« 第366編 秋祭り | トップページ | 第368編 モノクロの路地 »

第367編 変わっていくもの

A_town_to_look_at_from_the_skyc4w

いつからか

この街が複雑に何かと絡み合ってみえるようになった

The_dusk_of_the_town

あの時の想いを取り戻せたらいいな・・・

|

« 第366編 秋祭り | トップページ | 第368編 モノクロの路地 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

Seiya さん

おはようございますnote

いろんなものが複雑に絡み合い
先が見えにくくなってきた
そんなとき取り戻したいもの大事にしたいもの
それは
人を思い遣るココロ(それを“愛”といいたい)
を繋ぐことだと思うのです。

投稿: mtwo | 2010/10/14 05:03

自我の目覚めとともに生まれた巣から離れようと
何となく都会の華やかさや夢にあこがれ
がんじがらめの地元の住人の面倒くささにイヤになり
知らない所で新しい自分の可能性を見つけたい・・。
そんな青春時代に見えていた都会の風景は
いつの間にかそこで生きる事が目的となり
やがてきらめき放つ都会の姿は
捉えどころのない虚空間になってゆく。
あこがれは幻に・・華やぎは喧騒に・・。

重ねた都会の風景に廃墟の姿が
夕陽に浮かぶ街には暖かさより無機質。
まるで無人を感じさせる淀む重さの一面を見ます。
音が無い写真には実際の感じ方と逆も有るのかも・・。

やがて夕暮れ近づき夕焼けに星が見え
街に灯りが現れると、冷たいはずの明りに温もりが・・。
人は巨大化した都会の大きさよりも
安心できる小さな巣にこそ自分の居場所を求めるのかも。

人と人との語らい・・生き物とのふれあい
繋ぐってコトはココロを温めることかも知れない。

投稿: gen | 2010/10/14 11:00

mtwoさん
こんにちわ。

ここには、ココロ、愛が必要なんですね。
いつか取り戻せるでしょうか・・・

投稿: Seiya | 2010/10/14 13:42

genさん
多くの人が一度は憧れを抱く街なのに、
不思議ですね。

やっぱり人は、人と繋がっているべきなんですね。
それに気づけたことは幸せかも。
だから、今度はそれを温め、大事にできたら、
また変われるって、信じていたいですねconfident

投稿: Seiya | 2010/10/14 13:49

複雑な世の中で、複雑に物事を考えてしまって
余計に自分自身をがんじがらめにしているような気がします
もっと素直に想えていた頃へ戻りたいですね

投稿: 雪天 | 2010/10/15 11:48

雪天さん
確かにそういつことってありますね。
もっと自分を解放して素直になれたら、
その方が楽だって分かっていても・・・ですね(^-^;

投稿: Seiya | 2010/10/16 23:17

seiyaさん☆こんばんはぁ~(・∀・)/☆

とても素敵な幻想的なお写真ですね~。
最初のお写真は、どのようになって
いるのですか?斬新な作品になって
いますねぇ?
都心の夕暮れも素敵で癒されちゃいます。
田舎の夕暮れにないものがいっぱい
つまっていますね。
いよいよ、平地でも紅葉が始まりましたね?
楽しみでもありますけれど、切ない季節に
なってまいります♪cherry

投稿: オレンジ(^-^)/☆ | 2010/10/17 13:09

オレンジ(^-^)/☆ さん
こんばんわ~
ありがとうございます^^

1枚目は、「多重露出」で撮ってるんです。
Nikonに搭載されている機能です。
Canonにはないのですが・・・
風景はよくNikonで撮って、こんな多重露出にしたりします。

紅葉の季節ですね~
オレンジさんの素敵な紅葉も楽しみにしていますconfident

投稿: Seiya | 2010/10/17 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/37223803

この記事へのトラックバック一覧です: 第367編 変わっていくもの:

« 第366編 秋祭り | トップページ | 第368編 モノクロの路地 »