« 第344編 ふわ~り | トップページ | 第346編 いつも・・・ »

第345編 静けさの中の温もり

Bhsettingsun01w

深い静けさの中で

Bhsettingsunb01w

そっとあなたのココロに寄り添う

夕陽でいたい

|

« 第344編 ふわ~り | トップページ | 第346編 いつも・・・ »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

seiyaさん
おはようございますsign01

これまで「ココロの詩音」、「ココロの旋律」に出現した
お台場の、ビルの間の・・
サプライズともいえる都会の夕陽も、素晴らしく好きだったけど

この”第345編 静けさの中の温もり”
の大自然の海原に静かに溶け込む夕陽には
大いなる安らぎ(安心)を感じ
大いなる元気と希望をもらい
そして大いなる癒しとなる・・

こんな大いなる夕陽をココロにいつも持っていたい・・

投稿: mtwo | 2010/05/23 07:29

mtwoさん
おはようございます。

ですね。。お台場の夕陽とはまた全然違う雰囲気ですね。
近頃は、ビルの谷間の夕陽より、
こんな自然の静けさが好きです。

いつもココロに持っていたいです(*^.^*)

ちなみに、一枚目はNikon 二枚目はCanonです。

投稿: Seiya | 2010/05/23 12:06

美しいけれど、
夕暮れはどこか物悲しくって・・・
そんなココロに寄り添ってくれる夕日、
暖かい・・・暖かな作品ですね^^

投稿: シリウス | 2010/05/23 16:00

こんにちは。 seiyaさん

海に沈む夕日・・・いつか本物が見てみたいです。

僕の郷は夕日は山に沈むので・・・きっと素敵なんでしょうね。

一枚目の写真の雲の筋 とっても印象的です。

投稿: どんぐり | 2010/05/24 10:54

シリウスさん
ありがとうございます^^
夕暮れは、都会のまんなかでは、
寂しさというより、安堵感のような感じがします。
でも少し田舎の方へ行くと、寂しさまじりの温もりに感じます。
不思議です。

いつかシリウスさんのような、
美しい夕陽を撮りたいと思ってるのですけどね(*v.v)。

投稿: Seiya | 2010/05/24 11:20

どんぐりさん
おはようございます^^
どんぐりさんちの方は、海に沈む夕陽は見れないのですね。。
でも、山に沈む夕陽を、私は見てみたいです。
それはそれで、きっとドラマチックなんでしょうconfident

投稿: Seiya | 2010/05/24 11:23

こんにちは
Seiyaさん^^

海で見る夕日最高ですよね
カモメでしょうか
こうやって自然がたくさんで
日の光が暖かく寄り添ってくれて
1日の疲れで小さくなっていた心は
またここで膨らみ始めるような感じがします^^

投稿: 優月 | 2010/05/24 15:13

Seiyaさん☆こんばんわ~☆

ほんとによく雨降りますよね~
また今日も雨でしたよぅ。
やさしい海の夕景ですね?雲が絵筆で
描いたような優しさですね?
海の夕景って、ほんとに癒されます。
どうしてなのでしょう。毎日山の夕日
しか見てないからでしょうか。
なんか、山と違って海の夕焼けって
未来が広がっていくような気分に
なっちゃうのですよね。
でもでも、夕日ってどこで見ても
癒されちゃいますよね~☆winenight

投稿: オレンジ(^-^)/☆ | 2010/05/24 20:19

優月さん
こんにちわぁ~
田舎の方へ行くと、自然がいっぱいで癒されます。
カモメさんもたくさん飛んでました^^
ホントに、海の夕陽はココロを、
いっぱいに広げてくれる気がしますねconfident

投稿: Seiya | 2010/05/25 14:04

オレンジ(^-^)/☆さん
こんにちわぁ~
ホント、よく降りますね。。

この日の雲は確かに、筆で描いたような動きでした。
山に沈む夕陽は、あまり見たことがないけれど、
やっぱり違うのかなぁ。。見てみたいです。
夕陽はどこで見ても美しいでしょうね(*^.^*)

投稿: Seiya | 2010/05/25 14:07

おぉ~~☆彡 (*^。^*) Seiya さんの夕日ですね~♪
嬉しいです♪

Seiya さん、こんにちは。
静けさの中のぬくもり。 本当に、そうですよね。
私もいつもそう感じながら、夕日に包まれてます。
また、夕日が見たくなりましたよ~

やっぱり! Seiya さんの夕日は優しかったです。

投稿: 月うさぎ | 2010/05/25 17:19

柔らかく雲に包まれながら水面に近づく夕日。
応えるように反射する光のシンフォニー。
何段階にも変化するように感じるのは
鏡のように相手を照らす海だからでしょうか。

Seiyaさんの海と夕日の写真は、
まるで心に詩を運ぶ魔法使い。

なんだかとても海が見たくなりました。
幸運にも、まとまった休みが取れましたので
来月前半に、龍馬に逢いに
のんびりと四国の海でも眺めてきます。

投稿: gen | 2010/05/26 01:34

月うさぎさん
こんにちわ~♪
ありがとうございますぅ(*´v`*)

月うさぎさんの夕陽にはカナイマセンよぉ~(*ノv`)
でも、そんな風に云ってくださる月うさぎさんは、
やっぱり優しい人ですぅshine

投稿: Seiya | 2010/05/26 13:06

genさん
光のシンフォニー・・・確かに海の夕暮れはそんな感じですね。
素晴しい感性ですね~

魔法使いだなんて(*ノv`)
ありがとうございます~

四国の海ですかぁ。。いいなぁ。。
あの辺りは本当に綺麗なんですよね。
私も行きたいなぁ。。
楽しんで来てくださいね。
龍馬さんによろしくお伝えくださぁい(*^.^*)

投稿: Seiya | 2010/05/26 13:11

港の夕日はどこか懐かしい。
波間に揺れる灯を見つめていると
夕餉のかおりを思い出します。

投稿: ray | 2010/05/27 23:46

rayさん
確かに、港の夕日って、懐かしいですね。
故郷の下関にも、似たような風景があったので、
やっぱり懐かしいのかもしれません。
暮らしていた時は、感じなかったのに・・・confident

投稿: Seiya | 2010/05/29 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/34823982

この記事へのトラックバック一覧です: 第345編 静けさの中の温もり:

« 第344編 ふわ~り | トップページ | 第346編 いつも・・・ »