« 第469編 春の訪れ | トップページ | 第471編 行き先 »

第470編 

Dandelion006p1

綿帽子のように

ふんわり

風に身を任せていられたら・・・

|

« 第469編 春の訪れ | トップページ | 第471編 行き先 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

在るがままに。
自身を信じて自身のすべてを受け入れたら
風の声が聞こえるかもしれない。

投稿: ray | 2014/04/24 07:33

rayさん
そうですね。
あるがままに自分を受け入れることですよねconfident

投稿: | 2014/04/24 17:32

ふんわり、ふわりと・・・。
この風に身を任せ
自由の国に飛んで行きたい。

過去も現在も時の彼方に・・・。
未来の時間だけが唯一の世界へ。

ココロも身体もしがらみから放たれ
夢の空間に漂い続けられたなら・・・。

投稿: gen | 2014/04/26 01:48

ふんわりと生きて
ふんわりと消えてゆく
ふんわりとした一生
特別な享楽なんて必要なくて
ただあたりまえの「ふんわり」が欲しいだけ

投稿: 雪天 | 2014/04/27 21:10

genさん
みんなきっと同じですね(*^.^*)
ふんわりが好きですよね。

投稿: 詩月 | 2014/05/05 03:03

雪天さん
あたりまえの。。ふんわり。。
雪天さんらしい表現。。素敵です(*ノv`)

投稿: 詩月 | 2014/05/05 03:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/55911030

この記事へのトラックバック一覧です: 第470編 :

« 第469編 春の訪れ | トップページ | 第471編 行き先 »