« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

第420編 祈り

Illuminationbl0001w
繋がり

思いやり

希望


来年は

もっともっと

大きなチカラになって

光の方へ

歩いていくでしょう

想いはひとつになったから
Candle002w


| | コメント (2) | トラックバック (0)

第419編 丘の上から

From_the_hill001
今年もたくさん想い出できたね

長崎の忘れていた一枚です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

第418編 降誕節  第4最終章 

11198w
クリスマスには洗礼式も行われます


最後に•••
すべての人の上に
主の愛が注がれますように
光溢れる世の中になりますように

続きを読む "第418編 降誕節  第4最終章 "

| | トラックバック (0)

第418編 降誕節  第3章 

Santa_clausa001w
おや
サンタさん無事にお仕事が終わったようですね
ご苦労さまでした

Angel001w
天使さんもホッとしてるようです

Christmastree002w
苦しみを抱える人々の上に
たくさんの愛と光が注がれますように

来年もお会いできますように•••


| | コメント (8) | トラックバック (0)

第418編 降誕節  第2章 

Nativity_of_jesusi_001
神様は救い主をこの世にお与えになった

Nativity_of_jesuss_001


Santa_clausb001
聖ニコラウスは
貧しい家庭に煙突から金貨を投げ入れ
サンタクロースと呼ばれるようになった

Angels_on_the_roof001_2
天使たちは
悲しみを抱える人々のために寄り添う

だからこの世には
愛が溢れる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第418編 降誕節  第1章 

Snow_outside_the_window001
目覚めれば
窓の外は真っ白になって•••ではないけど

Santa_in_the_snow001
あ。。サンタさん
お気をつけて

Snowman_hanging_from_tree001
寒がりの雪だるまさんは
暖炉のそばのツリーにぶらさっがっています

Church_of_the_city001
街の教会ではミサが始まります

世界中のすべての人に
主の愛が注がれますように

あなたも穏やかな聖夜を過ごされますように

Merry Christmasxmas

For You↓

続きを読む "第418編 降誕節  第1章 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第417編 重なりゆく季節

Avenue_cafe001w
季節が少しズレていくけど

Sunset_seen_from_the_symphony001w

秋の

低く温かい夕陽

Christmas_in_yokohama001w
冬の

待降節のロマンチックな街並み・・・

今日はこの風景に出会えて
よかったと思う日があれば
ちょっとだけ幸せ

続きを読む "第417編 重なりゆく季節"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第416編 赤いお月さま

A_total_eclipse_of_the_moon001w
あなたの明りはどんな時も優しくて

The_end_of_the_lunar_eclipse002w
切なくなることさえあります


| | コメント (4) | トラックバック (0)

第415編 長崎物語 第8章 最終章 古き良き時代

Nostalgia001w

何かが屈折し
閉ざし
空虚と化された
都会のどこかの街とは別世界

Nostalgia002w

世の中は
豊かさを求め
進化を遂げた代償に
置き去りにされたものは
まぎれもなくかけがえのないもの

Nostalgia004nw

人が暮らす音
温度 匂い 
ここは
何も変わらない時間を刻んでいるようだった•••

続きを読む "第415編 長崎物語 第8章 最終章 古き良き時代"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

第415編 長崎物語 第7章 ドア越しの静けさ

Urakamitensyudoua001
浦上天主堂へようやく辿り着いたら
お休みだった

でもドアのガラス越しから覗き込めば
誰もいない静まりかえったお御堂が見える

むしろこの方がいい
どうせ中では撮影禁止なのだから。。

Urakamitensyudoua002
ブルーが静けさを物語る

Urakamitensyudoub002_10
午後の陽射しが
ステンドグラスをすり抜け
光を描写している

それだけで十分な時間だった


| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »