« 第407編 路地 | トップページ | 第409編 紫色のお花畑 »

第408編 ゆるりな時間

Cafe01w
彼女はこのカフェで毎日過ごす時間がある

Kiseru01w
この雰囲気に溶け込みながら
拘りのキセルを吸う

Kiseru03w
そして
ゆっくりゆっくり時間をかけて注がれるコーヒーの雫に
たわいもない会話が同じリズムで重なっていく

Cafe06w
そのうちに
日常とは違う時間の流れに揺られていることにふと気づく

こんなゆるり〜な時間があるから
彼女はおおらかな人なのかもしれない
勿論それだけではないでしょうけど。。。

Teruterubouzu01w
偶然にも行ってみたかったそのお店は
彼女の行きつけのお店だった

Teruterubouzu02w
やっぱり〈昭和〉な感じが好き

ご縁というのはあらゆるところから繋がっていくのだろう
〈生い立ち〉〈興味〉〈仕事〉〈暮らす街〉

Teruterubouzu03w_9
お母さんの味に故郷を感じる
そこから昔の何かを懐かしむ
ひとつの味から人は様々な想いを馳せるかもしれない


たとえば。。都心に住む私にも行きつけのお店がある
でもそこはオーナーシェフとの会話が楽しかったりするだけ

下町ではそこに集うすべての人たちとの交わりを楽しめる
気がついたら自然にそこに交じりわっていたりする
素敵なことだなぁって思った

生まれ育った場所や仕事で繋がったご縁
選んで暮らし始めた街は
ただの偶然とは思えない
人生の中でいろんな出逢いがあるね

私はずっと自分の生い立ちや性格に大きなコンプレックスを抱いてきた
それはその後の人生の中で
更なる試練になることもある
でもそれは思いがけず幸運なこともある

いつも幸せ探しをしながら生きていたいね


|

« 第407編 路地 | トップページ | 第409編 紫色のお花畑 »

お散歩」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん

おはようございます。note

浅草には
昭和戦後初期のこんなゆったりした時間が流れているんですね、
そしてお店ではお客どおしの会話が弾む・・・
そんな雰囲気がSeiyaさんの撮らえた写真でより増幅して伝わってきます。

その浅草で素晴らしい出逢いがあったんですね・・
詩人の相田みつおは“そのときの出会いが人生を根底から変えることがある”
と言ってます、
出逢いを大切に!

投稿: mtwo | 2011/07/21 06:31

mtwoさん
こんにちわ〜
いい時間でした。
いつも忙しさやストレスにカリカリした生活から抜け出し、
こんな時間を過ごせたらいいなと思いました。

すべての出逢いが必ずしも、いい出逢いとは限りませんけど。。
これまでにはいろ〜んなことがありましたし゚゚(´O`)°゚
それも試練なのでしょうね。。

でも、浅草にいると、気持ちが落ち着くのは不思議ですconfident

投稿: Seiya | 2011/07/21 15:08

自分が好む時間の中で、人は癒され元気になって自分らしさを取り戻せる気がします。そして、そんな時間の中に自分の居場所や人との繋がりがあって、肩の力を抜いてあるがままの不器用な自分をさらけ出せるのが理想のような感じがします。

浅草には、「人」ではなく、「人間」(人‐間(あいだ))として、洗練された「人付き合い」ではなく、もっと泥臭い「人間」としての関わりが多く残っていると思います。

若かりし頃に華やかな都会に憧れ、その憧れの東京で色々なものを手にしてきましたが、満たされない何かに目をつぶったまま過ごしてきました。
そんな私が、だんだん惹かれていったのが浅草でした。
その後、浅草に暮らし始め、今まで手にしてきた形あるものが色あせて見えるようになったのです。
今も生活を通して、浅草は色々なことを教えてくれていますよ。

浅草、本当に大好きです。

投稿: nako | 2011/07/22 01:51

nakoさん
コメント頂き、感激です(*´v`*)

肩の力を抜いてあるがままの不器用な自分をさらけ出せる、
そんな環境が望ましいですよね。

nakoさんと同じように、私も、華やかな都会に憧れたけど、
次第に下町に惹かれていく経緯は、同じかもしれませんね。

私の母は、ずっと浅草に憧れていたようです。
上京してから、母を呼んで浅草を案内できたことは、
よかったなぁって、思いました。
私が浅草で暮らし、もう一度母を案内できたら、
もっと喜んでくれるかなって、想像してしまいました。

