« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

第365編 愛

A_sandy_beacha01w_4

人は人生のどこかで

Pair_of_lovers_whowatch_seaa01w_2

生きる意味を知り

Peaple_to_see_setting_suna02w_3

愛する意味を

Peaple_to_see_setting_sunb01w

知る

The_shore_of_theduska01w_3


| | コメント (10) | トラックバック (0)

第364編 秋のプロローグ

The_setting_suna1w

秋色の風が吹く

Cosmoso2w

でも時々夏日和り

秋の音

Ohtori_autumn_festival001w

秋の匂い

Peaple_to_see_setting_suna01w

物語はもう始まりました

続きを読む "第364編 秋のプロローグ"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

第363編 夏の終わり

A_wind_bell

長かった夏も最終章を奏でる

Housew01

光も影も

風鈴の音に旋律を合わせる

それは秋の知らせを告げてるように

Housew02

またひとつの夏が遠い夏の記憶へと

運ばれていく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第362編 言葉の重さ

A_forest_after_rain01w_3

たった一言が
誰かのココロに光を注ぐことがある

たった一言が
誰かのココロを傷つけることがある

Stpaurocatholicchurch01w_2

たった一言
余計だったことで
距離を作ってしまうことがある

たった一言
足りなかったことで
想いが伝わらないことがある

Stpaurocatholicchurch02w_2

言葉は残酷で
言葉は愛なのです

続きを読む "第362編 言葉の重さ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第361編 汚れ

Mariaa1lwjpg_2

ねえマリアさま

誠実であろうすればするほど

何故誰かに傷つけられるのでしょう

力を尽くそうとすればするほど

何故理不尽な場面に遭うのでしょう

ただ必死で生きようとしてるだけなのに

世の中には不誠実なものがのさばり

不公平な立場に置かれ

血を流さなければならないのでしょう

それならば最初から

存在しなければよかったのに

それなのにどうしてまだ

生きていかなければならないのでしょう

|

第360編 美しい記憶

Bridei0s

記憶の中にいるような幸せ

Bridei0w

記憶の中にいるような時間

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »