« 第415編 長崎物語 第8章 最終章 古き良き時代 | トップページ | 第417編 重なりゆく季節 »

第416編 赤いお月さま

A_total_eclipse_of_the_moon001w
あなたの明りはどんな時も優しくて

The_end_of_the_lunar_eclipse002w
切なくなることさえあります


|

« 第415編 長崎物語 第8章 最終章 古き良き時代 | トップページ | 第417編 重なりゆく季節 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

Seiyaさん ♪

こんばんわnight
あの日(10日)はゴルフ帰りの疲れで寝込んでしまい、
目を覚ましたのは午前1時・・宴の後で天空には煌々と輝くお月様・・
皆既月食の“赤い月”はSeiya さんの写真でお裾わけをいただくことにしよう・・
“月光”は優しく切なく・・
シンシンと冷える夜、屋根瓦に映える月光が好きです・・
ベートーベンの月光ソナタ第1楽章を聴きながら・・

投稿: mtwo | 2011/12/18 21:29

mtwoさん
こんばんわ〜
見れなくて残念でしたね゚゚(´O`)°゚
本当に幻想的で素敵でしたよ。

お月さまがいる風景も音楽もたくさんありますねconfident

投稿: | 2011/12/18 23:22

仕事帰りに見上げた月は
ほんとに赤くてドキッとしました。

じつは帰る少し前に、隣の部署に居た知人が
月の頭に(酔って)転んで休んでるとは聞いてましたが
亡くなったという話を知ったばかりで、
月食と重なって不思議な感覚になりました。

帰ってカメラと三脚を出し真上に向け
建物の壁面と月の写真など撮り、
(心で泣きつつ)酒を飲みました。
この日ばかりはあまり酔えませんでした。

投稿: gen | 2011/12/19 04:48

genさん
皆既月食なんて、私初めて見たかもしれません。
不思議な光景でしたね。

でもそんな日に、そんな悲しいことがあったなんて。。
きっと、あの美しいお月さまを経由して、
天に召されたことでしょう。
ご冥福をお祈りします。

那須の、あの鮮やかなお月さまをふと思い出しまたconfident

投稿: Seiya | 2011/12/19 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/43422799

この記事へのトラックバック一覧です: 第416編 赤いお月さま:

« 第415編 長崎物語 第8章 最終章 古き良き時代 | トップページ | 第417編 重なりゆく季節 »