« 第415編 長崎物語 第5章 長崎のはしっこ | トップページ | 第415編 長崎物語 第7章 ドア越しの静けさ »

第415編 長崎物語 第6章 止まった時間

Window001
時はどんどん進んでいくけれど

私の想いは

まだここで止まったまま•••

冬がくるまで
長崎の旅は終わるつもりでいたのに
気づいたらもうクリスマスも近づいていました

早く最終章に辿り着かなきゃ。。。

Breakfast001w
朝食は
朝日が差し込む窓辺の席を
迷わず選ぶ

ゆっくりと今日の計画をたてながら
その時間も楽しむ

Nagasakiharbor001
そういえばここは
長崎空港からバスで市内へ向かい
ホテルの手前で降りて
最初に足を止めた場所

陽射しが眩しかった

旅先で一度はその地の味を楽しむ
Nagasakichanpon001
さだまさしさん行きつけの中華料理屋さん

旅に出る少し前に偶然知ったから
やっぱり足は向いてしまった
海鮮のおだしにクリーミーさがインパクトを加え
まろやかで濃厚な
決してしつこくない調和のとれたお味でございました

|

« 第415編 長崎物語 第5章 長崎のはしっこ | トップページ | 第415編 長崎物語 第7章 ドア越しの静けさ »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん

Good morning ♪

喧騒の東京を離れ
忙しい仕事を離れ

長崎の地で
ゆったりした時間を過ごされたことが
十分に伝わってくる写真達です・・
朝日を浴びた窓際のコーヒーカップがいいですね

それに
さだまさし御用達のちゃんぽんの
記述は美味しさが目の前にあるようです・・

投稿: mtwo | 2011/11/29 04:59

mtwo さん
こんにちわ~
忙しさに取り紛れ、気づいた随分更新していませんでした(゚0゚)

この現実とは違い、長崎時間はゆったりでしたね。。
ホテルのレストランはとても素敵でした。

ちゃんぽんのお味は、伝わりました?(*´v゚*)ゞ

投稿: Seiya | 2011/11/29 12:11

こんにちは^^Seiyaさん

なんかわかったような事を言うようですが…
特にはじめの2枚、すごく黒がいいですね
深いその黒が、木洩れ陽の白をやさしく包んでいるような、
そんな気がします。

更新はマイペースでね^^

投稿: 雪天 | 2011/11/30 17:52

雪天さん
こんばんわ〜
そうなんです〜ヽ(´▽`)/
私もそんな風に感じたんです。
このふたつの相乗効果ってありますよね(*^.^*)

マイペースなこの頃です(*´v゚*)ゞ

投稿: Seiya | 2011/12/01 01:08

窓際の明かりは柔らかくて
ちょっとだけ安らぎと希望を運んで来ますね。

そういえば朝食はどの席を選ぶダロ…?
出来れば、なるべく人と離れた席に…。
でも、やっぱり窓際の窓の外が見える席が好きかな…。

若い頃の旅では皿うどんもチャンポンも
高級で食べられなかったなぁ~。
とても極貧旅行だったけど、すごく楽しかった。

今週の初めに、蔵の街並みを見ながら
喜多方ラーメンの食べ歩きに行きました。
「おなかのおおきなオジサマ」が
若い頃のカタキ取ろうとしましたが
二杯とラーメン館の試食で諦めましたとさ。

投稿: gen | 2011/12/03 03:01

genさん
窓際の雰囲気が好きです。
そして、人から離れた席がいいですよね(^-^;

私は最近の方が貧乏旅行になりました^^;
ちゃんぽんくらいは食べるけどぉ。
昔はひとりでもちょっとだけ高級なホテルに泊まり、
バーで夜景を見ながら・・・
あ、そういえば、昔長崎に訪れた時もそうでしたぁ。
贅沢が好きでした。

今は、そんなことより、ささやかな楽しさを見つけることが好きです。
窓から差し込む陽射しにも、
安らぎや希望を感じることができる。。
大人になったのかなぁ~(*ノv`)

genさん、ラーメンは2杯が精いっぱいでしょぉ(^-^;
食べ過ぎには気をつけてくださいね~

投稿: Seiya | 2011/12/03 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/43183498

この記事へのトラックバック一覧です: 第415編 長崎物語 第6章 止まった時間:

« 第415編 長崎物語 第5章 長崎のはしっこ | トップページ | 第415編 長崎物語 第7章 ドア越しの静けさ »