« 第415編 長崎物語 第6章 止まった時間 | トップページ | 第415編 長崎物語 第8章 最終章 古き良き時代 »

第415編 長崎物語 第7章 ドア越しの静けさ

Urakamitensyudoua001
浦上天主堂へようやく辿り着いたら
お休みだった

でもドアのガラス越しから覗き込めば
誰もいない静まりかえったお御堂が見える

むしろこの方がいい
どうせ中では撮影禁止なのだから。。

Urakamitensyudoua002
ブルーが静けさを物語る

Urakamitensyudoub002_10
午後の陽射しが
ステンドグラスをすり抜け
光を描写している

それだけで十分な時間だった


|

« 第415編 長崎物語 第6章 止まった時間 | トップページ | 第415編 長崎物語 第8章 最終章 古き良き時代 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。Seiyaさん^^
ブルー…とても厳かな、そして冷たさを感じさせない
良い色が出ていますね。
(最近、色に敏感な雪天です)
キリスト像の足元にあるのは、もしかしてお御堂を
覗きこんで撮影するSeiyaさんの影でしょうか?

投稿: 雪天 | 2011/12/03 07:02

Seiyaさん

12月になって突然の“冬”ですね・・

お休みの浦上天主堂の
ドア越しに見る
イエスさまとステンドグラスを
捕らえた写真は素敵です・・


“外部からの透過光で見るステンドグラス”は
いきいきとしています・・

『午後の陽射しが
ステンドグラスをすり抜け
光を描写している』
感動のコピーです。

投稿: mtwo | 2011/12/03 08:43

雪天さん
おはようございます~^^
不思議なブルーでしたょ。
そういえば、前回も「黒」に反応されてましたね(*^m^)

イエスさまの足元、確かに影がありますね(;゚∇゚)
あれはまさに私です^^;
もうひとりいらした女性の影もありますぅ~
この後、カメラを持った人たちが数人訪れて、
みんな同じ行動でしたね(*^.^*)

投稿: Seiya | 2011/12/03 11:10

mtwoさん
本当に。。すっかり冬ですね。。

誰もいないお御堂って、
なんともいえない空気が流れるんですよね~

午後の陽射しが・・・
お褒め頂き、ありがとうございます^^;
とても嬉しいですconfident

投稿: Seiya | 2011/12/03 11:14

一枚目の長椅子の銀色と正面の蒼色。
二枚目のガラスのドア越しに我と対峙する
藍色のイエス像と空に浮かぶマリアの姿。
三枚目のステンドグラスに切り取られた
碧き光の海中のような光の揺らぎ・・・。

誰一人居ない静寂の空間に佇む
時空を超えた厳かな祈りの世界。

静かなればこそ深くココロに
永遠の時代を超えればこその熱き想いに
その姿は真実の愛を伝える・・・。

窓越しに想い伝える優しき人々にも
未来も過去も同時に失えし
悲しき彷徨いし魂にも
手を伸ばせども触れること叶わぬ
万物の魂を愛でし、遠き救いの神よ
今こそその願いを受け止め答えよ。

飲めば神にもからむ、変態で・・・。
綺麗な青で、言葉は勝手に宇宙へ行きました。

投稿: gen | 2011/12/04 02:22

genさん
素晴らしい言葉をありがとうございます。
静寂の碧き情景が神秘の宇宙へとシンクロしました。
素敵です゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

投稿: Seiya | 2011/12/04 12:59

まさしく、光の描写というにふさわしいお写真ですね。
こういった光景を捉えられた時は、嬉しくなります。

投稿: イザワ | 2011/12/04 22:43

イザワさん
ありがとうございます。
ステンドグラスから陽射しが差し込む光景は、
どこの教会も本当に綺麗だと感じます。

特にブルーが特徴のこの大浦天主堂は、
まるで演出しているかのようでしたconfident

投稿: Seiya | 2011/12/05 01:19

Seiyaさん、こんばんは。
長崎物語、あらためて見させていただきました♪
坂の多い町は、風情があっていいですね。
坂を上りながら振り返ると、海が見えるんですよね。
浦上天主堂の中は、こんな感じだったのか・・・と
あらためて感動しています。
綺麗なブルーに包まれたイエスキリストの像は、とても神秘的です。
ステンドグラスからの光りも綺麗だったのでしょうね~♪
私もまた、行きたくなってきました。

投稿: 月うさぎ | 2011/12/05 23:38

月うさぎさん
本当に本当に、長崎は素敵な街ですね。
未だ整理しきれない写真を見ながら、
気持ちはまだあの場所に留まっている感じです。

坂をあがると海が見える場所。。
オランダ坂をぐる~っと周って、路面電車の終着駅を横切り、
住宅街をくぐり、ちょうど、大浦天主堂のそばの、
小さな祈念坂をてっぺんまで上がっていくと、青空を背景に海は見えました。
素晴らしい構図でした。
そこでしょうか。。?
そんな場所はほかにもいくつかあるかもしれませんね。

その写真は、出しそびれました^^;
最終章にでもアップしようかなぁ~

浦上天主堂は、窓から漏れる明りだけだから、
こんなブルーな雰囲気だったのでしょうね。
普段の照明で人々が出入りしている時は、
もう少し色が加わるのでしょうconfident

投稿: Seiya | 2011/12/06 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/43234163

この記事へのトラックバック一覧です: 第415編 長崎物語 第7章 ドア越しの静けさ:

« 第415編 長崎物語 第6章 止まった時間 | トップページ | 第415編 長崎物語 第8章 最終章 古き良き時代 »