« 第473編 涙の居場所 | トップページ | 第475編ふたり »

第474編涙のあと

Dsc_0063_4

そんなところで

泣いてたんだね

もう大丈夫

おひさまがみつけてくれたから

|

« 第473編 涙の居場所 | トップページ | 第475編ふたり »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

そうですね。
気付かなくても忘れていても
いつでもあたたかなひかりは
そっとつつんでくれていますよ。

投稿: ray | 2014/06/28 08:23

rayさん
光はどんな時も、静かに寄り添ってくれているのでしょうね。。

投稿: 詩月 | 2014/06/28 21:03

光にあふれてるアジサイ

色がとても美しくて
心に沁みます。

アジサイは一つ一つの
花びらが寄り添って
一緒に泣き、一緒に笑い
一つの花が同じ色に
染まって行くのでしょうね。

投稿: gen | 2014/07/02 15:16

genさん
紫陽花って本当にお花です。
花びらが寄り添い、同じように染まっていき、
雨に濡れれば、しとやかに輝き、
お日さまが陽射しを注げば、
微笑むように輝き。。
どんな情景の中にも美しく輝いてるお花ですねconfident

投稿: 詩月 | 2014/07/04 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/56627848

この記事へのトラックバック一覧です: 第474編涙のあと:

« 第473編 涙の居場所 | トップページ | 第475編ふたり »