« 第395編 ふるさと物語 第3章 端っこの夕暮れ | トップページ | 第397編 ふるさと物語 第5章 港の朝 »

第396編 ふるさと物語 第4章 ノスタルジック

Dsc_0226w
今でもこんな街灯が存在する

Dsc_0230w
あの頃毎日歩いた道
友達と遊んだ場所を辿ってみた

Dsc_0536w
こんなに小さい道だったけ?
ふとそんな風に感じる
足がだるくなって祖父におんぶをせがんだりしたっけ。。

Dsc_0249w
母校の神田小学校は自宅から3分のところだった

Dsc_0563w
山手町は高台にあるから
路地の向こうに夕陽が見えたりした

Dsc_0255w
今ではいろんな場所が映画のロケーションに使われている
妹の話だと
実家そばの空き地に
ある日突然こんな背の低い得体のしれないものが建てられていたという
この手前の。。実は映画のために作られたとか。。。。

Dsc_0594w
そして。。実家
手前のお家が旧実家
向こうに屋根だけ見えるのが新実家
庭だったところに私が小学生の頃父が家を建てた
思えば。。そこから父の転落人生が始まった気がする

Dsc_0581w

草ぼぉぼぉ。。

Dsc_0595w
この辺りでは結構立派な方だった

Dsc_0597w
2階のお部屋からは見えていた
そう。。夕陽が。。
見えていたのだ

(墓地も見えてしまうのですけど。。)

左前方も少し見渡せる
あの頃は当たり前の風景
今となっては
とてもいい風景なのだった

今度帰ったら絶対見たかった風景なのだ

もうちょっとあるっちゃ↓

ちなみに
下関がロケ地になった映画は

出口のない海
出演:市川海老蔵他

四日間の奇跡
出演:吉岡秀隆 石田ゆりこ他
秘話:映画のために建てられた「いつもの場所」の教会は
今トイレになっているらしい

チルソクの夏
出演:上野樹里他

カーテンコール
出演:伊藤歩 藤井隆他

風の外側
監督:奥田瑛二
出演:佐々木崇 江原啓之 綾戸智恵 夏木マリ他

長州ファイブ
出演:松田龍平 山下徹大 原田大二郎 泉谷しげる他

ヘレンケラーを知っていますか
出演:小林綾子他

|

« 第395編 ふるさと物語 第3章 端っこの夕暮れ | トップページ | 第397編 ふるさと物語 第5章 港の朝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん

この風景こそ“ふるさと”ですね

観光地化した風景よりも
盛大なお祭り風景よりも

しばらく離れていたふるさとで
まだそのままを残したこんな風景の中で
ご家族とゆっくり過ごされた時間は
一番の“ふるさと”だったんではないでしょうか?

投稿: mtwo | 2011/05/31 04:49

mtwoさん
そうですね。
’ふるさと’ですね。

実家ではちょっとしか過ごさなかったんですよね。。(゚ー゚;
今度帰ったら、この町をもっと散策してみたいなぁと思いますconfident

投稿: Seiya | 2011/05/31 12:54

こんにちは~Seiyaさん^^
なんか幼いころのSeiyaさんに出会えたような気がします。
起伏のある細い路地を友達と一緒に駆け回っている姿が目に見えるようです。
僕が育ったのは東京のど真ん中、ビルに囲まれた街でした。
いまではすっかり変貌して、当時を偲ばせるものはほとんど残っていません。
だから「ふるさと」がそのままに残っているのがうらやましいです^^

投稿: 雪天 | 2011/05/31 18:57

こんばんは
Seiyaさん^^

幼い頃 ここを歩いて 走っていたんですね
あの頃大きく見えてたものは
今みたら小さく
「あれ?こんなだったっけ?」
なんて思いながら懐かしんでいたんでしょうね^^
小学校まで3分!
これは絶対お得(*^^*)
忘れ物したって取りに行けちゃう♪
この距離は魅力です
故郷という言葉にぴったりな
故郷ですね

投稿: 優月 | 2011/05/31 19:12

雪天さん
こんばんわ〜
はい、駆け回って遊んでました( ´艸`)
いつまでも変わらない。。つばらない。。って、
今までは思ってました。
でも、変わらないって、素敵なことなのかなぁって、
今は思いますconfident

投稿: Seiya | 2011/06/01 01:43

優月さん
こんばんわ〜
そうなんですぅ〜
今歩くと、こんな小さな道だったんだって、
そう思う事が、楽しかったり、不思議だったりします;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
今更ながら。。です。

小学校は窓から見えてましたぁ。
運動場から自宅が見えてましたぁ。。
それって、やっぱりラッキーなことなんですねヽ(´▽`)/

投稿: Seiya | 2011/06/01 01:47

故郷の風景ですね~。
そこには誰のものでもない
自分の時間と思い出が詰まってますよね。

楽しいことも悲しいことも
この地面に染み込んでいるのでしょうね。

とても大切なSeiyaさんの思い出に
たっぷり触れさせていただきました。

私の故郷は、もう誰も住んでない家と
若い頃の、やはり家がちょっぴり転落したのを何とかしようと
夢を捨てて頑張った汗の染み込んだ大地が残ってます。
すぐに帰れる場所ですが、今ではそれも思い出です。

ちょっぴり悲しくて、切なくて、
それでも自分を育ててくれた
たった一つの故郷。
空間や、風景や、時間や匂い・・。
木が大地に根を張るように
人もそこから生まれたような気がします。

投稿: gen | 2011/06/01 03:29

genさん
自分の時間と想い出。。。詰まってますね。

苦しいことの方が多かったかもしれません。
だからずっと、寄りつかなかったりしもしました。
夢を捨てきれずに、離れて、
ちょっとだけ家族を助けたりできたことも、あったかもしれません。
今はお互いに助け合ってる家族ですけど。。。

みんな想い出になるんですね。
風景に染み込んでいくから、
優しさや温もりになっていくのかなぁ。。。

自然と同じように、人間も、
大地から生まれ、生かされているのですよねconfident

投稿: Seiya | 2011/06/01 11:57

Seiyaさん、こんばんは。
下関ですか~
いい所でしょうね。 一度、訪れてみたい県なんです。

Seiyaさんの育ってきた古里は、穏やかな風に包まれた
優しい場所ですね。
子供のころの思い出、良いことも嫌なこともすべてを包み込んで
いつでもここに帰っておいで。て、言ってるように感じました。

投稿: 月うさぎ | 2011/06/04 21:32

月うさぎさん
こんばんわ〜
そうなんです。下関です。
是非、訪れてみてください(´▽`)

今となっては、「穏やか」ですね(^-^;
レトロさが素敵に見えるこの頃でなのです(*^.^*)

投稿: Seiya | 2011/06/04 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/40197989

この記事へのトラックバック一覧です: 第396編 ふるさと物語 第4章 ノスタルジック:

« 第395編 ふるさと物語 第3章 端っこの夕暮れ | トップページ | 第397編 ふるさと物語 第5章 港の朝 »