« 第361編 汚れ | トップページ | 第363編 夏の終わり »

第362編 言葉の重さ

A_forest_after_rain01w_3

たった一言が
誰かのココロに光を注ぐことがある

たった一言が
誰かのココロを傷つけることがある

Stpaurocatholicchurch01w_2

たった一言
余計だったことで
距離を作ってしまうことがある

たった一言
足りなかったことで
想いが伝わらないことがある

Stpaurocatholicchurch02w_2

言葉は残酷で
言葉は愛なのです

Glass04w
ショッププログでは
ブライダルフォトグラファーとしての
日記を綴っています

http://blog.ateliersecilia.shop-pro.jp/

|

« 第361編 汚れ | トップページ | 第363編 夏の終わり »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん

おはようございます。

“言葉の重さ”
考えて見ると、これまで“一言“が人を傷つけたことがある、
今でも鮮明に思い出す・・
大いに反省しその後そんなことのないよう
一言一言に気をつけたいと思っている、
しかし、馴れすぎてくるとそんなことが何処か飛んでしまう・・
人と接するときは常に“一期一会“の気持ちでありたいものです。

仏教には“照顧脚下”という言葉がある、文字通り
常に振り返って自分を見つめ足元をしっかり見なさいということです、
一言一言を大事にですね・・

投稿: mtwo | 2010/09/13 04:17

mtwoさん
おはようございます~
誰にでもあることですよね。
自分が傷つけられることも、自分が傷つけてしまうこともある。
常に自分を振り返ることも忘れてはいけないことですよね。

世の中には、軽々しく、そして傷つけたことに気づかない人も、
最近は多いような気もしますけど、
自分がそうならないように、気をつけたいと思います。

聖書では、
「右の頬を打たれたら左の頬を出せ」と記されていますが、
そこまで寛大になるのはやっぱり難しいです^^;

投稿: Seiya | 2010/09/13 11:28

こんにちは、Seiyaさん
ブログを始めるようになって、
そして、そこで人との交流ができるようになって
余計に「言葉」に敏感になったような気がします。
言葉を「選ぶ」のではなくて、いつも言葉に心を寄せていられる
ようになりたいですね。

投稿: 雪天 | 2010/09/14 10:24

雪天さん
こんにちわ~
そうですよね。
言葉を綴ってるととても敏感になります。

「言葉に心を寄せる」
素敵な表現ですね^^
確かに雪天さんの言葉には、そんな情緒を感じますconfident

投稿: Seiya | 2010/09/15 13:32

いつの頃からか、話したり
人と親しくするのが下手になった気がする。

知り合い程度の人との日常会話は以外と雄弁で
よほどウマが合わない人に邪魔をされれば、牙もトゲも出すが
そんなに我慢出来ない事が無ければ結構「楽しい人」で居られる。

人と親しく交わる事をしない人生が長かったからか、
いつのまにか人と話すより人の言葉を話さない生き物や
命無きカタワレに存在する物と、独り言の言葉遊びを繰り返している。
それはそれで勝手に自分の好きな世界を創っているのだから
何かしら楽しかったり、自分の居場所は見つけられたりする。

人に想いが伝わらないジレンマも
もともと親しくない人とのどうしようもない距離感にも
自分を殺して合わせなければならない苦しみからも
親しくならないという防御をする事でだんだんに悩まなくなった。
人の存在が気に食わなくて、イヤになる事は多くても、
傷つけたり傷つけられたりの深い悲しみからは解放された。

「それで寂しく無いのか」と聞かれれば・・・
そりゃ~ちょっとは虚しいですが、
自然も宇宙も、花や雲や水の流れや
降る雪の感情や波の囁きにさえ
言葉以上の感性が有りますよ・・・なんて
悔しいから自信有り気に言って見たりする。

投稿: gen | 2010/09/16 02:52

genさん
よくわかります。
私も似たようなところがあります。
子供の頃は本当に内気だったし、
そんな自分が嫌で、そこから抜け出したのに、
無神経な人の言葉に傷つけられるようなことが増えて。
あまり人と接しないようになってしまったり、その繰り返し。
でも仕事上、たくさんの人との接触しなければならず、
ココロはどんどん濁っていきました。

「きみは言葉を作る職業の人だから、言葉に敏感なんだ」って、
初めて言われた時に、ハッとして、
真っ向から「言葉」を受け止め過ぎてしまってるのか・・
それからはできる限り人を言葉を流すようにもなりました。
でもやっぱり・・・本当にストレスの日々・・・
山篭りしたいなぁとか、修道院に入りたいなぁとか、
真剣に考えたこともね^^;
ココロの病にも侵されたし、人生経験積んでも、
そこは変われない気がします。
「孤独」が幸せに思うこともあります。

でも今は、美しい自然の中では、
ココロの洗濯ができるし、
空も山も、花も川も、雨や雪も
みんな楽しい話し相手です。
ファインダーを通してもいろんな発見があるし、
その中では、傷つくことなんてない別世界。
言葉以上の・・・ですよね^^


投稿: Seiya | 2010/09/16 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/36699322

この記事へのトラックバック一覧です: 第362編 言葉の重さ:

« 第361編 汚れ | トップページ | 第363編 夏の終わり »