« 第387編 歴史刻む風景 | トップページ | 第389編 過ぎ行く時間 »

第388編 変わりゆく風景の中で

The_bottom_of_the_cherry_treea1w

変わっていく風景の中で

Kibidangoa1w

変わらない風景がある

Familya1w

変わって欲しくない風景がある

|

« 第387編 歴史刻む風景 | トップページ | 第389編 過ぎ行く時間 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん

おはようございます。

古き良きココロを忘れたかのように
いろんなものがうねりのように変わっていく日本
こんな風景を忘れないで大事にしたいですね・・

穏やかな花見風景ですね

投稿: mtwo | 2010/04/12 03:54

おはよ
Seiyaさん^^

1枚1枚の写真に添えられた言葉
とくに最後の1枚は
変わらないで欲しいですと
私も一緒に言ってしまうくらい
こんな穏やかで優しい姿
ずっと見ていたいですね^^

流れ行く時は初心を忘れさせてしまうときもありますしね・・・

投稿: 優月 | 2010/04/12 10:45

mtwoさん
おはようございます。
古きよきもの・・・日本人は随分変わりましたよね。。。

でもきっとこんな風景の中では、
誰もが穏やかな気持ちになり、
思い出すこともあるのでは・・と思いますけど。

でも先日ニュースで、お花見客が宴会した残骸・・
片付けることなく、散らかしたまま去っていく若者たちを、取り上げていました。
悲しいことですよね(;д;)

投稿: Seiya | 2010/04/12 12:39

優月さん
おはよぉ (´v`
世の中は、家族のカタチも変わってきましたよね。。
どんな時代も、大切なものを置き去りしないで、
時の流れに乗っていたいですね。

もうそろそろ散る頃ですね。。
サミシイなぁ゚゚(´O`)°゚

投稿: Seiya | 2010/04/12 12:43

変わっていく風景・・変わらない風景
いつまでも変わって欲しくない風景。。
ほんとうに記憶に留めたいものって有りますね。
特別に古き良き時代・・だったとは思いませんが
誰でも若い頃の記憶に残ってる「時」はいつも輝いています。
老人や中年の心にある素朴な幸せとか懐古。。
そして昭和の高度成長期の勢いが、
今の「大人たち」の青春の思い出です。
でもこの時代を生き抜いている若者には
複雑で世界中の文化や価値観が融合した今の時代こそ、
かけがえの無い「輝く時」なのだと思います。

世紀が変わり、か細く柔らかに
やっと残っていた美しいものまで
加速度的に壊れ始めてしまいましたが
今が駄目な時代になったとは思いません。
どんな時も、困難な時代になっても
おのれが正しいと思う所に踏みとどまろうとする勇気、
信じるものを続けようとする決意、
どんなに崩れ、変わろうとする社会でも
変えちゃいけないココロも有る気がします。
人や自然を思いやる気持ち
大切に次の世代に残そうとするココロは
ちゃんと残り続けると信じます。

本音っぽくて、ちと恥ずかしいけど、
地球人だから日本も地球も大好きです。

投稿: gen | 2010/04/13 03:04

genさん
「時はいつも輝いている」
素敵な言葉ですね^^

残念ながら壊れていくもの・・
確かに残りtづ受けているもの・・
色々ですね。

誰もが・・周りに左右されることなく、
自分の信念を大切にできれば、
もっと素敵な地球になるかもしれませんね。

地球人でよかったですね(*^.^*)

投稿: Seiya | 2010/04/13 22:56

こんにちは。 Seiyaさん!

ほんとうに変わって欲しくない風景がありますね。
どんぐりの郷も昨今区画整理がされ始め
子供のころ遊んだあの山あの野原は今は新興住宅街へ変わっています。
そんな中どんぐりも変わってほしくない”すばらし季節”をおいかけています。

投稿: どんぐり | 2010/04/14 12:02

どんぐりさん
こんにちわ~
山や野原が変わっていくのは寂しいですね(´`)゜o。。

どんぐさんのみつける”すばらし季節”
それらもみんな変わってほしくなりものばかりですね~confident

投稿: Seiya | 2010/04/15 11:21

嫌でも変わっていく風景はやはり寂しいです。
世代によって懐かしい風景というものは違うのかもしれませんが、
私は何といっても夕陽丘三丁目ですから^^
せめて綺麗な自然と日本人の優しい心は変わって欲しくないです。
いつもコメントありがとう。

投稿: kazephoto | 2010/04/15 14:41

kazephotoさん
そうですね。。
田舎に住んでいた時は、
都会の近代的な高層ビルの景色に憧れていて、
状況した頃はそんな景色ばかり見つめていました。
でも今、そんな景色は見飽きてしまって、
沈む夕陽がビルに隠れてしまうのが、悲しくなってしまったりして・・・ (;д;)
ALWAYSみたいな、昭和を名残りを残した懐かしい街並みに、
どんどん惹かれていきます。
人の優しさもそうですね。
隣近所との交流とか、アッタカさとか・・今とは違う交わりでしたよね。
結局、人は懐かしさに戻るのでしょうか・・・(^-^;

投稿: Seiya | 2010/04/16 10:39

Happy Birthday birthday Seiyaさん

最近Blogはすっかりサボリ癖が付いてしまいまて・・・
mixiのほうが気楽で、ぼちぼちやってます。

ここのところ虐待のニュースが連日報道されてますね・・・
悲しいなぁ・・・こんなことは変わっていかなきゃダメですね。
ココロが痛いです。

最後の写真のように家族の姿はこうありたいな。
みんながやさしいココロで過ごせますように・・・confident

投稿: NOBODY | 2010/04/18 00:46

NOBODYさん
ありがとうございます゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
とっても感激です♪
mixiで気づかれたのでしょううか?
いくつになってもお祝いの言葉は嬉しいものです。

そういえば、mixiの方が更新頻度が・・・(^-^;

本当に悲しいニュースが続きますね。
平和な世の中になりますように†

投稿: Seiya | 2010/04/18 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/34183714

この記事へのトラックバック一覧です: 第388編 変わりゆく風景の中で:

« 第387編 歴史刻む風景 | トップページ | 第389編 過ぎ行く時間 »