« 第467編 遠い場所 | トップページ | 第469編 春の訪れ »

第468編 雪だるま

Img_0130w

寒い冬は

どうして寂しさを感じるのだろう

きみは

寂しくない?

|

« 第467編 遠い場所 | トップページ | 第469編 春の訪れ »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

寂しすぎて

身を凍らせ

情けの温かさに

溶け出す雪だるま。


どうせわたしは

涙が天に昇って

雪となって降りてきた

泣き虫の雪だるまです。


・・・びっくりしましたが

地平線から昇った

今日の月は大きかったです。

投稿: gen | 2014/02/18 00:46

genさん
涙が天に昇って雪となって降りてきた。。
素敵な表現ですね(*^-^)

大きなお月さま見たかったですぅ。

投稿: 詩月 | 2014/02/21 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/55025081

この記事へのトラックバック一覧です: 第468編 雪だるま:

« 第467編 遠い場所 | トップページ | 第469編 春の訪れ »