようです。
ふたりでいるのに感じる哀しみ、孤独は、出口の見えない暗闇を彷徨う気分になり、ひとりで感じる孤独は、仄かに差し込む光を求めて暗闇の中を進める希望があるように思います。
孤独を知ってこそ、冷静に本来の自分と向き合えて、本当に大切なもの、失いたくないものが見えてくるのかも知れませんね。

投稿: Coco | 2010/01/09 21:31

こんばんは。ご無沙汰しておりますm(_ _)m

孤独の底で語る夢とは、楽しい夢でしょうか。
それとも悲しい夢なのでしょうか。
僕が孤独の中に居たときは、悲しい夢ばかり見ていました。
今はそこから抜け出し、改めてそう思います。

Seiyaさんの写真のような孤独は、
何かを生み出しそうな気がします。
何となく、惹かれる色です。

「孤独」というテーマを考えると、いつも混乱してしまいます。
でも、Seiyaさんの写真を拝見して、
なんだか今までの考えとは別のものが浮かんできた気がします^^

投稿: いのくま | 2010/01/09 23:21

智太郎さん
お父さま早くよくなるといいですね。

投稿: Seiya | 2010/01/10 01:26

pouさん
ココロを撫でるような、
優しく温かい言葉・・
どうもありがとうございますconfident

「愛」はそういうものから生まれるのでしょうね。

投稿: Seiya | 2010/01/10 01:29

NOBODYさん
そうですね。。
NOBODYさんは私よりも深い孤独を知ってらっしゃるのでしょうね。
私ね、昔は、人に対してココロを閉ざしていました。
でも、ある時期、とても大きな苦難があって、
その時に、友人が私のココロの扉を少し開けてくれたんです。
そこから、人の真の優しさや温かさに触れた気がしたんです。
「孤独」ってものは自分のココロの在り方なのかなぁって、
そんな風にも思いました。

「孤独」にはいろんな種類があるのかもしれませんね。
時に自ら浸ってみたくもなります。
傷つきたくなくて・・・
だからそんな時は、孤独に潜った方が、灯りを感じます。

でもやっぱり、人とはちゃんと関わって生きていたいですね。
ありがとうございますconfident

投稿: Seiya | 2010/01/10 01:40

月うさぎさん
こちらこそ、よろしくお願します♪
月うさぎさんのペースでよろしくです(*^.^*)

やっぱり、寂しいのは嫌ですね。。
心地よい孤独の深さはあるけれど。。
灯りが揺れるくらいの感じなら、寂しくないかなって(^-^;

いつも優しい言葉をありがとうございますconfident

投稿: Seiya | 2010/01/10 01:48

mtwoさん
それは辛いご経験でしたね。。
自分がそうなったらどうなるんだろうって、考えちゃいます。

病を克服されてよかったです。
こうして出逢えたわけですから。

病や孤独を乗り越えた人のココロは強いですよね。
だからきっと必要なものだと思います。

「ありがとう」って云える繋がりを大切にしたいですねconfident

投稿: Seiya | 2010/01/10 01:54

優月さん
「孤独」は残酷ですね。。
でもそれはきっと、それを知らずにいるよりは、
人の痛みを解かることができますよね。。
だから必要なのかも。

でも時に私は、人と関わって傷つくなら、
孤独がいいって・・底に逃げ込んだりします(ノω・、)
そんな時は、灯りに包まれて心地いいものです。
でもずっとそこに留まってはいられないから、
時々ね^^

投稿: Seiya | 2010/01/10 02:04

farfarsideKさん
そうですね。。
時にはひとりがいい・・ひとりの時が必要・・
時にはひとりじゃない方がいい・・それも必要・・
なのでしょうねconfident

すべてに意味があるんですね。

投稿: Seiya | 2010/01/10 02:06

genさん
ホントにそうですね。。
「もうひとりの自分の存在」
それがあるから、深い哀しみに陥ることがないのかもしれません。
そして此処があるから、
今は最悪な孤独はないのかもしれません。

私のココロの呟きを共感してくれる人がいるから、
時に暗闇に迷い込んでも、光の道筋が見つかるのかしれません。
とても感謝なのです。

なんだかじ~んとくるよなgenさんの温かい言葉に、
たくさんありがとうを云いますo(_ _)o

今みなさんにコメントのお返事を書いてる時に、気づきました。
NOBODYさんがgenさんのコメントに感動・・・と。
私も嬉しいです。
こんな風にみなさんのココロが繋がっていくのは幸せに思いますconfident

