« 第482編  春近し | トップページ | »

第483編 儚さ

002

美しいものは

どうして儚いのでしょう。。。

|

« 第482編  春近し | トップページ | »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

詩月さん

おはようございます♪
教会の前の土手に沈む夕日は何時の季節でも美しいですね・・・
美しい”桜”が終わり・・季節はそして移ろう美しいものは移ろう
美しいものは確かに”儚い”
でも儚いという字は人偏に夢・・
儚さの先に”夢”を見つけたいですね

投稿: mtwo | 2015/04/10 09:34

mtwoさん
こんばんわ。
桜、終わりましたね。。
儚さの先にある夢、みつけましょうconfident

投稿: 詩月 | 2015/04/12 23:57

こんばんは^^

たぶんそれは、美しいものが美しいままでいられるための
「手段」なのではないかと思うのです。

投稿: 雪天 | 2015/04/15 21:09

雪天さん
さすがです〜
ホント、そうですねヽ(´▽`)/

投稿: 詩月 | 2015/04/23 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/59538302

この記事へのトラックバック一覧です: 第483編 儚さ:

« 第482編  春近し | トップページ | »