« 第460編 秋のココロ | トップページ | 第462編 夏の想い出 »

第461編

Dsc_0469p1w

時に

誰とも関わらずに生きていられたらいいのに。。と

ふと思う

電話の音にさえ耳を塞ぎたくなる瞬間

自分で自分が嫌になる

本当にひとりになったら

それはそれできっと寂しくて壊れてしまうかもしれないけど•••

|

« 第460編 秋のココロ | トップページ | 第462編 夏の想い出 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寂しいからひとりなのか。ひとりだから寂しいのか。
季節のいたずらなのか。時間のいたずらなのか。
それでも日だまりの中で、そっと耳を澄ませば
穏やかなぬくもりの声が聞こえてくる。

投稿: ray | 2013/10/19 05:40

詩月さん

「もし 勇気をなくして
くじけそうになったら
いいことだけ いいことだけ
思い出せ」

ネット上にあった言葉です、
私もそんなときにこれを思い出して
前を向こう・・

投稿: mtwo | 2013/10/19 22:52

世の中、わずらわしい事ばかりですね。
なんでひとはもっとシンプルに生きられないのでしょうか。
いらない言葉、いらない音、いらない光、いらないチカラが多すぎます。

寒くなってきましたね。おからだに気を付けて下さいね。
僕は先日風邪ひきました( ´・_・`)もう治りましたけどね。

ところで「追記」の「だい」ってなんだろう?(笑

投稿: 雪天 | 2013/10/21 22:45

セピア色の似合う街。
時代に乗り遅れてしまった空間。
流行りの街の真似が出来なくても
ちょっとばかり古臭くなっても
人情や温もりを大切に生きることは
悪い事じゃないと思う。

時に取り残されてしまった「人」
飾り立てた派手さが似合わなくたって
それもその人の人生。けして悪くない。
自分の人生は自分だけの人生。
借り物でもなく、自分の生きる道。

一人で生きるも、人と関わり生きるのも
生きていればこその迷いと悩み。

真っ直ぐに何の迷いもない人生なんて
きっと心が不感症の人間が言う言葉。
生きてるからこそ心だって息をする。

でもたまに心に蓋をしたり
ちょっとだけ冬眠したり
ポカンと空を眺めて日常を忘れたり
そんなことが出来ると楽だろうなと
みんな感じてるんだと思います。

ちょっとだけ本音を言える関わりが有れば
壊れないで生きていけるような気がします。


だい

・・・・たしかに気になる。

投稿: gen | 2013/10/22 01:17

みなさん
温かいコメントありがとうございますm(_ _)m

くだらない独り言にもいつも素敵な言葉を戴き、
感謝してます。


だい•••
気づきませんでした(゚ー゚;入力ミスです(;´▽`A``

投稿: 詩月 | 2013/10/26 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/53637301

この記事へのトラックバック一覧です: 第461編:

« 第460編 秋のココロ | トップページ | 第462編 夏の想い出 »