旅行・地域

第403編 ふるさと物語 第11章 長閑

Scenery_seen_from_car_window01w
窓から時折見える長閑な風景

Shimonosekistation01w
一度は火災に遭ったものの
変わらない長閑な駅

Shimonosekistation02w
どこにいても

海がある

山がある

Evening_sun_in_town01w
夕陽がある

続きを読む "第403編 ふるさと物語 第11章 長閑"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第402編 ふるさと物語 第10章レトロ

Mojikoustation01w
九州の玄関〈門司港駅〉
今でも大正ロマンを残す駅

Ferryboat_placea01w
その小さな町に人力車が走り
様々な施設やショップが軒を連ねる
MOJIKO RETRO INFORMATION

踏切を撮っていたら
突然列車が。。。
Retrotrin01w

Railroad_crossing01w
思いがけず楽しい瞬間

Retoroportan01w
ノスタルジックにレタッチしてみました

Splash_bridgen01w

そしてここでも美味が。。。

続きを読む "第402編 ふるさと物語 第10章レトロ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第401編 ふるさと物語 第9章 おなかいっぱい

Karatomarket01w
唐戸市場
今では観光スポット

Karatomarket03w
新鮮な魚介をこの場で
イタダキマス〜

Karatomarket04w

Karatomarket06w

Karatomarket05w

Karatomarket08w
デカイ。。。

ウニも下関の自慢です
フグだけではありません
東京の高級寿司屋より100倍美味しい
新鮮で甘みと深みがあり
ほっぺたはおっこちます


↓まだようけあるっちゃ〜 (訳:まだたくさんあるよ)


続きを読む "第401編 ふるさと物語 第9章 おなかいっぱい"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第400編 ふるさと物語 第8章 お花畑

Flower_garden_in_roadside01w
道端にふと視線を向けると
小さなお花畑

Trees_in_mountain01w
日だまりに包まれた森林

Azalea_field01w
家族でよく訪れたつつじ畑

Azalea_blown_to_wind01w
風にゆれる木陰のつつじ

Barrier_bridge_seen_from_park01w
山と海

| | コメント (8) | トラックバック (0)

第399編 ふるさと物語 第7章 夕暮れの漁港

Izaki_fishing_port01w
高台にある母校の中学校から自宅方面とは反対側に降りると
この漁港に辿り着く

なぜか夕暮れにはセピアに写ってしまう
懐かしい風景

Izaki_fishing_port02w
あの松田優作さんが生まれ育った町でもある

両親が優作さんのご両親とおつきあいがあったこと
優作さんの従妹が小さかった私を可愛がってくれてたこと。。。
ちょっと自慢だったりするのだ

Izaki_fishing_port03w
先帝祭の準備をしていたのもこの港

ここから六連島に渡る船も出ている
それにも忘れられない想い出が。。。
東京へ上京する間際に同級生と別れを惜しんだり。。。
第3章で紹介したあの綿帽子の老の山、
風車の場所からも近くここへ繋がっている
とにかく、今思えばたくさんの記憶が蘇る

久しぶりに訪れて
胸が熱くなった。。。。


| | コメント (12) | トラックバック (0)

第398編 ふるさと物語 第6章 眼下に眺める景色

Kanmonkaikyo2
火の山から

Kanmonkaikyo1_2
瀬戸内海から日本海へとぐるりと

Kanmonkaikyo4
もっと見渡せたはずだけど。。

Kanmonkaikyo3
下から眺めて

Cafebridge01w
海沿いのカフェから眺めて

今更ながら
ただ海を眺める私でした

Family01w
そしてふと。。
母の背中を眺めた

わりと大柄なひとだったけど
小さくなっていた。。。

眺める景色は
変わらない町は
時の流れとともに
少しだけ変わってゆくものもあった


| | コメント (6) | トラックバック (0)

第397編 ふるさと物語 第5章 港の朝

Morning_sun_of_shimonoseki_porta01w
下関港の夜明けには
釣り人が集まる
何が獲れるのか訪ねてみたら
「たこ」
滅多に獲れることのない下関だこは有名なのだそう

