« 第391編 故郷 | トップページ | 第393編 ふるさと物語 第1章 城下町 »

第392編 故郷物語

Evening_of_town01w

気づけば10年も帰っていなかった故郷

久しぶりのその場所は

いろんなことを気づかせてくれた

大切な時間になりました

故郷を愛せなかった私に

語りかけてくれる風景がそこにはありました

新たな想いをたくさん胸に抱えて戻ってきました

その想いを暫く綴ってみたいと思います


|

« 第391編 故郷 | トップページ | 第393編 ふるさと物語 第1章 城下町 »

想い」カテゴリの記事

コメント

久し振りの故郷かあー色々有ったんだね
なかなか帰れないものだよ 僕は帰りたいけど
帰れない 良い事有ると思うんだけど なかなかね
小さい頃の路を 通学の路を 悪をした場所
サッカーに夢中になったグラウンド 帰って見たい
君は何を確認しに行ったんだー聞いて見たい
話したい 楽しみに

投稿: tk | 2011/05/08 17:36

Seiyaさん

こんばんわ☆

「故郷」=「ココロ」=「原点」

今日(5月8日)夕刻NHKテレビで
“ハマナスの咲くふるさとに戻りたい”という岩手県三陸の
津波で被災した小さな漁村の人たちのことを取り上げた内容だった
2キロにわたってハマナスが咲く綺麗な海岸を持つワカメ養殖を主とした
200戸足らずの小さな漁村で住民の繋がりは大変強いものだった
その漁村が津波で壊滅状態、助かった住民たちは
避難先へ移りばらばらになってしまった
そんなばらばらになった住民たちを尋ね歩き,
瓦礫の中から力強く芽を出したハマナスを見つけ
ハマナスの咲くあのきれいなふるさとを取り戻し戻ろうと活動する、
村にあった旅館の女将さんの話でした、

ふるさとはココロであり原点であると思いました

Seiyaさんの“ふるさと”綴りを楽しみにしています、

投稿: mtwo | 2011/05/08 23:54

tkさん
なかなか帰れなくなりますよね。。
懐かしい風景が変わらずにありました。
それを懐かしいと思えるようになったことは、
よかったと思いました。
いろんなことありましたからぁ〜(*v.v)。
tkさんも帰れるといいですね。

投稿: Seiya | 2011/05/09 02:16

mtwoさん
故郷を失うというのは、
計り知れない哀しみがあるのでしょうね。

私にとって故郷は、決して戻りたい場所ではありません。
原点も、違う場所であって欲しかったとさえ思います。
今でも、昔のことを思い出すと悲しくなる場所でもあります。

ただ目に写る風景だけは、
優しく語りかけてくれるようになりました。

港の朝日
城下町
海岸•漁港の夕陽
昭和の香り漂う町etc...
お楽しみに〜

投稿: Seiya | 2011/05/09 02:31

あらぁ~!帰省したのね♪
続きを愉しみにしているわ
メールしちゃおうかなぁ~~

投稿: temmi | 2011/05/09 05:16

temmi さん
そうなのですぅ〜(*^.^*)
楽しみにしててヽ(´▽`)/
メールもくださいな〜

投稿: Seiya | 2011/05/09 09:42

故郷の思い出は楽しいものだけとは
言えないかもしれません。
悲しい事も、寂しい事も
心の扉と同じ数だけ有ります。

風景と同じように、故郷には
過去の時間を重ねた人が居ます。
人は離れても思い出は残っています。

思い出に蓋をしても
自分や同じ時間を過ごした人の
過去は無くならないのかもしれません。

でも、時を経て、人は成長します。
過去の拘りを忘れもします。

時間が解決するなんて思えません・・・
乗り越えたなんて決して言えませんが、
その時から後のの自分の時間も
やっぱり自分で歩いた時間だと思います。

過去の風景が何かを語りかけてくれたなら
歩いた分だけの自分が有ったのかな・・・なんて、
単純な俺は思ってしまいます。

故郷の街の夕暮れのシルエット、
なぜか思い出を映す影のように
少し寂しさを感じました。

でもSeiyaさんの写す夕陽はいつも温かいです。

投稿: gen | 2011/05/11 01:42

こんにちは
Seiyaさん

故郷...
どんなときも抱きしめてくれる
大きな心だって思ってます
でも私にはもうありません
だからその場所に足を運ぶことが出来ないままなんです
苦しくなるのをわかっているから
避けてしまうんです^^;
帰る場所があるっていいなって
本当に思ってしまいます
友達の話を聞いていても羨ましくて
ある日その話を思い出してはボーっとした日を過ごしたり^^;

Seiyaさん綴ってくれる言葉を
楽しみにしてます^^

投稿: 優月 | 2011/05/11 11:37

genさん
こんにちわ。
確かに想い出というのは消さないものですよね。。
せめて、時間とともに、
悲しい記憶が違うものに変化してくれたら、
素敵なのですけど。。

写真は私にたくさんのことを教えてくれています。
ファインダーを通して、
ココロの故郷は変わりました。

「温かい」嬉しいお言葉をありがとうございます(*^.^*)


投稿: Seiya | 2011/05/11 14:15

優月さん
こんにちわ。
優月さんにとっての故郷も、
そうなのですね。。
私も今までずっと避けてきました。
でも、10年の時を経て、今回は違っていました。
だから、優月さんにとってもいつか、
その故郷が違うものに変わってくれたらいいですね。

下関は、日本海、瀬戸内海のふたつの海、
歴史を語る城下町、
古きよき昭和の名残りを残した町並み。。。いろんな表情があります。
またいらしてくださいねconfident

投稿: Seiya | 2011/05/11 14:21

10年前の自分が、どんな気持ちで今のこの景色を見ていたのか・・・
振り返ってみて今の気持ちと何が変わったのか・・・
10年って長かった?それともあっという間でしたか
きっと景色も少し変わっていると思いますが、
やっぱり自分のココロがそれ以上に成長したんだと
思います。成長ですよ・・・。

投稿: NOBODY | 2011/05/11 18:44

NOBADYさん
ですね。。成長なのでしょうね(*ノv`)
10年前は、「こんな錆びれた町・・」と思いました。
今は、ただ懐かしいと、感じます。
癒されます。
不思議ですね。。
短かったような。。長かったような。。
やっぱり、あっという間だったでしょうか。。ヾ(´ε`*)ゝ

投稿: Seiya | 2011/05/12 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/39904272

この記事へのトラックバック一覧です: 第392編 故郷物語:

« 第391編 故郷 | トップページ | 第393編 ふるさと物語 第1章 城下町 »