« 第429編 光の方へ | トップページ | 第431編 春の訪れ »

第430編 夢の空

A_crescent_moonangel01
安らぎへといざなう天使は

悲しみを抱えた人のもとへ

寄り添う

だから

きみのもとへ

今宵は


ゆりかごへ導いてくれるでしょう


ゆら〜り

母の腕の中のへ

|

« 第429編 光の方へ | トップページ | 第431編 春の訪れ »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

詩月さん

おはようございます。

19日(月曜)の夜
熱心なクリスチャンだった友人が天に召され
所沢の教会での前夜式に参列した
みんなで讃美歌を歌い
白いカーネーションの献花をし
牧師さんのお説教を聞き
友人を見送った

その帰り、牧師さんの静かな語り口のお説教の
余韻を残したまま空を見上げると
写真のようなお月さまがありました・・
その時感じたことは 詩月さんの“詩”の通りでした

投稿: mtwo | 2012/03/21 08:43

mtwoさん
こんにちわ。
ご友人のご冥福をお祈りいたします。

天使に見守れながら、
穏やかに帰天され、安らぎの中に身をおかれたことでしょう。
残された人たちの悲しみにも、
天使が寄り添い、
悲しみを受け取ってくれることと思います†

投稿: 詩月 | 2012/03/21 12:23

安らぎを求める人のすぐ傍らに
寄り添う天使が居てほしい・・。

辛かった心を癒す母の声で
せめて安堵の夜を過ごしてほしい。

生まれて随分経ちますが
時は人の思い通りに行かないものだと
つくづく感じた一年でした。

人生の半分が夜だとしたら
月はココロを照らす道標でしょうか。
いつも平和を静かに映してほしいです。

ところで詩月さんの写真。
月の下にぼんやり光の塊が・・・。
天使が天に運びし思いでしょうか。

投稿: gen | 2012/03/22 02:48

genさん
本当に、思い通りにいかないものですね。。(;´д`)
やっぱりお月の存在は、
そんなココロのために存在するのかもしれませんね。
そういえば、今より幸せだった頃は、
お月さまに安らぎなんて感じませんでした。
安らぎを求めるようになってから、
その存在に気づいたような気がします(*v.v)。

そうそう、気づいてませんでしたぁ^^;
そんな風に云って頂いたから、
消さない方がいいでしょうか?(*´Д`*)

投稿: 詩月 | 2012/03/22 13:06

最近、「潮の満ち引き」から「月の満ち欠け」に興味を持ち始め、
月と太陽の引力による宇宙の神秘を感じているところです。
全ての生き物が影響を受けていることを知り、
昔から言い伝えられていることは
迷信ではない気がしています。

三日月は、日没時に南西の空に現れ、
夜中前には西に沈んで、見えなくなってしまうようです。
本当に、ゆりかごですね。

今夜はお月様がいないと思っていたら、新月でした。
新月は、見えない月と太陽がパワーを与えてくれ、
直感力が活発になり、
願い事が叶いやすいと言われているようですよ。

大きな宇宙の営みの中に身をまかせていると、
今まで見えてなかったものが見えてくるような気がしてきています。
と言っても、
どんなことが自然に逆らっているのかが分かっていないかも・・・。

投稿: nako | 2012/03/23 03:59

nakoさん
宇宙というのは、知れば知るほど神秘に溢れていますよね。

新月への願い事、初めて知りました。
昨夜は、空を見上げて、「あぁ今日は新月だったなぁ」と、
お月さまが見えない帰り道は、少し淋しい気がしたけど、
そんなパワーがあったなんて、
今度から願い事してみます(*^.^*)

投稿: 詩月 | 2012/03/23 14:23

次回の新月は、2012年4月21日(土)16:20 だそうです。

太陽(同じ方向の見えないお月様)に向かって、
月+太陽のパワーアップさせた神秘な力(引力)を全身で受け止めると
何か良いことがあるかもしれませんね。

投稿: nako | 2012/03/23 19:21

nakoさまぁ~
どうもありがとうございますぅ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
待ち遠しぃなぁ~

投稿: 詩月 | 2012/03/26 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/44365491

この記事へのトラックバック一覧です: 第430編 夢の空:

« 第429編 光の方へ | トップページ | 第431編 春の訪れ »