日記・コラム・つぶやき

第442編 居場所

People_stare_at_each_sunset003w

戻れる場所があれば

いいのに•••

続きを読む "第442編 居場所"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

第437編 下町情緒

P003w

この町は

みんな繋がってる

P002w
温度がある

古き良き町

続きを読む "第437編 下町情緒"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第372編 暮らす街

75301w
七五三
教会でもお祝いをします

Sarejio_church01w
ステンドグラスから日差しが差し込む
サレジオカトリック教会
ヨーロピアンな雰囲気に居心地がいい
今日は久しぶりのミサに

Sarejio_church02w
かつてはCDのジャケットの撮影をさせて頂いた
この階段はお気に入りの空間


私の暮らす街
家具屋さんが立ち並ぶことでも有名な目黒通り
ここでお散歩することに憧れ暮らし始めたけれど
そんな優雅な時間はずっとなかった
今日は手軽なOLYMPUS PENをぶら下げてちょっと歩いてみた

A_furniture_store01w

A_furniture_store04w
無造作に並んだ家具たちは
ちょっとパリっぽい

Megurostreetcafe01w
まだ一度しか入ってないけど
かなりお気に入りのカフェ

An_electrical_store01w
ガラクタ屋さん?

つづき↓

続きを読む "第372編 暮らす街"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

第353編 あじさい電車 [鉄子?の旅] 

Ajisaitrain01

そこは

山道をゆっくり

ガタンゴトンと昇っていく箱根の登山鉄道

〈あじさい電車〉

その名の通り線路の両側に紫陽花が咲き誇る

でも今年はいつもと違う梅雨の様子に戸惑ったせいか

紫陽花は少なかったらしい

A_storap

昔ながらの古い車内に

気持ちはほっこり・・・

Amountainclimbingrailway01

急なカーブも安全に運行できるような

造りになっているという

Ajisaitraing02w

細い山道を登っていくため

この電車はスイッチバックで進んでいく

電車はひと駅毎に

車掌さんと運転手さんが入れ替わる

こんな風にね

Ajisaitraing06w

運転席からの眺めが好きです

云っておきますが

私は「鉄子」ではありません

Ajisaitrain02

田舎町だからこそ出逢える風景

山とも崖ともいえないような

ガタガタの細い道から踏ん張って

シャッターチャンス♪

柔らかく白い花びらの紫陽花に出逢った

花嫁さんのブーケに使うと素敵かも・・・

探し続けたsnailさんにはやっぱり出逢えなかったけど・・・

Hydrangea01w

続きを読む "第353編 あじさい電車 [鉄子?の旅] "

| | コメント (16) | トラックバック (0)

第350編 山紫陽花の隠れ家

1w そこは鎌倉の稲村ヶ崎。

江ノ電の線路沿いから

山道の途中にある

紫陽花愛好家の

増渕さん宅のお庭

2w山紫陽花の隠れ家

何百種類もの山紫陽花が

門から奥のお庭へと

所狭しに咲き誇っている

1w_16

初めて見る種類の紫陽花に

わくわくした

1w_11小ぶりのその紫陽花たちは

とても愛らしくて

思わず笑みが零れる

5w_2お庭の奥の方へ進んでいくと

縁側にテーブルと椅子

訪れたお客様と

おしゃべりをしている奥様

2w_5こんにちわと挨拶すると

「どうぞご覧ください」と

笑顔で迎えてくださった

そして・・・

続きを読む "第350編 山紫陽花の隠れ家"

| | コメント (18) | トラックバック (1)

第312編 傘かしげ

An_umbrellaa1w

昔の人は

狭い路地を通る際

ぶつからないように

お互いに傘を傾けた

今 傘は傾かない

「江戸しぐさ」といわれるだけに

現代人はこの言葉さえも知らない人が多い

人は

言葉とともに

ココロを失った

傾けるようにポチっとお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

第309編 休日のランチ

Roast_beefa1w

たまには友人と集まって・・・

楽しくってたまランチ~♪

A_mussela2w

美味しくってたまランチ~♪

A_petit_tomatoa1w

おしゃべりに夢中になって

ずっとこの手は止まってます

早く食べらんち~♪

Dessertb2w

お腹いっぱいでもデザートはべつばら

どれにする?

仲良く分けらんち~♪

ちょっと無理があるかなぁ。。ごめんなさい

ポチらんち~
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

続きを読む "第309編 休日のランチ"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

第301編 古きよき・・

Zakkayasanc1w

新しいものから 古いものの良さも知る

Zakkayasand1w

不便なことからも 楽しさを知る

Zakkayasand2w

進化すればいいってものでもない

Zakkayasand3w

時に 古いアルバムを開くように・・・

よかったらポチっとオネガイします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

| | コメント (24) | トラックバック (0)

第289編 錆びた釘という名のカクテル

Bara1w_2

お酒を飲むならやっぱりオーセンティックなバーがいい

落ち着いた雰囲気のカウンターや椅子

拘りのカクテル・・

時折 チカヅハナレズの粋なバーテンダーとのおしゃべりを楽しめる

そんな夜を楽しむのもたまにはいいのかも

隣の素敵な紳士におススメされたカクテルを飲んでみた

ウイスキーベースのカクテル

ほんのり甘みがあり・・渋みがかったスパイシーなハーブも感じる

いつくものテイストが交わって

なんともいえないお洒落な大人のカクテル・・・

それはまるでモノクロの映画のような

どこか渋みのある紳士が

甘い色気のある女性に絡みつく恋愛物語を思わせるような・・・

カクテルの名は「ラスティ・ネール」

古めかしい飲み物という意味もあるのだそう

食後の胃に

むしろ軽めなカクテルより

少し甘いこんなカクテルが消化を促す

かつてイギリスの貴族が食後にブランデーを楽しんだ・・

まさにそんな感覚かも

今宵は日常から離れた緩い時間が流れる・・・

そんな夜にポチっをオネガイします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

続きを読む "第289編 錆びた釘という名のカクテル"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

第253編 冬物語

春の訪れを綴ったあとですが雪景色をみたくて ひとり旅してきました
その日記を綴ります

Shirakawagoub1w

白川郷 合掌造り集落

まるでここは民話の世界・・・

世界遺産に登録されている里

Hidanosatoa1w

飛騨の里

この時期は灯りに照らされ

幻想的な姿を見せる

Hyoutenkanomoria1w

氷点下の森

前夜に水を撒かれた森は

朝になると氷に抱かれたような姿になる

美しい自然の芸術

 

よかったらポチっとお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

続きを読む "第253編 冬物語"

| | コメント (28) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