« 第401編 ふるさと物語 第9章 おなかいっぱい | トップページ | 第403編 ふるさと物語 第11章 長閑 »

第402編 ふるさと物語 第10章レトロ

Mojikoustation01w
九州の玄関〈門司港駅〉
今でも大正ロマンを残す駅

Ferryboat_placea01w
その小さな町に人力車が走り
様々な施設やショップが軒を連ねる
MOJIKO RETRO INFORMATION

踏切を撮っていたら
突然列車が。。。
Retrotrin01w

Railroad_crossing01w
思いがけず楽しい瞬間

Retoroportan01w
ノスタルジックにレタッチしてみました

Splash_bridgen01w

そしてここでも美味が。。。

Banana_juice_shop01w
バナナジュース屋さんのおじさん
お顔がバナナsign02

Banana_soft_ice_cream01w
バナナのアイスクリーム屋さんは妹のお気に入り

Bananaman01w
バナナマンに抱きつくほどに。。

Retrobeer01wd
私のお気に入りはやっぱりこれ
濃くとほんのり甘さがある絶品ビールでございます

M01w
This photograph by the my sister.

From_the_shipb01w
帰りもシーバスで
波が荒い海峡では
片手が離せませ〜んhappy02

From_the_shipa01w
本州と九州の距離はこれくらいです
右手に見えますのが九州
左手に見えますのが本州でございま〜す

そして夜の関門橋をわざわざ渡ってしまったのでした
Bridge_of_night01w

この門司港でもっとじっくり時間をかけて
建物の中など散策するべきだったと少し後悔を残した
でも結果的にすべてこれでよかったとは思う
本来ならばこの日はひとりで長崎に足を延ばす予定だった
急遽家族と話しをして最後の時間を過ごした
そして想い出の海岸へと
最後の最後にココロにずっと刻まれていた風景に再会できた
そろそろこのふるさと物語は最終章に近づいています
おつきあいくださってるみなさん
ありがとうconfident

|

« 第401編 ふるさと物語 第9章 おなかいっぱい | トップページ | 第403編 ふるさと物語 第11章 長閑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん

こんにちわnote

海を渡った先の九州・門司港は下関の優しい風景と
違った雰囲気です、門司港駅を中心に“レトロ”で売り出し中なんですね・・
以前仕事で小倉市内には毎月行っていたんですが、門司港に
足を踏み入れることはありませんでした、残念!
こんなレトロ感覚がいっぱいだったんだ・・
門司には製鉄会社(住友金属)もありましたよね・・
港あり、製鉄所ありが下関と違った雰囲気を作っているんでしょうか?

一枚目の駅
三枚目の機関車
四枚目の何とものどかな信号機
レトロ感覚でいいですね・・

妹さんのバナナソフトを食べてシアワセそうな表情が印象的・・
雰囲気がおねえさん(Seiyaさん)そっくり・・

門司港の地ビールも美味しそう・・

激流の関門海峡・・
関門橋の夜景・・

小倉の風景とダブらせながら堪能させてもらいました・・
ありがとうチャ・・


投稿: mtwo | 2011/06/28 13:02

mtwoさん
こんにちわ。
門司港がこんな風になって、観光客が集まるようになったのは、
そんなに永い歴史ではないかと思います。
下関とは雰囲気が違いますね。

ビールは最高に美味しかったですよ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
感動の味です。

妹とそっくりなんて云われたのは生まれて初めてです(゚ー゚;

楽しんで,頂けたなら、嬉しいです〜

投稿: Seiya | 2011/06/28 16:42

古き歴史を大切にしながら
ちょっぴり現代のエッセンスを加える。
まるで大正ロマンそのものですね。
文明開化が終わり、それでも残った日本文化は
その後百年以上経っても愛され続けている。
まさにそこに日本の原点が有りそうな気がします。

未曽有の災害と悲しみに揺れて
多くを失い、残されたものの中から、今、小さいけれど
また明日へと繋がる思いが芽生えています。
くじけないで、けっして「へこたれない」で行きましょう。

ずっとずっと先に、Seiyaさんのような人が居て
今の私たちが残した大切なものをこんな風に伝えてくれる、
気持ちを伝えたくてカメラを構えてる姿があると思います。

レトロな色を残す駅。
まるで20歳の頃に大の親友がひょっこりと現れて
一夜限りで北海道に帰るのを見送った
あの駅の景色を思い出します。
送った後には車の運転が出来ないくらい涙が滲みました。
誰にもある、想い出の駅の姿です。

潮風号に跳ね橋。妹さんと久しぶりのSeiyaさん。
明るい日差しと菜の花と、笑顔がとっても素敵です。
もちろんビールは最高にステキheart04

「ココロにずっと刻まれていた風景に再会できた」なんて
「見させてもらっている私」も、故郷を旅してるような
懐かしい気分にさせていただいてとても幸せ、感謝でございます。

投稿: gen | 2011/06/29 03:32

genさん
ありがとうございます(*^.^*)

いつの時代も、大切なものは受け継がれていくのですね。
カメラってやっぱり凄いですね。

旅、人との出逢い、関わり、
想い出、それらもまた、色褪せて欲しくない、
大切なものですね。

あのソフトクリームも、ビールも絶品でしたよ〜
私たちが美味しい美味しいって騒いでいたら、
通りすがりの人々が次々に買ってました( ´艸`)

最終章までどうぞおつきあいくださいねthink

投稿: Seiya | 2011/06/29 18:26

こんばんは^^Seiyaさん

バナナマンの全身像が気になります(笑

妹さん、いい笑顔ですね。
お姉さんと思い出の地を訪ね歩くのがとても嬉しかったのでしょうね^^
カメラを構えるSeiyaさんのお姿、かっこいいです!

投稿: 雪天 | 2011/07/02 00:45

雪天さん

ふるさと物語はサイドバーにあるようなアルバムに仕上げます。
その時に、バナナマンの全身写真載せますね(^-^;

姉妹はふざけたポーズを取り合うのが好きです。
この後、下関に戻り、水族館前のイルカ像で、
私は「イルカに乗ったおばさん」ポーズで撮ってもらいました(;゚∇゚)/

投稿: Seiya | 2011/07/02 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/40578676

この記事へのトラックバック一覧です: 第402編 ふるさと物語 第10章レトロ:

« 第401編 ふるさと物語 第9章 おなかいっぱい | トップページ | 第403編 ふるさと物語 第11章 長閑 »