« 第362編 言葉の重さ | トップページ | 第364編 秋のプロローグ »

第363編 夏の終わり

A_wind_bell

長かった夏も最終章を奏でる

Housew01

光も影も

風鈴の音に旋律を合わせる

それは秋の知らせを告げてるように

Housew02

またひとつの夏が遠い夏の記憶へと

運ばれていく

|

« 第362編 言葉の重さ | トップページ | 第364編 秋のプロローグ »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさんnote

おはようございます。
桜の開花を遅らせた異常気象の春先・・
記録破りの“猛暑日連続”に翻弄された夏・・

そんな異常な夏の最終章の写真
風鈴の音が聞こえそうです、
その風鈴の音(旋律)に呼応する柔らかい光と影を
撮えた写真
猛暑で疲れたココロと体を十分に癒してくれます・・

“暑さ寒さも彼岸まで”
先人の知恵や言葉やココロを大事にすることを
忘れないようにしたいですね・・

投稿: mtwo | 2010/09/17 07:32

mtwoさん
こんにちわ。
本当に今年は季節の移り変わりがヘンでしたね。
風鈴はやっぱり夏の風情を感じさせてくれます。

昔ながらの知恵や言葉、
大切にしたいですねconfident

投稿: Seiya | 2010/09/17 16:06

陽射しをさえぎる木蔭にて
爽やかな風のそよぎに吹かれながら
その葉の間からもれる少しだけ柔らかくなった
揺らめく光を見られる喜びを
今年の夏ほど感じたことは有りませぬ。

真上から全ての命を射ぬくような強く激しい光。
まるで風鈴の音とあわせ舞うほんの一瞬の涼風が、
それを救うかのように手を差し伸べる。
やがて誰もがそこを去らねばならぬを知りながら
一時の安らぎに身を任せる。
風と大きな葉陰が狂ったような熱風から守ってくれた。

激しく高く、夏という強い旋律の激情から
夏の終わりを奏でる、優しい光放つ
夕日の波のような最終章の弦楽器の調べに辿り着いた。
なぜか今は、秋よ・・そなたが待ち遠しい。

投稿: gen | 2010/09/18 02:37

Seiyaさん☆こんばんわ~(・∀・)/☆

なんか、
一気に秋らしくなっちゃいましたよね~?
でも、日中は暑いのですけれど、
以前のように35度以上の猛暑日が
なくなっちゃったので本とに楽ですよね。
夏の終わり、雰囲気のある素晴らしい
お写真ですよね。
風鈴で思い出しましたけれど、季節はずれの
風鈴て、ほんとに物悲しいですよね~?
晩夏の風鈴もなおさらです。
どうしてなのでしょう、金属音だから
でしょうか?同じ金属音でもお寺の鐘の音は
ゴーン~ですけれど、、、あっごめんなさい
やっぱり物悲しいですよね?
う~ん、やっぱり金属音て物悲しいの
でしょうか?♪winenight

投稿: オレンジ(^-^)/☆ | 2010/09/18 21:41

genさん
今日もまた、風情のある言葉ですね。
毎年、この時期になると、
夏の終わりに切なさを感じるのですが、
今年の酷暑に、秋が待ち遠しい感じですね。

でも夏の風景をたくさんストックに残したまま、
秋になってちょっと残念な気分でもありますconfident

投稿: Seiya | 2010/09/18 23:11

オレンジ(^-^)/☆ さん
こんばんわ~
ありがとうございます。

風鈴ってホントに不思議ですね。
秋に移り変わる毎に物悲しさが増すのは、
やはり夏の想い出が遠ざかる象徴のような存在だからでしょうか・・・

金属音って、ちょっと重いとういうか、
確かに物悲しさの効果音にぴったりなのかもしれませんねconfident

投稿: Seiya | 2010/09/18 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/36773473

この記事へのトラックバック一覧です: 第363編 夏の終わり:

« 第362編 言葉の重さ | トップページ | 第364編 秋のプロローグ »