« 第400編 ふるさと物語 第8章 お花畑 | トップページ | 第402編 ふるさと物語 第10章レトロ »

第401編 ふるさと物語 第9章 おなかいっぱい

Karatomarket01w
唐戸市場
今では観光スポット

Karatomarket03w
新鮮な魚介をこの場で
イタダキマス〜

Karatomarket04w

Karatomarket06w

Karatomarket05w

Karatomarket08w
デカイ。。。

ウニも下関の自慢です
フグだけではありません
東京の高級寿司屋より100倍美味しい
新鮮で甘みと深みがあり
ほっぺたはおっこちます


↓まだようけあるっちゃ〜 (訳:まだたくさんあるよ)


Fugusashi01w
妹が行きつけのちゃんこ鍋屋さんで
フグはとても好きというわけではないけど
家族から「とにかく食っとけ」と言われまして。。。

それよりもっと美味しいものが下関にはあります
Kawarasoba01w
一度食べたら一生忘れません
〈瓦そば〉
あつあつの瓦の上にのっています

Sazae01w
どこに行っても海の幸があります
サザエさんも絶品です

Mothers_homemade_dish01w
母の手料理もイタダキマス
熊本生まれの母は〈だご汁〉を作ります
食卓にはいつも食べきれないほどのお刺身が並びます

Takoyaki01
老舗のお好み焼きさんでいつもたこ焼きを食べます
焼きそばとセットも
西の方では辛しマヨネーズでイタダキマス
あるお店では「たこ」ではなく
「フグ」が入った〈ふぐ焼き〉〈ふぐ白子焼き〉もあります
見た目はたこ焼きです
ふぐ白子焼きはお口の中でトロぉ〜ってします

Cafebridge03_11
海を眺めながら
懐かしの鉄板スパゲティ

Cafebridge04

Cafebridge02w
店内もあの頃のままでした

ご馳走さまでしたdelicious

どれが食べてみたい?


|

« 第400編 ふるさと物語 第8章 お花畑 | トップページ | 第402編 ふるさと物語 第10章レトロ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これはまた美味しそうなものばかり^^
選ぶにしても悩みます
う~ん
どれがいいかな。。。
この新鮮なお寿司
東京の高級お寿司屋さんより100倍おいしいのって
写真みたらわかります
ゴックンしちゃいました~
ふぐに瓦そば
この瓦そばってどんな味なんでしょうか^^
焼きそばとは違いますよね
このたこ焼き
ふぐの白子焼きのトロ~リって
今すぐ感じてみたい(*^^*)
Seiyaさん私の口に1つ。。。
あ~ん しちゃいます
でもやっぱりママの味は最高ですよね
家族で手料理囲みながら家族団らん
1番の幸せな時間ですね^^

投稿: 優月 | 2011/06/25 14:26

優月さん
私もどれが一番?って聞かれたら、悩みます(^-^;
でも無理矢理ふたつ選んだら、
やっぱり、ウニと瓦そば。。かなぁ。。

瓦そばは、焼きそばにも似ています。
これを特製のおつゆにつけて食べるのです。
おそばは軽く焼いているし、瓦の上で少しかりかりになって、
香ばしくなります。
本当に、美味しくて、これ食べたことある人は誰でも、
感動したと云われますよヽ(´▽`)/
番組でも何度か紹介された、知る人ぞ知る下関の名産です。
お土産用にも販売されているけど、
やっぱり老舗の、その場で食べるお味とはやっぱり違うのですょぉ〜

あぁ、本当にご馳走したいですぅ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
母のだご汁もね(*´v゚*)ゞ

投稿: Seiya | 2011/06/25 23:30

酒と美味しい食べ物が
とっても大好きなオイラには目の毒ですネ。

「名物はその地へ行って食べろ」
我が人生で得た、いくつ目かの悟りです。

美味しい物はその土地の空気や食文化の
歴史や調和から生まれる気がします。
料理、お酒、飾り付け、景色、そして人柄・・。

旅の中で出会った美味しい経験が、
自分の地元では同じ感動を生まない・・。
それは空気や歴史というスパイスが
少しだけ加わっていないからかな~
なんて、思った事が有りました。
しかも、それを食べるために遠くまで行ったり
とても頑張ったりしてるのですから
もう、食べる前から「ワクワク」ですよね。

下関の「美味しん坊」シリーズ。
こりゃ~参ったチャンですね。。。
絶対に食べに行かなきゃheart
「瓦そば」は是非ですね。
・・んで下関の地酒を浴びながら
サザエさんと、フグさん、
イクラちゃんとタラ鍋、ワカメ、カツオも少々。

あらま・・マンガの世界へ行っちゃいそうですが、
夢をいうなら、いつか山口の空気を吸いながら
Seiyaさんの。心地良~く響く語りを
音楽のように聞きながら頂きたいです。

投稿: gen | 2011/06/27 01:06

Seiyaさん

おはようございます。

美味しいものがそれも新鮮なものが一杯・・
“どれが食べたい?”て
まず、市場に並んだお寿司それもウニが一杯乗った・・
次は瓦そば(昔小倉の人に連れられて食べたのをおもいだしました)
   ふぐの白子焼、ちゃんこ屋さんのふぐの薄造り・・
鉄板スパゲッティ―も食べてみたい

唐戸市場はフレンドリーな市場なんですね
あの独特なふぐのセリが行われる市場ですか?

一杯食べられましたね
お母さんの“たこ汁“が一番ふるさとの味だったんではないですか?

投稿: mtwo | 2011/06/27 04:25

genさん
美味しいものは、その土地の空気や歴史のスパイスが加わるから、
美味しいのですねヽ(´▽`)/
そうかもしれません。
だからgenさんは旅に出るのですね(^^)
いつかご案内できたらいいなぁって、思います〜

サザエさんもそうだけど、
やっぱり安いっていうのが、魅力ですね。
ちなみに極上のウニ&イクラ丼は800円です〜
市場の近くにある定食屋さんみたいなお店は、
フグ丼が、もっと安かったです(*ノv`)

投稿: Seiya | 2011/06/27 09:29

mtwoさん
おはようございます〜
やはり、ウニですかぁ〜
瓦そばは召し上がったことがあるんですね。
鉄板スパゲティは、なにもここでって、思ったりしますが、
でもこれ本当に美味しくて、
妹がオーダーしたミートソースの方が、もっと美味しかったので、
交換してもらいました(^^)

フグのせりが行われる有名な市場は、
残念ながらここではないのです。。。

ちなみに、母のは〈たこ汁〉ではなく、
〈だご汁〉でございます(^-^;
はい、ふるさとの味でしたdelicious

投稿: Seiya | 2011/06/27 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/40542357

この記事へのトラックバック一覧です: 第401編 ふるさと物語 第9章 おなかいっぱい:

« 第400編 ふるさと物語 第8章 お花畑 | トップページ | 第402編 ふるさと物語 第10章レトロ »