« 第431編 春の訪れ | トップページ | 第433編 遠い記憶 »

第432編 ほころぶサクラ ほころぶ笑顔

Cherry_blossoms_that_bloom_in_megur

サクラを見上げるきみのスカートが

風でふわ〜り舞った

慌ててぼくは

きみの前に立ちふさがった

Sakuraq_2
手を繋いで歩いたサクラ道

Sakuraj
向こう側にみえた幸せの構図

|

« 第431編 春の訪れ | トップページ | 第433編 遠い記憶 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

詩月さん

こんばんわ♪

今日の空気は冬のような冷たさでした・・
でも桜はほぼ満開
絶好のお花見日和・・
桜のあるところその下には顔をほころばせた
家族ずれや若者たちや会社の仲間たちがいっぱい
桜はココロをほころばせてくれる魔力を持っている・・

桜の時期はいつも何となく落ち着かない・・
ココロを顔をほころばせてくれる暖かさがあるものの
ココロを落ち着かせるために早く終わって欲しいとも思ったりもする
勝手なものだ・・

投稿: mtwo | 2012/04/07 22:20

最後がちょっと切ないね(´;ω;`)

投稿: 雪天 | 2012/04/08 01:02

mtwoさん
お花見日和な週末になりましたね。

早く終わって欲しいと思われるのですか?
私はもっと長く続けばいいのにって、思います。
短い桜の命に、切なさを覚えます(*´Д`*)

投稿: 詩月 | 2012/04/08 09:06

雪天さん
心深き雪天さんは、そんな風に感じるのですね。。
桜の季節といっても、
そこには切ない物語も、ありますよね。。weep
ありますよね。。。。

楽しい春になりますようにshine

投稿: 詩月 | 2012/04/08 09:11

今日は日曜日の休みにて
近くをふらふら散歩しました。
桜を見上げると蕾が薄紅に膨らみ
まさに一輪・・笑みを浮かべそう・・。

固き蕾も、薄紅色の蕾も
こぼれそうな微笑みの花びらも
みんな、みんな、愛らしい。

咲くも散りたるも風情豊か。
好いた女性(ひと)と手を取り合って
サクラ道歩けたならば
風に嫉妬はしないでしょう。

吾輩はサクラ浮かべて花見酒
懐かしい故郷の老いし桜の木に
酒酌み交わしに逢いに行くかなぁ。

投稿: gen | 2012/04/09 00:59

genさん
風情がありますね〜
散る花びらもまた素敵です。
散ってしまったら、寂しいけど、
この短い桜の時を、存分に楽しみたいですね。

そういえば、散る花びらに風情を感じるのは、
日本人だけなんですよね(ノ∀`)・゚・。

投稿: 詩月 | 2012/04/09 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/44777466

この記事へのトラックバック一覧です: 第432編 ほころぶサクラ ほころぶ笑顔:

« 第431編 春の訪れ | トップページ | 第433編 遠い記憶 »