Morning_sun_of_shimonoseki_porta02w
この辺りの朝日が好きだった
やっぱりこの日も
黄砂のせいで少しぼんやり

Morning_sun_of_shimonoseki_porta03w
船員だった父のせいか
船が好きだった
父は漁船ではなかったけど

Morning_of_shimonoseki_portb01w
倉庫街の空気や匂いも。。

Morning_of_shimonoseki_portb02w_2
以前ならこの中にも入る事ができたのに。。。
こっそり忍び込もうとしたけど
見つかってしまった。。ぁぁ。。bleah

Morning_sun_of_shimonoseki_portc01w
向こうに見えるのは九州
そして関門橋
気づいたらここまで歩いてきていた

Morning_sun_of_shimonoseki_portc03w
結構長い距離なのだ

Morning_of_shimonoseki_porta01w
そして往復してしまった

| | コメント (8) | トラックバック (0)

第396編 ふるさと物語 第4章 ノスタルジック

Dsc_0226w
今でもこんな街灯が存在する

Dsc_0230w
あの頃毎日歩いた道
友達と遊んだ場所を辿ってみた

Dsc_0536w
こんなに小さい道だったけ?
ふとそんな風に感じる
足がだるくなって祖父におんぶをせがんだりしたっけ。。

Dsc_0249w
母校の神田小学校は自宅から3分のところだった

Dsc_0563w
山手町は高台にあるから
路地の向こうに夕陽が見えたりした

Dsc_0255w
今ではいろんな場所が映画のロケーションに使われている
妹の話だと
実家そばの空き地に
ある日突然こんな背の低い得体のしれないものが建てられていたという
この手前の。。実は映画のために作られたとか。。。。

Dsc_0594w
そして。。実家
手前のお家が旧実家
向こうに屋根だけ見えるのが新実家
庭だったところに私が小学生の頃父が家を建てた
思えば。。そこから父の転落人生が始まった気がする

Dsc_0581w

草ぼぉぼぉ。。

Dsc_0595w
この辺りでは結構立派な方だった

Dsc_0597w
2階のお部屋からは見えていた
そう。。夕陽が。。
見えていたのだ

(墓地も見えてしまうのですけど。。)

左前方も少し見渡せる
あの頃は当たり前の風景
今となっては
とてもいい風景なのだった

今度帰ったら絶対見たかった風景なのだ

もうちょっとあるっちゃ↓

続きを読む "第396編 ふるさと物語 第4章 ノスタルジック"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

第395編 ふるさと物語 第3章 端っこの夕暮れ

From_oinoyama01w
下関の端っこ「彦島•老の山」
てっぺんから瀬戸内海と日本海を眺める

From_oinoyama02w
黄砂が続き
木が生茂り瀬戸内海は昔ほど見渡せない

Wataboushi01w
それでも黄金色の夕暮れは
小さな記憶を蘇らせるには十分なほど
温かい

Pinwheel_in_evening01w
妹が走らせた車窓から突然見えた風景

今ではこんな風車も仲間入りして
「夕陽の名所」と名付けられていた

あの頃は気づかなかった風景の温度


| | コメント (12) | トラックバック (0)

第394編 ふるさと物語 第2章 先帝祭

Akama_shinto_shrinen01w
お祭りの前夜
闇に浮かぶ赤間神宮

源平壇ノ浦の戦いで滅びた平家一門を偲ぶ
歴史絵巻を繰り広げる豪華絢爛なお祭り

Senteisaic01w
町中を歩く上臈道中

Senteisaia01w
赤間神宮での上臈参拝
ここで八文字を踏む 

このメインイベントが始まろうとしたその瞬間
心配されたお天気だったけど
お日様が覗き込んだ
奇跡のようだった

Senteisaib01w

そして
01w
武者行列
レンズを向けるとなぜか照れくさそうな武士たち

The_genji_and_heikes_ship_battle01w
関門海峡では源平合戦
ただ手を振るだけだけど。。。
巌流島では武蔵と小次郎の戦いなども行われる

同時に至る所で行われるそれぞれの行事に
どれをみる?今どこに行けば?
とプログラム片手に大忙し

安徳天皇の命日から始まったこのお祭りは
歴史情緒溢れる大イベントになった

まだ続きあるけん↓

続きを読む "第394編 ふるさと物語 第2章 先帝祭"

| | コメント (14) | トラックバック (0)