« 第483編 儚さ | トップページ | 第485編  過ぎゆく時間 »

第484編 陽のあたる場所

Img_0012

どんな場所にいても

きっと

光が寄り添ってくれる

|

« 第483編 儚さ | トップページ | 第485編  過ぎゆく時間 »

風景と言葉」カテゴリの記事

コメント

こゝろのなかに
つないだてのひらに
笑顔のなかに
空のなかに
呟いた言葉のなかに
寄り添うひかりがある。

投稿: ray | 2015/06/20 08:41

こんばんは^^

さまざまな紫陽花が
いろいろな所で咲いていますね
梅雨のころになると気づくのです。
僕の周りにはこんなにいっぱい紫陽花があったんだって事に。

光もたぶん同じです。
気づくこころがあれば、そこには必ず光があるでしょう
そんなこころでありたいと思います

投稿: 雪天 | 2015/06/20 22:06

rayさん
いつもコメントありがとうございます。
rayさんのそばにもいつも優しい光が寄り添っているでしょうshine

投稿: 詩月 | 2015/07/29 23:52

雪天さん
光も季節の花も、
気づけばそこにいてくれる。。そんな存在ですよねconfident

投稿: 詩月 | 2015/07/29 23:54

いつの間にか過ぎ去った季節。

厳しさと切なさと、心が痛んだ夏でした。

光も風ももう秋の気配。

全ての命に、傷ついた思いを癒す優しい光が

そっと降り注ぐ日々であることを願います。


なかなか書き込めなくてすみません。

投稿: gen | 2015/10/07 02:22

genさん
久しぶりにログインしました。
コメント頂いてたのにごめんなさいです。
心を痛めた夏も、過ぎ去った秋も、
みんなこれからの光のため。。ですよねconfident

投稿: 詩月 | 2015/12/30 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070116/60371285

この記事へのトラックバック一覧です: 第484編 陽のあたる場所:

« 第483編 儚さ | トップページ | 第485編  過ぎゆく時間 »