« 第371編 ココロの底 | トップページ | 第373 優しい夜空 »

第372編 失ったもの

Illuminationk3w

あの大きな出来事で

人々は多くのものを失った

でももっと大きなものを手に入れたに違いない

多くの人が忘れかけている

大事なもの

助け合い・・・

その言葉がココロを突き刺す

彼らがそこから見出した

希望

幸福

感謝

忘れたくないものばかり

Crosslight1a1w

人は何かを失い

それ以上に何かを手に入れ

生きていく

今までポチっをありがとうございました

外してみることにしました

これまでの応援を感謝しています

2月のLiveの情報を更新しましたので

ご興味くださってる方は

サイドバーの<Seiyaの音>から

音楽サイトへいらしてください

4月の情報も近日中に♪

|

« 第371編 ココロの底 | トップページ | 第373 優しい夜空 »

願い」カテゴリの記事

コメント

私はあの日、テレビに映し出される光景に愕然としました。
仕事が終わり、明け方に帰り最初は数件の火災。
しかし明るくなるにしたがい、ビルの崩壊、数千人の死亡の報道。
何とか交通が復旧し、微力は知りながら現地に応援に行きました。
足の踏み場も無く、建物は横たわり、
まだ手付かずの焼け跡がそのままに有りました。

それから北海道、新潟・・幾度と無く災害が有り、
台風など含め自然からの厳しいメッセージを受ける度に、
思い出すのは、何とも言えぬ「口の中に残る埃の味」

為すすべも無く呆然とする人に
「試練」とは無いんじゃないのかな・・って
私には未だ信じる神は有りません。

最後の行の・・
今まで「ポチッと」ありがとうって・・
・・良くわからないので申し訳有りませんが
今回はもう1度コメントしそうです。

投稿: gen | 2010/01/18 17:18

genさん
現地へボランティアにいらしたんですね。
尊敬します。
実際の様子はすさまじいものだったのでしょうね。

ポチを外すだけです(^-^;
ブログはこのまま続けます。
ご心配ありがとうございますo(_ _)o

説明をつけ加えたほうがいいですね(゚ー゚;

投稿: Seiya | 2010/01/18 18:19

15年前のあの光景、
いつどこで再現されてもおかしくない事ですよね
あのような状況に遭遇したとき、自分に何が出来るか・・・
もっと真剣に考えてみたいと思います

投稿: シリウス | 2010/01/18 19:32

 Seiyaさんこんばんは!父を失い、でもひょんな事から父に教えられ希望・幸福・
感謝を得れました。(ToT)・・・サラリーマンってのは、一体、何が重要で大事なのでしょうか?会社の利益の為に貢献し、出世して行く事なのでしょうか?晩婚が流行る中であるが、嫁さん・子供を養い、こぎれいな生活を維持する為なのでしょうか?・・父の葬儀も終わり、父の部屋にたたずんでると本棚から「青の洞門」言う本を発見し、そういや以前、自分が設計事務所勤務してた時に社長も持ってたな?と・・読んでみて・内容も記事しました。いかにもサラリーマンに必要で重要な事が書いてあり感動しました。今回は、父がサラリーマン一筋で築いた我が家の写真及び葬儀舞台で自分が貼った父の若き頃の写真も貼らさせていただきました。・・1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。・・どうぞ!寄って見てやって下さい。


投稿: 智太郎 | 2010/01/18 20:11

Seiya さん

昨日テレビ、ラジオの放送を見ていて、聴いていて
当時街は驚異的に復興したものの、いまだにココロが復興していない人た
ちがたくさんいらっしゃる事に心が痛みます。

6千4百人を超える命を飲み込んだあの大きな出来事は、忘れかけていた日本人の本来持っているココロとパワーが取り戻されて驚異的な速さで復興されました、
その日本人のココロはSeiyaさんの仰る“助け合い”が原点だと思います。