投稿: Seiya | 2010/01/10 02:19

NOBODY さん
ありがとうございますconfident

genさんの言葉はとても温かいです。
わざわざコメントしてくださって、感激です♪
でも、NOBODYさんにボキャブラリーがないなんてことも思いませんよ(゚ー゚;
ココロ深きお方です(*v.v)。


それとね・・
先日遠方から横浜まで駆けつけてくれよとしたNOBODY さんに、
私はどれだけその優しさに感謝しているか・・・
それこそ、私は独りじゃないと、
つくづく思うのでありましたょconfident
再度この場を借りて、ありがとうございますheart

投稿: Seiya | 2010/01/10 02:28

Cocoさん
明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いしますconfident
Cocoさんにとっても、この一年の歩みが豊かなものとなりますように†

「孤独」を知ってこそ、自分と向き合える
貴重な経験ですよね。
「孤独」にもいろんなかたちがあるけれど、
そこから見つかる光が、新たな喜びをもたらしてくれる・・・
そう信じていたいですねconfident

投稿: Seiya | 2010/01/10 02:37

いのくまさん
こんばんわぁ
お久しぶりのコメント嬉しく思います♪
どうもありがとうございますconfident
お元気ですか?

そうですね。。楽しいというよりは、
心地いい・・て感じでしょうか・・・
「孤独」からはいつも何かを教えられます。
嘆き哀しむものだけではないと思っています。
そこから新たに見出せる光のために存在するのだと感じます。
人はひとりじゃない・・決してひとりじゃない・・でしょ?(*^.^*)

投稿: Seiya | 2010/01/10 02:48

正直なところ、あまり孤独感を味わったことのない私なんです。
仲間や友人に支えられてどうにか生きている人間なので、
物事が上手くいっていない時、一人になって気持ち的に落ち込んでも
自分自身と話をsていうような・・・あ、それが孤独感か^^
って気づきもしない(笑
鈍感だな~^^;

投稿: イザワ | 2010/01/10 03:40

イザワさん
それは幸せなことですね^^
仲間に支えられ、いつもそれを感じて、
それがチカラとなっている・・素敵なことだと思います。
それを分かっていても、
つい「孤独」に引き寄せられてしまうこともありますから(^-^;
孤独になっていたとしても、
それに対して鈍感であることも、必要かもしれません。
すべてはココロのあり方なのかもしれませんね・・
やっぱりconfident

投稿: Seiya | 2010/01/10 12:28

こんばんは、最近自分でも孤独と言う言葉を良く使うようになりました。
まあ~一人暮らしをはじめて一人でいる時間が多いからと安易な
感じ方なんですが・・・・
でも家族や仲間の大切さは、今まで以上にわかりました。
色々な人に支えられて今があるんだな~と感謝の気持ちを
忘れないようにしたいです。

投稿: bernie1969 | 2010/01/11 00:34

bernie1969さん
こんばんわぁ~
そうですね。。ひとり暮らし始めると、
そんなことに気づいたりするものですよね^^
誰も決してひとりではなく、
家族や仲間に支えられてるんですよね。
忘れないようにしなきゃですぅconfident

投稿: Seiya | 2010/01/11 01:30

こんにちは。
今年もよろしくお願いします。

マイペースで詩を書いていきたいから
ライブドアに拠点を移しました。

今年も、Seiyaさんのお写真と詩
楽しみに拝見させて頂きますね。

よろしくお願いします。

投稿: なっちゃん(なつみかん) | 2010/01/11 14:15

 Seiyaさん・・・・こんにちは!親父の入院している静岡県東部医療センターへ行く日々が続いてます。まだ集中治療部なんですが、ICU室からHCU室へ移動してますが、親父はPCPS:心肺補助装置をつけてましたが意識はハッキリとしており、会話は親父に紙とペンを渡せば、書き出し会話すると言う手法を取ってます。・・と言う主旨で記事にしました。タイトルは『意識ある親父と悲しくも、メモで会話する状態です。』です。今回は、親父が書いたメモを貼りました。1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。

投稿: 智太郎 | 2010/01/11 15:12

なっちゃん(なつみかん)さん
こちらこそ、今年もよろしくお願いしますconfident
またお邪魔しますね。
ゆっくりペースで楽しみましょぉ~

投稿: Seiya | 2010/01/12 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/32905685

この記事へのトラックバック一覧です: 第368編 孤独:

« 第367編 Snow Moon | トップページ | 第369編 ひとつひとつ »