« 第355編 ある夏の日の夕暮れ | トップページ | 第357編 ちっちゃい友達 »

第356編 夏の輝き

The_fireworks_of_edogawa 

あの一瞬の

The_fireworks_of_tokyo_bay_2

輝きのために

The_fireworks_of_tokyo_bay18w

忘れてはいけないこと・・・

毎年誰かが唱えるけど

本当に語り継がれているのだろうか・・・

「国のために」命を駆けて戦った戦士たち

彼が今の日本を見たらどう思うのだろう・・・

本当に

どう思うのだろう

「国のため」?

いいえ「自分のため」

みんな「自分のため」

嘆かわしい

廃れていくこの場所で

どんな未来があるのだろう

光が訪れることがあるのだろうか・・・

|

« 第355編 ある夏の日の夕暮れ | トップページ | 第357編 ちっちゃい友達 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

Seiya さん

おはようございます。note

まだ少し明るい空のシルエットがきれいなのどかな花火・・
暗い空に打ち上げられた花火はあの時の花火のイメージ通りです・・
素敵な花火の写真です。

昨日は終戦記念日、
あの時代の多くの戦没者に”合掌”

あの体験は語り継ぐものではなく
実践するものかもしれない
今日本は日本人はあの戦後のゼロからの復興の
ココロとパワーを忘れてしまった
(神戸震災からの復興ののときも発揮されたが)

国の大変な財政状況を忘れて誰もが”能天気”・・
これを救うのは
一人ひとりのココロの中かもしれないですね

・・”平和”は願うものでなく実践するものだ・・と今朝の
ラジオで誰かが言っていた・・

投稿: mtwo | 2010/08/16 04:51

mtwoさん
おはようございます。
ありがとうございます^^

確かに、「実践するもの」ですね。
でもきっと現代の若者たちにっとは他人事なのでしょうけど・・・

実践しましょうclover

投稿: Seiya | 2010/08/16 06:22

おはようございます。Seiyaさん

あの花火は、無数の御霊の迎え火であり、送り火であるのだと思います。
ただの夏の風物として楽しむこともいいでしょう。
でも、あの時、あの時代のことを想えば、どこか厳かな気持ちにも
させられます。

1枚目の写真、すごくいいですね^^

投稿: 雪天 | 2010/08/16 07:39

ひとり一人がつくっていく明日だから、こゝろに刻んだひかりの華は
きっと、やさしい想いで繋がっていくのだろうと思う。消えることなく。

投稿: ray | 2010/08/16 10:53

小さい頃 風の強い日に花火して 
親に怒られた兄弟3人
今年は家の二階でワイン片手に
いろんな事 思い出しながら ゆっくり
リラックスしながら 江戸川花火観賞でした
日本での「火」はいろんな意味があるね

投稿: tk | 2010/08/16 17:16

8月になると戦争とか魂とか世に流れる。
殊更に・・・悲惨さや憎しみや
犠牲や不本意な命を無くした人やその家族の話。
悪の流れに逆らえずに悪いと知りながら
罪無き人を殺め人間以下の扱いをした鬼のような戦場。
日本が関わった過ちが確かに日本人には身近だが、
あの時を過ぎてもまだまだ世界中で人は人を
殺し傷つけ続けてる。
それも目の前の人を殺す事から、危険の無い
遠くからゲームのように殺している。

「国のために」命を駆けて戦った戦士たち・・。
兵士ではなく、国に駆られて戦士となった男たち。
それは秩序をもった兵隊ではなく
狂った殺人集団、やがて暴徒にも成り下がった。

信じるものや、守るために戦うのは人間の歴史。
いくら正論を言ったとて殺人は殺人。
相手の国を滅ぼす事は、その歴史をも抹殺すること。
敵側の兵士にも家族が有り未来もある。
何が正しくてその未来を、夢を、幸せを奪えるのか。

無くした人や物の大きさに、納まらない怒りや悲しみに
生き残った子孫が唱える鎮魂歌。。。

悲しいココロは何処へ想いを向けたらいい?

呪うは戦を起こした人達。悪しき組織。
怨むはその時代と、秩序を無くした殺人鬼たち。
もしそれが人の、人間としての本能、本性なら
平和を望む人々は嘆きの詩を歌うしかない。
せめて抗うすべも持たずに殺されていった
悲しき時代に生まれてしまった子供たちへの詩を。


終戦の日は戦争によって
もたらされた悲しいココロを知り、
暴力では解決が出来ずに
さらに悲しみが大きくなると
知る事だと思ってます。

投稿: gen | 2010/08/17 00:12

2年前に初めて広島を訪れた時の衝撃・・・
今でも鮮明に覚えています。被爆した方のお話を聞きながら
原爆ドームを見上げました。そこで何かを感じても
今の自分に何ができるのか?ただ忘れないように・・・

昨日クミコさんの『祈り』が放送されてました。
そこで『わたしは広島の人間でもないし、この歌を歌っていても
いいのだろうか』と言っていました。原爆の子の像のモデルと
なった佐々木禎子さんの甥のシンガーソングライターの方が
創った曲をクミコさんが歌っています。その歌を聴いた
被爆された方が涙を流し聴いているのがとても印象的でした。