異才建築家の安藤忠雄さんは自伝「建築家安藤忠雄」の中で、今日本再生
のために“あの阪神淡路大震災を復興させた日本人の熱い心をもう一度”
と訴えている。

大きな犠牲の中に今日があることに感謝し、多くの経験をココロにとどめ
て置くことが必要と痛感する・・

投稿: mtwo | 2010/01/18 23:48

シリウスさん
本当に、いつどこでまた起こっても不思議ではないのですよね。。
遭遇した時、想像できなくらい恐ろしいけど、
真剣に考えるべきことかもしれませんね。。。(;д;)

投稿: Seiya | 2010/01/19 02:21

智太郎さん
お父さまを亡くされた哀しみ・・
でもそれと引き換えに、教えられたものがあるのなら、
それはとても大事にしたいことですね。。

投稿: Seiya | 2010/01/19 02:23

mtwoさん
あの事が、今の日本人の失いかけてることを、
気づかせてくれたことだとしたら・・・と考えずにはいられませんね。

起った事実を無駄にしない。
必ず意味がある。
多くの犠牲の上にあることへの感謝・・
ココロにしっかりと留めたいですね。

投稿: Seiya | 2010/01/19 02:28

15年前になるんですよね
今回テレビでみて
実際に自分があの場にいたら・・・
15年経ってもものすごい怖さを感じました
いきなり関東にもあんな大きな地震が来るかもしれない
そうなったらどうなってしまうんだろう
多く方の助けは必要ですね

投稿: 優月 | 2010/01/19 15:31

優月さん
そうですね。。本当に。
関東ならもっと大きな被害になると云われていますよね。
恐いですね。
人はその時になって初めて、
「助け合う」ってことを学ぶのかもしれないけど。。。

投稿: Seiya | 2010/01/19 16:54

 Seiyaさんこんばんは!・・民主党が行ってきた多くの各企業に対し特に建設会社:ゼネコンにおいても、「社会貢献の一環として、自主的に政治寄付を判断し、実施して いただきたい」と言う事を促して来たと言う事実は、真実であり深心なりで、時間の問題に感じてなりませんが、自分の姪夫婦(旦那はマルハンパチンコ屋の雇われ店長で全国の転勤族)この姪夫婦が父の葬儀にも参加せず自分はキレたい一心です。今回は、民主党のお笑い画像と共に憎い姪夫婦等を痛みつける(ブッちめる予告画像)写真も貼らさせていただきました。・・1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。・・どうぞ!寄って見てやって下さい。


投稿: 智太郎 | 2010/01/19 20:20

いまはハイチが大変な状況になっていますね。
治安悪化なども報じられて、複雑な気持ちにもなります。
神戸で被災された、ろう者の避難所での差別体験を聞いたことがありますが、
さらに弱い立場にある人の悲惨さがハイチでも見えてしまって
心苦しいです。助け合うことの大切さと難しさを感じます。

投稿: 雪天 | 2010/01/20 01:03

追伸^^;2月のライブも行けたらいいな^^期待しています。
「れい」の件、もうすこし待って下さいね。いま凹期間なもので^^;

投稿: 雪天 | 2010/01/20 01:06

雪天さん
本当に、悲惨なことですよね。
世の中は、弱者があくまで弱者・・なんですね。

ライブいらして頂けると嬉しいです♪
れいの件、いつでも大丈夫ですよ^^

凹大丈夫ですか?
私も苦難の時です。
でもなんとか切り抜けないと・・・
ガンバリましょうrock

投稿: Seiya | 2010/01/20 01:38

あの時、私のユーザーさんの建物が崩壊しました。
私は、現地へ行く組みではありませんでしたが、
会社としてかなりの方が現地へ赴きました。
復興に少しは役立ったかと思っています。
話にきくとかなりすさまじい現場だったようです。

投稿: イザワ | 2010/01/20 03:35

イザワさん
そんな関わりがあったのですね。。
でも本当に、今の神戸の街は、
そんなこと、想像できないくらい綺麗になっていて、
なんだか勇気とか、人のチカラの凄さとか、
いろんなものを感じますよねconfident

投稿: Seiya | 2010/01/20 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/33030080

この記事へのトラックバック一覧です: 第372編 失ったもの:

« 第371編 ココロの底 | トップページ | 第373 優しい夜空 »