« 第375編 秋の風景画 | トップページ | 第377編 街の灯り »

第376編 葉っぱのココロ

Dead_leaf_that_flutters_in_the_sky0
冷たい風が時折
ココロをすり抜ける

Uenoparkb01w
ふいに
枯れ葉の優しい香りが
ココロを撫でていく
それは少しお日さまにも似た香り

Rikugienluc01w
闇の中でも
それを感じる瞬間が
少しでもあれば••いい••かな

|

« 第375編 秋の風景画 | トップページ | 第377編 街の灯り »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん

こんばんわnight

“桜の葉っぱ”

会社の窓の外に
一本の桜の木がある
自然が芽吹くころ
この桜の木にも葉っぱが広がてくる
そして3月から4月にかけて
この桜の木も華やかに一杯の花をつける
そして花は半月ほどの短い命を閉じて行く
桜の葉っぱは
そのあと葉桜の時期を経てずーっと桜の木に留まっている
夏を過ぎて秋には
モミジにも勝るとも劣らない真っ赤な色に染まる
そして一葉一葉散っていく
今窓の外の桜の木には
1枚目の写真のように2,3枚の茶色の葉っぱが残っている
芽吹いてから約10ヶ月役目を終えて散っていく
桜の木には華やかな花のために
それを10ヶ月にもわたって支える葉っぱの存在がある
葉っぱのような人生も味わいがあるかもしれない

投稿: mtwo | 2010/12/11 00:03

昔の話ですが、牧草を天日に干して
冬のための保存にしていました。
それはそれはたくさんのお日様にあたって
とても素敵な香りがします。
お日様のにおい・・・お布団や洗濯物
乾草や枯葉のにおい・・・懐かしくて
切なくて、大切な想い出のにおい。
昔のようにお日様のにおいに包まれて
ゆっくり眠りに落ちたいな~。

投稿: gen | 2010/12/11 01:19

mtwoさん
葉っぱはただ枯れていくだけではなく、
次の季節にまた花を咲かせるため、
実を実らせるために、土に帰り、
養分となって、命を芽生えさせる。
そんな役割を持っているのですよね。
舞台にたとえたら裏方の役割みたいな•••
自然の神秘、生命の力、すごいなぁって思います。

投稿: Seiya | 2010/12/11 02:14

genさん
ホントに、お日さまの匂いって、癒されますよねヽ(´▽`)/
天日干しや、お布団、洗濯物•••
みんなお日さまの匂いで、幸せが溢れてたような気がします。
懐かしさ、愛情。。。あぁ懐かしいなぁ〜
お日さまの匂いに包まれて、ゆら〜り眠りたいですねconfident

投稿: Seiya | 2010/12/11 02:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/38021932

この記事へのトラックバック一覧です: 第376編 葉っぱのココロ:

« 第375編 秋の風景画 | トップページ | 第377編 街の灯り »