忘れない事・・・たとえ実際の戦争を経験してなくても
伝えていく・・・歌で多くの人に伝えていく事は素晴らしいです。

確かに今の世の中、悲観する事も多いですが、でも忘れちゃ
いけない事・・・伝えていかなければいけない事・・・
8月15日はそれを確認する日でもあるんだと思います。


一枚目の写真・・・やさしさが伝わってきます

投稿: NOBODY | 2010/08/18 01:28

雪天さん
先日はありがとうでしたconfident

1枚目いいですかぁ?
そういって頂けると嬉しいです。
昨年はビルの上の方から撮ったし、
今年はもっと風情のある花火を撮りたかったんです。
でもなかなか思うように行かなくて・・・

でも今年は、江戸川・東京湾・・
違う雰囲気の場所で、
花火を楽しむ人々の気持ちにも触れたような、
これまでとはちょっと違う花火を楽しめた気がします。
いい想い出になりました(*^.^*)

投稿: Seiya | 2010/08/18 11:21

rayさん
ソラに輝く華のように、
多くの人が、優しい想いで、
未来へ繋がるといいですね・・・
本当にconfident

投稿: Seiya | 2010/08/18 11:23

tkさん
そんなヤンチャな時代があったのですね^^
お家の2階からの観賞ですかぁ~
いいですね(゚0゚)
違う方向から、この花火を観られていたんですね~

私は、東京湾の花火は、
日の出桟橋の辺りで、友人とレジャーシートに座り、
ビールやから揚げ、スナック菓子などで過ごし、
初めて庶民的な花火観賞を楽しみましたょ(*^.^*)

投稿: Seiya | 2010/08/18 11:28

genさん
確かに狂った世の中でしたね。。
でも戦うしかなかった・・・それがあるから、
その後の日本は豊か、平和になった。
あの時は、そのために戦った戦士たちの、
その想いを受取り、繋がっていくべき世の中でなくては・・・と。
それがまたどこかで狂ってしまったんですよね・・世の中・・

悲しいココロを抱いた人々によって作られた平和や豊かさを、
継続させていかなければならないはずなのに、
現代人は、家族や親子、友人間で虐待や殺害を犯すなんて・・
今でも続いてる世界のどこかでの戦争・・
それらとなんら変わりはないですよね、この日本も。

そう、暴力では解決できないことを、知るべきなのですよね。。

投稿: Seiya | 2010/08/18 11:45

NOBODYさん
私は小さい頃、広島へ何度か行きました。
初めて原爆のお話、画像や映像・・・
あまりに悲惨なことに驚き、震えたことが、
今でも記憶に新しいです。

私も聴きましたよ。あの歌。
歌も映像も、いろんなかたちで伝えていくって、
素晴しいですよね。

8/15がいつまでもそんな日であって欲しいですね。

1枚目の写真、そんな風に云って頂いて、
とても嬉しいです。
ありがとうございます(*^.^*)

投稿: Seiya | 2010/08/18 11:55

ご無沙汰しておりますm(_ _)m
どんなに美しい景色でも戦争と重ねると、もの悲しくなりますね。。
時代の流れとはいえ、やはり年々戦争の実感というのは薄れていっている気がします。

現代の人たちが「自分のため」に生きている現実。
それは、悲しいことだと思います。
でも、本当に「自分のため」を考えるなら
自分達の未来のため、自分たちの子供達のために、
戦争の記憶は語り継ぎ、世界に発信しなければいけないと思います。
今も、遠い国で行われている悲劇のために、
そして、これから起こるかもしれない悲劇のためにも。。。


P.S.僕のブログ、こっそり引っ越しました。よかったら覗いてやってくださいm(_ _)m

投稿: いのくま | 2010/08/18 12:05

お久しぶりです♪
お元気ですか?
私は、生活が一変しましたよぉ~~
また、メールさせてね♪

投稿: anna | 2010/08/19 00:55

いのくまさん
お久しぶりにありがとうございます^^

確かに花火だって、観る人のココロによって、
色々な感情があるかもしれませんね。。

「自分にため」にというなら、他人にのために、世の中のために、
そこが大事ですよね。
何事も、全部自分に跳ね返ってくるのだから・・・
そう思います。

お引越しされたんですね。
またお邪魔します~ヽ(´▽`)/

投稿: Seiya | 2010/08/19 10:21

annaさん
お久しぶりです~
波乱な日々ですが、私はなんとか元気です。
生活が一変?
最近は本当に忙しくて、なかなかアクセスできず、
ごめんなさい(;;;´Д`)
メールくださいね~shine

投稿: Seiya | 2010/08/19 10:23

今年も全国の花火大会はどこも満員みたいですね!
なかなかそいった場所での花火撮影は難しいですね。
花火とそれを見ている人人・・・
夏の良い思い出になること間違いなし!

投稿: イザワ | 2010/08/20 03:25

イザワさん
そのようでしたね。
江戸川は、広範囲で観賞をできて、
人混みはなく、和やかな雰囲気でした。
でも、東京湾は予想外に道路の規制がかかって、
観賞できる場所がかなり限られていて、
驚くばかりでした。

でも、やっぱり花火はいいですね。
確かに、いい夏の思い出になりましたconfident

投稿: Seiya | 2010/08/20 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/36178991

この記事へのトラックバック一覧です: 第356編 夏の輝き:

« 第355編 ある夏の日の夕暮れ | トップページ | 第357編 ちっちゃい友達 »