« 第396編 ふるさと物語 第4章 ノスタルジック | トップページ | 第398編 ふるさと物語 第6章 眼下に眺める景色 »

第397編 ふるさと物語 第5章 港の朝

Morning_sun_of_shimonoseki_porta01w
下関港の夜明けには
釣り人が集まる
何が獲れるのか訪ねてみたら
「たこ」
滅多に獲れることのない下関だこは有名なのだそう

Morning_sun_of_shimonoseki_porta02w
この辺りの朝日が好きだった
やっぱりこの日も
黄砂のせいで少しぼんやり

Morning_sun_of_shimonoseki_porta03w
船員だった父のせいか
船が好きだった
父は漁船ではなかったけど

Morning_of_shimonoseki_portb01w
倉庫街の空気や匂いも。。

Morning_of_shimonoseki_portb02w_2
以前ならこの中にも入る事ができたのに。。。
こっそり忍び込もうとしたけど
見つかってしまった。。ぁぁ。。bleah

Morning_sun_of_shimonoseki_portc01w
向こうに見えるのは九州
そして関門橋
気づいたらここまで歩いてきていた

Morning_sun_of_shimonoseki_portc03w
結構長い距離なのだ

Morning_of_shimonoseki_porta01w
そして往復してしまった

|

« 第396編 ふるさと物語 第4章 ノスタルジック | トップページ | 第398編 ふるさと物語 第6章 眼下に眺める景色 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん

いいところやねェ~

静かな下関港に昇ってくる朝陽
黄砂がフィルターになって却って安らぎを与えてくれます。
倉庫街の風景はサスペンスドラマのロケ地のよう・・
誰にも邪魔されなく昇る朝陽を眺めていたくなるでしょうね・・

関門橋の向こうに小倉の門司港が見える・・
以前毎月小倉に行っていた頃を思い出します。

いいところやねェ~

投稿: mtwo | 2011/06/07 23:20

mtwoさん
ええところやろ〜ヾ(´ε`*)ゝ

この辺りの朝日は本当にいいんです。
もう一度見れてよかったと思いました。

門司港の写真もお楽しみに〜confident

投稿: Seiya | 2011/06/08 01:14

この海を初めて渡ったのは
四半世紀以上も前のこと。
「西海・雲仙」という夜行列車に揺られ
九州への初旅行の時でした。
その電車はガラガラで、
車両には何人も居なかったように思います。
岡山か広島あたりだったか、
車掌さんが寝ていた私を起こしに来て、
割れてる窓ガラスを指して気が付きましたか?って。
見ると二重のガラス窓の外側に
放射線状の大きなひび割れた傷が・・。
車掌は、ガラスが一枚だったら大怪我してましたよって。
岩国とか山口か下関か、ホームで警察「公安?」が
外から写真を撮ってたので、にっこり笑ってあげたら、
すかさず日よけのカーテンを降ろされました。
たばこの箱を横に当てて写真撮ってました。

小倉を過ぎてからか、また車掌が席に来て
「トンネル付近で男が電車に投石して、
犯人を逮捕しました・・て」

そんな記憶が残る下関、小倉あたりでした。
その旅で博多はどんたくの終った頃行きました。
長崎、平戸、焼き物や阿蘇、桜島。。
一カ月の間、グルっと九州を回りました。

何年か前にふたたび仕事で博多に行き、
関サバと本場のラーメンをを食べさせていただきました。
情けない話しですが、ちょっと感動。。

山口県は萩と秋芳洞、秋吉台、津和野あたりへは
歩けるうちに行かなきゃと思います。
鳥取も、島根もぐるり周りまする。

その時には是非この景色にも出逢うて参ろうと思いまする。
呑兵衛の想い出噺で長くなりました。
たいそう失礼仕ったでござる。

投稿: gen | 2011/06/08 01:49

genさん
そんな想い出があるのですねヽ(´▽`)/

長い列車の旅って素敵です。
のんびり景色を楽しみ、
駅弁を食べて、お酒を飲んで。。。(*´v゚*)ゞ
失礼だなんて、お話くださって嬉しいです。

山口を旅する時は、是非下関も立ち寄ってください。
下関港を通り唐戸で海の幸を。そして長府で歴史を楽しみ、
長門の角島で、美しい海を眺める。。そんなコースがおススメです〜
早く叶うといいですねconfident

投稿: Seiya | 2011/06/08 13:04

早朝から港を歩くって
気持ちいいんでしょうね
朝陽を見ながら海を見ながら
潮の香りを感じて心がス~ッと軽くなるような。。。^^
下関だこが有名なんですか
滅多獲れないなら貴重ですよね
倉庫街の空気にもワクワクしたんでしょうね
1歩1歩進みながら
懐かしさでいっぱいだったと思います
本当に温かな場所ですね^^


投稿: 優月 | 2011/06/09 16:30

こんばんは^^Seiyaさん

20歳のころ、ある特別な想いを胸に東京から電車に乗って
この関門海峡を渡り(正確にはトンネルをくぐり)、北九州へ行きました。
僕の人生にとって今でもその影を引きずっている出来事です。
Seiyaさんの写真を観て、こんなにも美しい海峡だったのかと驚きました。

投稿: 雪天 | 2011/06/09 23:32

優月さん
港の朝日を見ながらの散策は、
とっても気持ちいいですょヽ(´▽`)/

たこのことは初めて知りました。
有名だってことは、後から妹に聞いたんですけどね(^-^

倉庫街も、その朝の空気に触れながら、
いろんなことを思い出していました。
海が見える場所はやっぱりいいものです(*^.^*)

投稿: Seiya | 2011/06/10 01:25

雪天さん
こんばんわ〜
そんなことがあったのですね。。
そこにはどんな想いがあったのでしょうか。。。

その時は、どんな風景に写っていたのでしょう。。
今、綺麗な海峡であることを知って頂いて、
よかったですconfident

投稿: Seiya | 2011/06/10 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/40299545

この記事へのトラックバック一覧です: 第397編 ふるさと物語 第5章 港の朝:

« 第396編 ふるさと物語 第4章 ノスタルジック | トップページ | 第398編 ふるさと物語 第6章 眼下に眺める景色 »