出身地も同じ、
いろんな共通点があるnakoさんとの出逢いに、
今はとても感動しています(*^.^*)

投稿: Seiya | 2011/07/22 02:34

出会い、そして、その後の大切さ・・・
本当に大切ですね。

特に独立してからは、色々な方に助けられ、
どにか、やってこられています。

ネットの時代とは言いますが、やはり会って、一緒の時間を
過ごす大切さは、必要ですね。

投稿: イザワ | 2011/07/23 02:09

こんばんは^^Seiyaさん
幸せ探しの下手な僕は、
いろいろなご縁をだいなしにしてきているような気がします。

ゆるりと時間が流れる喫茶店。
人びとの笑顔であふれる居酒屋。
いいですね^^

投稿: 雪天 | 2011/07/23 22:49

イザワさん
ネットの時代、どんな時代になっても。
人と人の触れ合いはとても大事ですね。
人のと繋がりに支えられていることも忘れてはいけませんね。

こんな時代になったからこそ、
それを強く感じますねconfident

投稿: Seiya | 2011/07/24 01:50

雪天さん
こんばんわ(^^)
出逢いの中にはなくてもいいものも、時にはあると思うのです。
いい出逢いを見極めることも必要ですよね。
それがご縁というものですよね。

下町に流れる時間は本当に人に優しい気がしますょconfident


投稿: Seiya | 2011/07/24 01:55

Seiyaさん☆こんばんはぁ~(・∀・)/☆

毎日、暑いですねぇ?台風の影響で
しばらく過ごしやすい日々が続いて
いましたけれど、台風一過日々暑くなって
きていますよ。
Seiyaさんは、お変わりないですか?
夏バテなんかされていませんか?
毎年ですけれど、わたしは、やっぱり
数キロ夏バテ痩せしちゃいます。
Seiyaさん、どうぞお身体ごじあいくださいね。
レトロな素敵な雰囲気のお写真ですね?
え~?キセルですか~?
お店の雰囲気に合わせているのでしょうか?
でも、カフェだったのですねぇ?
お酒は、置いてないのでしょうか?
彼女はマスターと恋バナでもしているの
でしょうか?
自然大好きな私とは別世界のようで
あこがれちゃいます☆winenight

投稿: オレンジ(^-^)/☆ | 2011/07/24 20:59

オレンジさん
こんばんわ(´▽`)
また暑さが戻りますね。
私はちょっとバテぎみです。
やっぱり夏は痩せますよね〜

このお店には、キセルのセットがあって、
彼女はそれで吸うようになったとか。。?
本格派のコーヒーだけのようです。
一杯一杯、時間をかけてゆっくりゆっくり入れるんです。
恋バナ?はどうかなぁ。。(^-^;

オレンジさんもご自愛くださいね〜

投稿: Seiya | 2011/07/24 23:32

人には自分にとても合う居場所や
ゆっくりと過ごせる空間が必要ですよね。

なかなか一生「此処だな」なんて思える処は見つからなくて
しかたなくずっと旅してるような気がします。

いろんな人生を歩いて来た人達が
ふと出逢った時間を共有して
大切な思いを語り合えたり
共鳴しある空間を持つこと出来たら素敵ですね。

でもこの「ココロの旋律」の部屋がいつの頃からか、
大切なその空間になっているのも事実で
とても感謝しているのでございます。
想い出の多さは人間の厚み・・・。
こんなお店に溶け込める素敵な人に
いつかなりたいと思うので有ります。

ちなみになぜか「銀のキセル」だけは所持しております。

投稿: gen | 2011/07/25 02:26

genさん
自分に合う場所、居心地がいい場所って、
誰にでもきっとあるのだと思います。
そして、人との出逢も。

genさんが、ここをそんな風に思ってくださってること、
とても嬉しく思います゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
こちらこそ、感謝です。


人との関わりというのは、
本音を云ってしまうと、
深くはならない方が、心地いいなって感じることはありますけど(^-^;
でもね、こういうお店って、誰でも溶け込めてしまうんだと思いますょ。
人間性は関係ないと思いまする。
それを心地いいと感じるか、感じないかの違いだけだと思います。

素敵なgenさん、銀のキセル、似合いそうですね(*^.^*)


投稿: Seiya | 2011/07/26 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/40895326

この記事へのトラックバック一覧です: 第408編 ゆるりな時間:

« 第407編 路地 | トップページ | 第409編 紫色のお花畑 »