« 第426編 変わらない風景 | トップページ | 第428編 向こう側 »

第427編 アキラメ

A_junkyardp1w
諦めたらおしまいだって

わかってはいても•••ね

迷ったり

彷徨ったり

何かを諦めたりしながら

答えを探す

それが人生ってものよね

|

« 第426編 変わらない風景 | トップページ | 第428編 向こう側 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうだよね♪
そう思うわ

3月の2時間くらいデートしてね~

投稿: temmi | 2012/02/16 08:05

temmiさん
ちょっとご無沙汰してます。

そうよね。。。


お近いうちにね(^^)ノ彡

投稿: | 2012/02/16 12:40

詩月さん
こんばんは♪
夜は粉雪が舞ってました、寒い・・

私には小学生の孫が2人いる
4年生の兄は出来ないことを納得しすぐ諦めてしまう
1年生の妹は何でも出来るまで諦めない
一輪車でも、縄跳びでも、逆上がりでも・・泣きながら出来るまでやっている、
競争も負けるのが大嫌い・・
校内マラソン(800m)では100人ぐらいの中でダントツの一位だった
兄妹でもこんなに違う
でもこれは外見に見える部分で、何でも諦めが早い兄の方も内面は
もっと葛藤があるのかもしれない、
外見だけで早計な判断をするのは間違っているのかもしれない・・
それぞれがそれぞれのプロセスで歩いて行くのだから・・

今日ネット上にこんな言葉がありました
“人生の前進とは、転んで、起きて、歩む中で人生のテーマを見つけること”

投稿: mtwo | 2012/02/16 23:52

mtwoさん
こんにちわー
同じ兄弟でも正反対な性格・・よくありますね。
私も妹とは全然違う性格でした。

人生の前進とは・・・素敵な言葉ですねconfident

投稿: 詩月 | 2012/02/17 15:24

「あきらめ」・・・悲しいことば。

いろんな「あきらめ」があるのかも。

夢を諦める。
進む道を諦める。
好きな心を諦める。
自由を諦める。
信念を諦める。
人生を「アキラメル」

いくつかの道から選ぶならば
選んだことに諦めがつきます。

諦めてないのに拒絶されれば
心に大きな穴が空きます。

後悔は過去の路の間違いに
絶望は未来の道の暗さに
重荷を負うて進む覚悟を求めます。

されど、忘れることもできるし
「どうにかなるさ」も時には有効。
むかし「考えるに値わず」と言った御仁がいたとか。
計り知れぬ大きな事や、先の読めぬ事を
考えても仕方なく、悩むのも必要ないとか・・。
ポジティブに「なるようにしかならぬ」
って言うのも必要なんだな~って学びました。

少なくても自分の人生は自分で決めた路。
「あきらめ」るのも自分から決めます。
それでこそずっと先に死ぬときに
「俺の人生だった」って言える気がします。

投稿: gen | 2012/02/20 00:28

詩月さん、こんばんは。
ほんと、私もそう思います。^^
あぁ~ 分かってるのだけどね
まぁ 諦めの悪い私です。(*^。^*)
あ、だから彷徨うのかな。 あはっ!

投稿: 月うさぎ | 2012/02/20 00:31

同じ物事や仕事でも、諦めのタイミングは、その時の色々な
状況によって変わってくるとは思いますが、
諦めずに済むのなら、なるべく粘りたいですね。
でも、その粘りが却って、他の物事のチャンスロスになったりも
あるので、そのタイミングは本当に重要ですね。

投稿: イザワ | 2012/02/20 00:50

genさん
とても深いですね。。
いろんなアキラメ•‥
そして確かに、「どうにかなる」って
思う気持ちとか、考えても仕方ないこともあるんですよね。。

最後に、これが自分の人生だったと納得したいものですね(*v.v)。

投稿: 詩月 | 2012/02/20 01:56

月うさぎさん
こんばんわ〜
諦めが悪いのはいいことです^^
彷徨うことは必要なことです^^

投稿: 詩月 | 2012/02/20 02:00

イザワさん
諦めるのもきっと適切なタイミングってあるのでしょうね。
でも人生の中で、できるだけ、
諦めるってことはしたくないですね。
いつも前向きに、諦めずに進んでいたいですねconfident

投稿: 詩月 | 2012/02/20 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/44136637

この記事へのトラックバック一覧です: 第427編 アキラメ:

« 第426編 変わらない風景 | トップページ | 第428編 向こう側 »