« 第393編 ふるさと物語 第1章 城下町 | トップページ | 第395編 ふるさと物語 第3章 端っこの夕暮れ »

第394編 ふるさと物語 第2章 先帝祭

Akama_shinto_shrinen01w
お祭りの前夜
闇に浮かぶ赤間神宮

源平壇ノ浦の戦いで滅びた平家一門を偲ぶ
歴史絵巻を繰り広げる豪華絢爛なお祭り

Senteisaic01w
町中を歩く上臈道中

Senteisaia01w
赤間神宮での上臈参拝
ここで八文字を踏む 

このメインイベントが始まろうとしたその瞬間
心配されたお天気だったけど
お日様が覗き込んだ
奇跡のようだった

Senteisaib01w

そして
01w
武者行列
レンズを向けるとなぜか照れくさそうな武士たち

The_genji_and_heikes_ship_battle01w
関門海峡では源平合戦
ただ手を振るだけだけど。。。
巌流島では武蔵と小次郎の戦いなども行われる

同時に至る所で行われるそれぞれの行事に
どれをみる?今どこに行けば?
とプログラム片手に大忙し

安徳天皇の命日から始まったこのお祭りは
歴史情緒溢れる大イベントになった

まだ続きあるけん↓

Backstage_of_the_genji_and_heike_s_
前日漁港の夕陽をみたくて訪れた伊崎町の古びた漁港には
源平合戦の準備が行われていた

思いがけず舞台裏をみることになった

そして
翌日の地元の新聞には
お祭りの様子が描かれる

その記事の中には小さく。。
私がカメラを構えている姿があった。。。(*´ェ`*)

Newspaperw

|

« 第393編 ふるさと物語 第1章 城下町 | トップページ | 第395編 ふるさと物語 第3章 端っこの夕暮れ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

良いところですね~
とても素敵なお写真ばかりで、良い帰省になったのではないでしょうか。
私は、古里といっても都内なので・・・
都内の場合は少し足を運んでないと、
随分変わってしまうこともあり、変化の激しさに
驚かされます^^

投稿: イザワ | 2011/05/16 03:19

イザワさん
ありがとうございます〜
このお祭りをもう一度みたかったんです。
そして、以前とは違い、
こんないい場所が、風景があったんだぁって、
シャッターを押し続けていました。

都内だと、そうですよね。
変わり続けていきますよね。
それはそれで素敵なことかもしれないですねconfident

投稿: Seiya | 2011/05/16 11:28

Seiyaさん

お祭りはいい天気でよかったですね、
かわいい花魁さんで、豪華絢爛です、
関門海峡での“源平合戦”の再現は
海を絡めたお祭りってあんまり見る機会が無かったので
新鮮なお祭り風景に見えます。

前夜のライトアップされた“赤間神宮”
素敵名写真です、
かすかにここは記憶にあります

Seiyaさんの写真撮影は
事前のシナリオがしっかりできていて
いわゆる“段取り“よく進むんですね・・

なんにつけても段取りが大事ですね・・

第3章、第4章・・・も待ってるきに・・

投稿: | 2011/05/16 12:56

Seiyaさん
前のコメント記名忘れました(2度目です)

投稿: mtwo | 2011/05/16 13:44

mtwoさん
お天気よくなりました。
確かに、あまり見かけないお祭りの様子かもしれませんね。
下関ならではの、歴史を感じるものです。

源平合戦は爆笑でした。
いつかの観光案内には「再現」と表現してあったのに、
手を振るだけ。。。(´ρ`)ぽか~ん
確かにこんな荒波の海峡では危険ですけど。。。ね。

今になって初めて見る場面、
改めて、気づかされること、
とても楽しめました( ´艸`)

段取りですか。。
確かにストーリーを感じながら撮っています。
でも今回は運転手の妹のおかげ。。?なところもあります。
ライトアップの赤間神宮は、妹が「綺麗だよ」って案内してくれたんです。
前夜の静まり返ったこの神宮は初めて見て、
なるほどぉっ~て。。この流れになりました。

投稿: Seiya | 2011/05/16 13:46

こんにちは
Seiyaさん

もしかして
地元の新聞に撮られたSeiyaさんの姿は
4枚目の写真を撮っていた時のものでしょうか^^
お祭りはお天気に恵まれてよかったですね
プログラム片手に
何処に行ったらいいのと思う気持ちわかります
いい写真を撮りたいと思えば思うほど
シャッターチャンスを逃しちゃいけないと焦りますよね
そして自分の中にもそっかりと残したいですよね
赤間神宮の夜のライトアップ綺麗ですね
暗闇の中 ずっしりと強さを感じます

投稿: 優月 | 2011/05/16 15:26

mtwoさん
大丈夫ですよ〜
mtwoさんのコメントだって分かりますからぁ(*^m^)

投稿: Seiya | 2011/05/16 22:29

優月さん
こんばんわ〜
アングル的にそうかもしれませんね(*^.^*)
本当に慌ただしくて、すべてのプログラムを観るのは、
絶対不可能でした。

赤間神宮のライトアップ、初めて見たんですよ。
下関もだいぶ観光客が増えて、
色々ガンバッてるんだぁって、気がしましたょ(*´v゚*)ゞ

投稿: Seiya | 2011/05/16 22:32

歴史を大事にするお祭り、
地元でとても大切にしてるってわかります。
煌びやかな中にちょっとだけ
歴史の瞬間と現代が交錯していく感じが、
あるいは千年以上も前の風が
目の前を通り過ぎていったみたいな・・・
写真を見ていてもそんな気がします。

そうですか・・新聞の写真に
写っていたのですか。
小さくて判りませんがベージュさんかな?
楽しいハプニングでしたね。
妹さんに送られてですか・・
ほんとに帰って良かったですね~。

投稿: gen | 2011/05/18 02:16

genさん
歴史の瞬間と現代が交錯していく。。
そんな感じかもしれません。
普段は人影少ない町が、
観光客でいっぱいになります。

新聞は。。ベージュさんです(*ノv`)
小さいですけど〜
家族が大騒ぎしてて、
記念にって、コンビニでもう一部買って渡されました(*^.^*)

投稿: Seiya | 2011/05/18 10:15

お久しぶりです。
故郷の記事と写真、懐かしく見させていただきました。
私は、もう4年は帰ってないですが、向こうで仕事がたくさんあるなら
帰ってもいいかなと思いますが・・・
撮りたい海風景は故郷近郊の海岸にあるような気がしてなりませぬ。

投稿: kazephoto | 2011/05/19 12:55

kazephotoさん
お久しぶりです(゚▽゚*)
kazephotoさんの故郷もこの辺りなんですねヽ(´▽`)/

確かに、仕事があれば。。ですよね。
私はここで人生を終わりたくないと思って上京しました。
ここではやっぱり暮らせません。

海は色々撮りましたょ。
これからまだまだ故郷の海をご紹介します。
火の山からの関門海峡、下関漁港、竹崎渡船場、
綾羅木、彦島、長門。。。etc
一番美しいと云われてる角島や湯谷は、
黄砂のせいで、残念な風景となりましたけど(ノд・。)

続きも是非見てくださいね(*^.^*)

投稿: Seiya | 2011/05/19 14:29

こんばんは^^Seiyaさん
いい帰省になったようですね。
歴史ある街、ひとびとの暮らし。いろいろな事が伝わってきます。
このふるさとがあるからこそ、今のSeiyaさんがあるのだろうなぁって思います。

投稿: 雪天 | 2011/05/20 01:05

雪天さん
こんばんわ〜
久しぶりで、今までとは違う新鮮な感じでした。

この故郷があるから。。。?なのでしょうか。。
あまりに久しぶりで、こんな風景があったんだぁって、
今更感動したり。。懐かしかったり、
刺激的でした(*^.^*)

投稿: Seiya | 2011/05/20 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/40004027

この記事へのトラックバック一覧です: 第394編 ふるさと物語 第2章 先帝祭:

« 第393編 ふるさと物語 第1章 城下町 | トップページ | 第395編 ふるさと物語 第3章 端っこの夕暮れ »